2017年05月02日

マクロミル(3978) リサーチサービスやマーケティングに関するコンサルティングなども手掛ける。



 マクロミル(3978)は22日に東証1部に再上場した。
 なお、初値は公開価格1950円に対して4.3%安い1867円だった。

 初値形成後も売りが優勢となった。
  
 インターネットを活用した市場調査を中心に、リサーチサービスやマーケティングに関するコンサルティングなども手掛けている。

 


  
posted by manekineco at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有権者の支持拡大を目論む発言


 フランスの極右政党・国民戦線(FN)の大統領候補
   マリーヌ・ルペン氏
は、大統領に当選した場合、第1回投票(4月23日)で敗退した右派政党「立ち上がれフランス」の
   ニコラ・デュポンエニャン党首
を首相に指名することを明らかにし、有権者の支持拡大を目論む発言を行った。
 
  
 5月7日の決選投票で有権者の支持を拡大したいルペン氏は、当選後もフランスの
   ユーロ離脱
を急がない考えを示唆した。

 同氏はデュポンエニャン氏と共に29日にBFMテレビの番組に出演し、「われわれは挙国一致政府を樹立する」と語った。


 
  


   
posted by manekineco at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融市場の秩序は破壊されやすい側面もあるのが現実


 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   イエレン議長
は、金融当局が抱える
   4兆5000億ドル(約500兆円)
のバランスシートについて、米経済へのリスクを抑えるため
   「秩序だった予測可能な方法」
で縮小したい意向を表明してきた。

 このバランスシートの縮小ペースやその経済的影響、最終的な規模はいずれも金融当局が完全には制御できない諸力に左右されるのが現実だ。

 当局者の希望的観測よりも、市場原理による力はより大きな動揺に金融市場や経済が見舞われる可能性を意味している。

 
 今月2、3両日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)でバランスシート縮小の開始時期と方法を巡る議論を深める見通し。
  

 今回のFOMCではフェデラルファンド(FF)金利誘導目標は
   据え置く
との通しが主流となっている。

 なお、前回3月の会合では、0.25ポイント引き上げ0.75−1%のレンジに設定した。

 当局のバランスシート戦略に対し、金融市場はこれまでのところ落ち着いた反応を示している。


 
 

   
posted by manekineco at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会予算が合意 トランプ政権が勝利として掲げられるものはほとんどない。


   
 ホワイトハウスは「国境の壁」の建設を開始する資金に加え、医療研究などの国内プログラム予算の
   180億ドル削減
を求めていたが、いずれも議会で拒否された。

 米国議会共和党の議会指導者はヘルスケア法案や税制改革に集中することを望んでおり、数百の政策制限を同法案から削除するよう求めた民主党側に譲歩した。
 
 なお、共和党が削除を求めていた非営利団体
   「米国家族計画連盟(PPFA)」
向け補助金の予算は維持された。
 
 PPFAは人工妊娠中絶などの医療サービスを手掛ける。


  

  
posted by manekineco at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力の源ホールディングス(3561) 上場2日目に付けた初値は公開価格比3.7倍の2230円



 力の源ホールディングス(3561)は21日に東証マザーズに新規上場し、上場2日目に付けた初値は公開価格比3.7倍の2230円だった。

 同社は博多豚骨ラーメンの「一風堂」や「IPPUDO RAMEN EXPRESS」など飲食店ブランドの経営管理を国内外で行う。
 14年12月には海外事業の拡大を目的にクールジャパン機構が出資している。


 

     
    
posted by manekineco at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする