2017年05月07日

中国都市不動産が上昇傾向


 中国メディア「中国証券報」(4月25日付)によると、不動産大手の中原不動産チーフアナリストの
   張大偉氏
は、昨年国内住宅販売が好調であったため、潤沢な資金を持つ多くの企業が新規開発意欲が高く、上海、北京、南京、蘇州などの大中都市を中心に土地への需要拡大が続くと分析した。

 不動産企業が高額な譲渡コストを住宅購入者に転嫁する。
 このことから、住宅価格の大幅な下落は望めなく、逆に上昇する可能性が高いと指摘した。


 

    
posted by manekineco at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする