2017年03月03日

選挙活動時の減税提案では高額所得者が最も恩恵を受ける


 アーバン・インスティチュートとブルッキングズ研究所の合弁で設立した独立系調査機関の
   タックス・ポリシー・センター
の分析によると、年収370万ドル(約4億2200万円)以上を稼ぐトップ0.1%の高額所得者にとっては
   平均110万ドル(税引き後所得の14%)
の減税になるという。

 多くのトランプ政権を誕生させた米国民の支持派は高額所得者の減税率とは対照的な措置となりそうだ。

 課税区分で5番目の中間層の減税は約1010ドルで、税引き後所得の1.8%にすぎない。

 調査機関の分析によれば、選挙活動時の減税提案では高額所得者が最も恩恵を受けることになるという。
  


ひとこと

 WASPの構成員を納得させる必要がある。米国経済というよりも、世界経済の資金のコントロールはユダヤ系資本やアラブ資本、華僑資本などの思惑で流動化し国境を越えて移動し続けており、金利政策や為替政策を利用して資産の拡大を図っているのは常識だ。

 見かけの利益や損害を計算するために為替や株価の変動を利用して利益を隠すことはこれまでもおこなってきている。
 リーマンショックで2000兆円近くもの資金が霧散した。その前はITバブルの崩壊やアジア通貨危機があった。

 こうした経済危機における株価や為替、国債の価格変動を利用し各国から資金が吸い上げられたことも意識すべきだろう。

 愚かな政治家が郵政民営化などの財政改革や規制緩和を行ったが、これによりどれだけの資金国際資本の懐に転がり込んだのかを考える必要がある。
 メディアは日本の国債発行残高を国際資本の思惑通りに1000兆円突破を問題視して報道し、日本国民の意識をコントロール下に置いている。
 一般家庭の収支と同じような思考を持たせる目論見は成功したが、国の財政と一般家庭とは根本的に異なっていることを知るべきだろう。

 財政悪化であれば日本経済の指標ともいうべき円は暴落するが、逆に円が作為的な国際資本の思惑で買い進まれ暴騰した。これも日本国内にある資金を安価に使うため、日銀の低金利政策を正当化するための手法だ。
 日本の低金利を利用して資金の費用削減を図った国際資本だが、これに対抗する日本の政治家は本来であれば、日本の国債を大増刷して海外の投資家に売るチャンスであった。

 こうした動きを抑え込んだのが、マスコミが垂れ流した「国の借金1000兆円」という報道だ。
 円高進行時日本の金融機関や日銀が保有した日本国債をファンド化して海外投資家に売り抜けたのち、日本国債の大増発を発表して海外投資家に売り込めばよかった。

 こうした手法は米国のリーマンショックを引き起こした元凶とも言われるサブプライムローン債権を巧みに仕込んだファンドを世界中に売り込んだ欧米系の国際資本の勝利だろう。

 こうした流れを調査もせずに報道する日本のマスコミの背景を日本国民は知るべきだ。




 

    
posted by manekineco at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目論見通りにはいかない


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が選挙期間中に行った扇動的な発言のひとつに減税がある。

 多くの支持をした米国民の個人減税もいまだ明らかにできない状況だ。

 単に思いつきの発言であり、選挙運動時には、基礎控除額を上げる、控除項目を増やす、子供や扶養者に対する税優遇措置を新設するなど、包括的な個人減税を提案していた。

 その提案には、現行7つの個人税率を3つに集約し、最高税率を39.6%から33%に減らすことが盛り込まれた。

 ただ、ムニューシン財務長官が昨年11月末にメディアの取材で語っていたところによると、最高税率が下がるものの、控除や優遇措置が削減されるため、「高額所得者にとって、明らかな減税とはならない」といっためくらまし的な対応になるようだ。


ひとこと
  
 高額の不動産物件を売りつける時に、いろいろなおまけをつけるか、価値を水増しするような発言で「買いたい」といった意識を高め、不具合な情報を意識することがないような手法を使ったに過ぎない。

 本来の価値の半値掛けが実質的な価値でしかない。

 明確な騙しではないが、売りつけが上手なんだろう。冷静な思考で見れば明らかに損をする。
 単に気分よく買う価格の価値もないモノを買うに等しいものだ。

 日本の政治家やマスコミも同じ類のものだが、特に問題なのは海外勢力の代理人となって活動する与野党の政治家だ。


  

 

   
posted by manekineco at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生のゾウの睡眠は哺乳類で最短の1日2時間だけ


 野生のゾウは1日の睡眠時間が極めて短く、深夜から明け方にかけて2時間ほどしか眠らないとという。

 米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に1日、調査の結果が発表され、ゾウたちは午前2時〜6時の時間帯に1日平均2時間ほどしか睡眠を取らないことが分かったという。

 立ったまま寝ることも多く、横になって眠るのは3〜4日に1回、せいぜい1時間程度だった。

 また、睡眠パターンは日中の活動量とは無関係で、例えば長時間移動した日でも睡眠時間が増えることはなかった。

 最長で46時間一睡もしないことが調査期間中に5回あったという。

 
 現在分かっている哺乳類で最短とみられるという。  


ひとこと

 生存競争が激い野生の世界であれば短時間の睡眠しかとれないのもやむを得ないことだろう。
 ただ、睡眠時間が短いか質が悪い睡眠であれば、脳の中に溜まった疲労物質が取り除かれることはなく、蓄積が進めば健康に害が生じることだろう。   

  
    

    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする