2017年05月14日

#韓半島には米国の利益と資産を保有しているため、通常戦争によっても被害を受けることもあり得る。


  米国中央情報局(CIA)の
   マイク・ポンぺオ長官
は11日米国連邦議会上院情報委員会の聴聞会で
   「北朝鮮の核問題」
ではなくとも、韓半島には
   通常戦争
が起こりかねない発火点が多いと証言した。
 
 韓半島には米国の利益と資産を保有しているため、通常戦争によっても被害を受けることもあり得ると指摘した。
 
 北朝鮮が韓国との国境地帯に布陣している
   長射程砲の脅威
については、突然の砲火が起これば対処は不可能であり首都のソウルが脅威にさらされている状況にあると証言した。
 
 また、CIAが前日、北朝鮮の核問題を専門に担当する
   「韓国任務センター」(Korea Mission Center)
の設立を発表したことと関連し、各情報機関から最も優れた人材を迎え入れ、北朝鮮関連の情報収集や、金正恩委員長の行動に影響を及ぼす件に集中すると説明した。

 

     
posted by manekineco at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射試験を初めて実施する動き、米国本土への直接的な脅威の始まり。


  米国に17ある情報機関を束ねる国家情報長官(DNI)の
   ダン・コーツ長官
は11日米国連邦議会上院情報委員会の聴聞会で
   「北朝鮮は実存的な脅威」
であって、米国情報当局の最優先の課題と証言した。
 
 繰り返される実験により
   核・ミサイルの高度化
と金正恩労働党委員長の瀬戸際外交としての
   攻撃的なアプローチ
の手法が組み合わさることで、米国の国家安全保障にとって重大な脅威になっていると述べた。
 
 北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射試験を初めて実施する動きを見せており、これは、米国本土への直接的な脅威になるだろうと指摘した。
 
 さらに、北朝鮮との核放棄交渉に関しては、北朝鮮の官僚は
   核兵器が体制生存の基礎
だと主張しており、金正恩委員長には核放棄交渉に乗り出す意図がないと証言した。

 

     
posted by manekineco at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実験を繰り返せばミサイルの攻撃能力や精度を向上させ、いずれは核弾頭を積める


 国防情報局(DIA)の
   ビンセント・スチュアート長官
は11日米国連邦議会上院情報委員会の聴聞会で、議員からの「北朝鮮の核・ミサイルは米国本土を攻撃できるか」という質問に対し、北朝鮮がICBMを最初から最後まで実験する様子はまだ目にしていないと証言した。
 
 ただ、実験を繰り返すことにより、ミサイルの攻撃能力や精度を向上させ、いずれは核弾頭を積めることになると答弁した。
 


 
   
続きを読む
posted by manekineco at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮問題は米国情報当局の最優先課題


 米国のダン・コーツ国家情報長官(DNI)やマイク・ポンぺオ中央情報局(CIA)長官、ビンセント・スチュアート国防情報局(DIA)長官など米国の情報機関トップが11日(現地時間)、米国連邦議会上院情報委員会の聴聞会で
   北朝鮮問題
は米国情報当局の最優先課題であると証言した。
 
 韓半島(朝鮮半島)で衝突が起こり、通常戦争が発生しかねないとの内容である。

 

     
posted by manekineco at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国 所得の先行きを楽観視

   
 5月の米消費者マインド指数(速報値)は所得の先行きを楽観していることが背景となり、
   97.7(前月 97)
と前月比で小幅上昇した。

 事前調査ではエコノミスト予想は97だった。

 また、現況指数は112.7と、前月から変わらず。
 6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は88.1(前月 87)と上昇した。

 向こう1年間のインフレ期待値は2.6%(前月 2.5%)に上昇した。

 向こう5−10年間のインフレ期待値は2.3%(前月 2.4%)に低下した。
 
  
 

  
posted by manekineco at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする