2017年05月08日

一触即発で戦争という段階にはいたっていない。

 朝鮮半島情勢はこれまでになく非常に緊張している。
 ただ、北朝鮮の金正恩が砲火を開けば北朝鮮軍は殲滅されることから一触即発で戦争という段階にはいたっていない。

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が率いる政権では北朝鮮の
   核・ミサイル計画
について、米国への脅威が増していると何度も非難した。

 これまで過去20年間の
   対朝外交努力
は失敗であり、米国の
   「戦略的忍耐」
も終ったと言明した。

 ただ、張子の虎とも呼ぶべき北朝鮮は弱みを見せようとせず
   「強硬には超強硬」
の姿勢で、激しい言葉と様々な行動で米国に力を誇示している。

 西側のメディアは衛星画像など様々な兆しから、北朝鮮が4月のいくつかの重要な記念日に6回目の核実験を行う可能性が高いと推測してきた。

  
 軍事行動と先制攻撃を第一選択肢にするのは、それほど容易なことではない。

 軍事力の総合的実力では、米韓は北朝鮮に対して圧倒的優勢にある 


ひとこと

 人道主義がない北朝鮮に対し、無慈悲な殲滅作戦を実施することは可能だが... 


    
  
     


   
posted by manekineco at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間稼ぎをさせただけの安定及び平和では、その後のリスクがより高くなるだけだ


 中国の王毅外交部長(外相)は北朝鮮が記念日が集中した4月から5月にかけて国連の経済制裁の対象である核実験やICBMの発射を実行しなかったことについて「この局面はみなが共に努力し、関係する当事国が自制を保った結果だと指摘した。
 
 同時に、朝鮮半島の比較的安定した状態は大変もろく、いつでも異変が生じうることにも目を向けなければならないと述べた。
 したがって中国側は各国に対して、対立をさらに激化させる行為をこれ以上取らないよう呼びかけると語った 


ひとこと

 尻すぼみ状態だが、冒険が再びい起こる可能性が高い。
 米国の予算が暫定予算のままであり、軍事行動が抑制されているとも見える。 


    
 
    
   

    
posted by manekineco at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニー(7730) 16年9月〜17年2月期連結決算 眼科用ナイフなど利益率の高い製品が伸びた。

  

 医療器具製造のマニー(7730)が6日発表した2016年9月〜17年2月期連結決算は、純利益が
   16億円(前年同期比+37%)
だった。

 中国で歯科用の切削器具などの販売が好調に推移した。

 眼科用ナイフなど利益率の高い製品が伸び、粗利益率が1ポイント改善したと報じられた。


 

  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする