2017年05月16日

北朝鮮の数十ヶ所で山火事


 米国政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)は北朝鮮の各地で、同時多発的に山火事が発生していることが衛星写真で確認されているたと伝えた。

 当局はこれといった対策を取れずにいるもよう。

 山火事が発生したのは今年3月のことで衛星写真からは、江原道(カンウォンド)、黄海道(ファンヘド)、平安道(ピョンアンド)の10数カ所で山火事が起きていることが確認できる。

 4月に撮影された衛星写真では、山火事は消えるどころか全国30数カ所に拡大している。
 中でも江原道のものは非常に大規模となっているという。

 乾燥した天気により3月に発生したものが、今に至るまで燃え続けており、立ち上る煙で偵察衛星の探査能力を低下させる思惑があるため、消火しないのかもしれない。
 
  
 韓国気象庁によると、江原道では少雨が続いており、ここ3ヶ月の降水量は平年の約半分に過ぎず、異常高温が続いている。

 山火事が多く発生している江原道と咸鏡南道は、朝鮮王朝時代から焼畑農業で生計を立てる火田民と呼ばれる人々が最も多い地域にあたる。

 脱北者によると、1990年代の大飢饉「苦難の行軍」の頃に焼畑農業が復活した。
 山間地には焼畑で開墾した畑を1000〜2000坪ほど所有している人が多いため、生計のために野に火を放ち制御できない大火をなってしまっているようだ。

  

 
 

    
posted by manekineco at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政貯蓄銀の支店網は中国では最大

  
 中国郵政貯蓄銀行が現在進めている
   個人向け融資
などの高利回り資産へのシフトやリテール事業の一層の推進が実を結ぶと予想され、収益は2017年、改善が見込まれる。

 郵政貯蓄銀では利回りと株主資本利益率(ROE)を引き上げるため、預金の余剰分を活用できるかもしれない。

 同行の支店網は中国最大で、小口の貯金や富裕層向け事業の手数料収入を利用できるが、親会社の販路に依存していることがリスクと考えられる。

 なお、同行は昨年9月に株式を公開した。

  
 昨年9月に株式を公開した中国郵政貯蓄銀行の融資は他の資産に比べて利回りが高いが、郵政貯蓄銀の総資産に占める融資の割合は16年に36%だった。

 他の中国工商銀行(ICBC)と中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の4大国有銀行の平均は54%と大きな差がある。

 郵政貯蓄銀の資産は8兆3000億元(約137兆円)で、同国の銀行で6番目に大きい規模。

 
 

   
  
   
posted by manekineco at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビットコインのよる身代金


 英国の国立サイバー・セキュリティー・センター(NCSC)によれば
   「ランサム(身代金)ウエア」
による新たな被害は「かなり大きな規模で」生じると考えられることを明らかにした。

 フランスの自動車メーカー、ルノーの広報によると、一時、ランサムウエアの感染拡大を阻止するため、一部工場の操業を停止したことを明らかにした。
 
 その後、全世界で90%の生産設備が操業を再開してる。
 

 ロサンゼルスの病院では昨年、ランサムウエアの攻撃を受け医療記録システムが使えなくなったハッカーに対し、ビットコイン1万7000ドル相当を支払っているという。

  
 

 
     
posted by manekineco at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政貯蓄銀行が抱えるリスク


 郵政貯蓄銀行は、預金を集める上で親会社である
   中国郵政集団
のネットワークに依存していることがリスクとして指摘されている。

 16年3月時点で、同行の預金の63.6%は郵政集団の3万1756支店(全体の79%に相当)から獲得した分となっており、上場するに当たり、資産構成を整えたことも漢gなえられる。

 なお、同行が16年に預金に関して郵政集団に支払った代理店手数料は610億元、顧客に支払った利息は1020億元だった。

  
 郵政集団の支店網を除き、郵政貯蓄銀が直接展開している支店は16年3月で8301店であり、競合する4大銀はいずれも全国に1万店以上を構えている。
  
  
 


    
posted by manekineco at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする