2017年03月01日

末代(まつだい) 富士信仰に深く関わる人物


末代(まつだい)
   1103年(康和5年)〜?


 富士信仰に深く関わる人物として知られる平安時代の僧で
   村山修験の祖
で富士上人とも呼ばれ、名は有鑑。

 駿河国の出身。

 鎌倉中期以前に記述された「浅間大菩薩縁起」では、垂髪(稚児)の時代から走湯山(伊豆山神社の前身)に入って苦行を重ね、各地の霊山を巡歴したとの記録がある。

 また、1268年(文永5年8月)「実相寺衆徒愁状」では、実相寺開山の
   智印(阿弥陀上人)
の弟子とされている。
    
 富士開山以前は伊豆山・箱根山を本拠とし、温泉の噴出によって地獄の景観を呈していた
   熱海の亡霊
を救うために山岳信仰の行場として松葉仙人が開基したと伝わる真言宗の古寺日金山の地蔵堂を開いた。

 「浅間大菩薩縁起」によると、1132年(長承元年4月19日)同志の
   頼然
とともに富士山の登頂に成功した。

 頂上で過去に登頂した金時上人・覧薩上人・日代上人らの遺品を発見した。
 4度目の登頂の際には仏具と不動明王を刻んだ鏡を山頂に奉納した。

 「本朝世紀」によれば、1149年(久安5年4月16日)末代上人が富士山頂に大日寺を建立したとある。

 富士山に数百度と登った修行僧との記録がある。


 末代上人の勧進によって、白山の宝殿に鰐口や錫杖を奉納し、白山信仰と積極的に関わったという。

 1149年(久安5年5月13日)には、鳥羽上皇以下の朝廷貴顕に大般若経の書写を勧め、富士山頂に奉納したとされ、その名は中央まで達していた。
  

 1399年(応永6年6月25日)の寺領知行地注文」によると、村山の地は中世には走湯山領であった。
 伊豆と富士の修験が一体となって村山口登山道を管理していたことが示されている。

 末代が富士登頂の際にベースキャンプとした富士山中腹の木立堺(森林限界)には滝本往生寺(中宮大日)が建立された。

 また、末代が浅間大菩薩の示現を受けた岩屋不動という霊地があった。

 末代の登頂を記録した『浅間大菩薩縁起』は、滝本往生寺に伝えられていたもの。

 1930年(昭和5年)富士山頂コノシロ池付近の岩陰から多量の埋納経の残骸が発見された。
 その中に「末代聖人」と記された紙片が発見されている。


   
  
  


     
posted by manekineco at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政策の優先課題


 
米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は2月28日夜、上下両院合同本会議で初の演説を行った。
  
 大統領選挙の期間中に扇動的な発言を繰り返した影響が今も残っており、国民に争いをやめ
   国の骨格再建
で自分に力を貸してほしいと訴えた。
 
 大統領は
   政策の優先課題
を明確にし、発足直後に混乱した政権の新たな船出にすべく演説に臨んだものの演説では新たな提案はほとんど行われなかった 


ひとこと

 医療保険制度改革法(オバマケア)の代替、中間層減税を含む税制改革、1兆ドル(約110兆円)のインフラ投資、国防支出の大幅増加といった大統領の計画の財源についても言及しておらず、計画性の浅い思いつきの政策を露呈した形だ。

 米国液剤の停滞から失速の時期が近づいてきている感じだ。


 
  

  

    
posted by manekineco at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと速いペースでの利上げが可能になるような経済展開に期待


 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   ジャネット・イエレン議長
は3月3日に講演する予定で、その場が金融当局の立場を明確化する機会となる。

 先物市場で前回、3月利上げの確率が10ポイント上昇したのは2月15日のこと。

 同日発表された1月の米消費者物価が大幅上昇となったほか、イエレン議長が
   もっと速いペース
での利上げが可能になるような経済展開に期待を表明したことが背景だった。
 
   
   

 

    
posted by manekineco at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伽耶院(がやいん) 山伏の寺


伽耶院(がやいん)

 兵庫県三木市にある天台系修験道の寺院で孝徳天皇の勅願寺として、645年に
   法道仙人
が開基したとされ、本尊は毘沙門天。山伏の寺として知られる。

 山号は大谷山(おおたにさん)。

 宗派は本山修験宗
 
 寺伝では大谿寺(だいけいじ)と開基以降称していたが、1681年に後西上皇の勅により仏陀伽耶に因む寺号、伽耶院と改めた。


   
   (出典:https://www.youtube.com/watch?v=CG8uKgmGb5A

  
 法道仙人は天竺(インド)から雲に乗って日本に飛来したとされる伝説的な人物。
 現在の兵庫県南部を中心に法道開基伝承をもつ寺院が点在する。
 なお、法道開基伝承をもつ他の寺院と同様、伽耶院についても草創の正確な時期や経緯については明確ではない。

 平安時代中期には数十の堂宇と百三十余の坊舎をもち、花山法皇の行幸もあり、隆盛を極めた。

 安土桃山時代の羽柴秀吉の三木城攻めにおいて、当山に別所長治方の陣が置かれたため兵火により伽藍を焼失。
 また1609年には失火により、城塞のような石垣を残して全山が灰燼に帰した。

 現存する堂塔は1610年以降の諸国大名の寄進によるもの。


 
   

   
posted by manekineco at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社寺仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする