2017年04月16日

ウエルシアホールディングス(3141) 17年2月期の連結営業利益が前の期比3割増



 ドラッグストア大手のウエルシアホールディングス(3141)の2017年2月期は、連結営業利益が
   240億円程(前期比+3割)
だったようだ。

 これは従来予想より20億円超多く、連続で過去最高を記録した。

 新規出店や既存店の改装の効果で、売り上げが伸びた。

 同業の買収で規模が大きくなったメリットを生かし、仕入れコストを引き下げたと報じられた。 


ひとこと
  
 ドラッグストアーの店舗が増えすぎてきている感じ。
 栄枯盛衰が激しくなっていく可能性がある。 


    


    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

北朝鮮が米国と中国の圧力に屈しないとの姿勢



 韓国ソウル大学の統一平和研究院
   張容碩(チャン・ヨンソク)責任研究員
は、北朝鮮が米国と中国の圧力に屈しないとの姿勢を最も劇的に示すことができる時期であることをはかりに掛けているものと予想されると指摘した。

 北朝鮮の中・長距離ミサイル発射は技術的に困難な状況にある。
 そのため、最も強力な核実験というカードを外交交渉で使えるように成果を出そうとしている状況にある。
 
 実際に核実験を強行する可能性とポーズのみの可能性が共存している段階であるが、事実上使えないか―ドになりつつある。

 ただ、外交筋の見方としてはどちらにしても北は韓次官のインタビューなどを通じて任意の時刻、任意の場所で核実験を行うという立場を明らかにしている。このため、挑発を行う可能性もあるとみているようだ。 


ひとこと
  
 技術開発は一時的に進んだとしても、安定的な武器生産が可能かどうかは疑問だ。
 中国が先進国に追いつき製造大国になっても、生産の質を維持することは不可能だ。
 常に生産を管理する視点を維持し続けることが正確として可能かという問題がある。


    

    
posted by manekineco at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮が核実験を強行する可能性


 北朝鮮の独裁者金正恩は米国の空母
   カール・ビンソン
が所属する第一打撃群の派遣をはじめ、トランプ政権による一連の軍事的圧迫に対し、暴走する北朝鮮政府は真っ向から対決することを選んだと見られ、暴発する可能性が近づいた。
 
 
 米国は暴走する北朝鮮に対する
   軍事的圧迫
を14日も続けた。 


ひとこと
  
 北朝鮮の政権が崩壊する時期が早まるだけのことだろう。
 発射実験で失敗を売り返しても油断はならない。



    
 

    
posted by manekineco at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上場2日目に付けた初値は公開価格比3.7倍



 力の源ホールディングス(3561)は21日に東証マザーズに新規上場し、上場2日目に付けた初値は公開価格比3.7倍の2230円だった。

 同社は博多豚骨ラーメンの「一風堂」や「IPPUDO RAMEN EXPRESS」など飲食店ブランドの経営管理を国内外で行う。

 14年12月には海外事業の拡大を目的にクールジャパン機構が出資した。  


ひとこと

 景気が回復すれば可処分所得も増えるため、外食産業なども恩恵を受けるだろう。  


   


     
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

「中国役割論」に、依然として懐疑的


 中国では中国と北朝鮮の過去の柵関係を利用した北朝鮮核問題の解決に向けた
   「中国役割論」
に、依然として懐疑的だ。
 
 中国政府系の国際問題研究院の
   阮宗澤副院長
は12日、中国記者協会招待行事で、中国の影響力はむしろ減少したと指摘し、核実験とTHAAD(高高度防衛ミサイル)でも分かるように、南北ともに中国の言うことを聞かないと責任の転嫁に努めた。




 

    
posted by manekineco at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットインフィニティー(6545) 上場2日目に付けた初値は公開価格比3.8倍



 インターネットインフィニティー(6545)は東証マザーズに新規上場し、上場2日目に付けた初値は公開価格比3.8倍の5040円だった。

 同社は在宅介護サービスのほか、リハビリ型デイサービスのレコードブックの運営、介護支援専門員サイトなどを手掛ける。

 

     
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

日本テレビホールディングス(9404) 情報サイト運営のオールアバウト(2454)に出資



 日本テレビホールディングス(9404)は30日、傘下の日本テレビ放送網を通じて、情報サイト運営の
   オールアバウト(2454)
に出資すると発表した。

 約22億円を投じて持ち分法適用会社にする。SNS(交流サイト)上でのコンテンツ流通のほか、EC(電子商取引)分野で連携する。異業種と組んでネット事業の拡大をめざすと報じられた。 


ひとこと

 民間放送局の集計各穂の視聴率稼ぎは問題を生みだすことも多い。
 顰蹙を承知でセット販売的な芸人を使っている番組の質の低下も視聴者離れを引き起こしているのだろう。


   


    
posted by manekineco at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シード(7743) 28日付で東証2部から1部に指定替え



 シード(7743)は28日付で東証2部から1部に指定替えになると発表した。

 流動性向上や投資家層の拡大が期待された。

 

    
posted by manekineco at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする