2017年08月16日

白人至上主義者の支持を受ける異質な大統領


 米国の半導体大手メーカー、インテルの
   ブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)
はトランプ大統領の製造業諮問委員会メンバーから辞任した。
 
 先に辞任した製薬会社メルクの
   ケン・フレージャーCEO
へのトランプ大統領の非難が度を超しており、問題視し辞任を踏み切らせた。

 なお、クルザニッチCEOは以前から、トランプ政権との関係を維持していることで社内から批判を受けていた。
 
 同CEOは昨年7月、大統領選キャンペーン中のトランプ氏と
   自宅で会談する計画
を立て、その後取りやめていた。
 さらに、今年に入って、工場の完成と新規雇用の創出を伝えるためにホワイトハウスに出向いたこともあった。

 クルザニッチCEOがトランプ氏支持の姿勢を示したことで、社内の批判は高まった。
 このためクルザニッチ氏は
   税制を決める立場
にある大統領と近い関係を保つことは製造業の企業トップとして必要だと釈明を余儀なくされていた。

 しかし、先週末にバージニア州でKKKやネオナチグループなど反有色人、反ユダヤ主義を主張する
   白人至上主義者
らが開いた集会での反対派との衝突を巡り、トランプ大統領が速やかに非難の声明を出さなかったことに対し、クルザニッチ氏は14日遅くに諮問委員辞任の意向を表明した。

 この決断に踏み切らせたのが、メルクのフレージャーCEOに対してトランプ大統領が発したメルクは一段と高騰する薬価のリーダーであり、同時に雇用を米国内から国外に移しているという非難だった。
 
 また、事情に詳しい関係者によると、同諮問委の有効性への疑念も関係していた。


  
 

    
posted by manekineco at 21:31| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドナルド・トランプ氏宛ての公開書簡を公表


 アフガニスタンの反政府勢力
   タリバン
は15日、米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
宛ての公開書簡を公表し「米軍が駐留した16年間で、アフガンは最も治安が悪く、腐敗し、貧しい国になった」と批判した。

 腐敗した現政権を米軍が守っていると非難し、増派中止と撤退を要求した。

 米国に対し「アフガン人は悪意を持っていない」と強調した。
 ただ「聖域が侵略されれば罪人を打ち負かす」とも主張している。

 さらに1980年代に話を戻したうえ、当時の
   共産主義者(旧ソ連)
のアフガニスタンへの侵攻を食い止めた恩が
   イスラム戦士
に対しあるはずであり、それをあだで返すのかと迫った内容とのこと。

 繰り返し「大統領!」と呼び掛けたうえ、米国の若者は、アフガンの砂漠や山で死ぬために生まれてきたのではないと続けた。
 また、アフガン人を殺すのを彼らの親が許したわけでもないと情に訴えた。

 なお、タリバンは以前にもトランプ氏への公開書簡を公表したことがある。


 
 

   
posted by manekineco at 05:25| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権や表現の自由を認めぬ中国


 香港の民主派政党・民主党の
   林子健(Howard Lam)氏
が15日、「警察を欺いた」容疑で当局に逮捕された。

 林氏は先週11日に記者会見を開き、先週10日に香港の路上で白昼
   中国本土の当局者
に突然車に押し込まれ、拉致されたうえホチキスの針を脚に刺されるなどの暴行を受け、先月死亡した中国のノーベル平和賞受賞者で民主活動家
   劉暁波氏
の妻である劉霞氏との関係を追及されたと主張していた。

 なお、林氏は劉暁波氏がファンだったというサッカースペイン1部リーグFCバルセロナの
   リオネル・メッシ選手
のサイン入り写真を、劉霞氏に送付しようとしていたという。

 英国からの領土返還後、名目の上では
   高度な自治が保障
されている香港では、中国本土の当局者の活動は違法とされている。

 ただ、中国政府に批判的な書籍を販売していた
   書店の店長
などが拉致された疑いが浮上するなど、本土では享受できない
   人権や表現の自由
に対する、同国政府による介入への懸念が高まっている。

 一方、警察当局は、世論の批判が拡大するのを阻止するためか捜査の結果、林氏の証言に疑問を投げかけ、警察官を欺くため
   偽情報の提供
に関わったと信じるに足る理由があるとの声明を発表した。
  


ひとこと

 共産主義者が国民の言論の自由を保障するのは共産党に都合の良いものばかりが自由であり、不都合な事実については国家反逆罪まで持ちだし封殺してきた。

 自由主義体制における言論の自由は共産主義ではあり得ないもの。
 「人権や平和」などを前面に持ちだして共産主義が「理想的な平等の社会」と信じ込ませ
   「夢物語の世界」
へ社会の仕組みを変えるといった活動が素晴らしいものだと老人や若年層を信じ込ませる
   欺瞞の党の勢力拡大の活動
は香港で自由が封殺され手気ている現状を見れば明らかに共産主義国家は
   抑圧的な社会
であり、党員以外は自由というものが排除されてることが判るだろう。

 理想論を前面に出しものを言うものの、社会の矛盾をことさら目立たせ、不満分子を掻き集めてニッチ部分の組み合わせで勢力を拡大させているともいえる。

 こうした相互に利害が一致していない勢力が政権をとれば、矛盾による歪の修正過程でソ連や中国、キューバなどでは権力闘争が引き起こされ共産国家の成立時の活動家の多くが粛清されモノいわぬ者となっている。
  
 中国では5000万人近くが権力闘争の犠牲者ともいえる。

 ロシアでは大祖国戦争の前に権力奪取を目論むスターリンが共産党員の赤軍軍人で共産党員だった者(30万人)のうち半数の15万人が1938年代に命を落とした。
 赤軍の大佐以上の大部分が銃殺刑であったという。

 ソ連崩壊後、ロシア連邦国立文書館(GARF)がNKVDグラーク書記局が1953年に作成したという統計報告書を公開した。
 それによるとNKVDは1937年と1938年の2年間に共産党員を中心に
   1,575,259人
を「反革命罪」・「反ソ扇動罪」の疑いで逮捕し、このうち87%以上の1,372,382人が政治犯であった。

 逮捕された者のうち85%が拷問などで罪を認めさせたうえ有罪として半数強の
   786,098人
を反革命罪で控訴させることもなく即刻銃殺刑された。

  
  

 

    
posted by manekineco at 04:59| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ジャンク級のノーブル・グループを2段階格下げ


 格付け会社のS&Pグローバル・レーティングとムーディーズ・インベスターズ・サービスが商品取引会社の
   ノーブル・グループ
を格下げしたことから、今後半年以内にも債務履行に支障を来す可能性があるとの見方を示した。 

 計画通りに資産を売却しても債務返済の資金確保には不十分の可能性があるためだという。

 S&Pとムーディーズは14日遅く、既にジャンク級のノーブルを2段階格下げた。
 デフォルト(債務不履行)の可能性にさらに近づいたようだ。

 S&Pは向こう6カ月で支払い不能に陥るリスクを指摘した。
 また、ムーディーズはデフォルトになれば無担保の債券保有者が元本償還と利払いを完全に受けられる可能性は低くなると警告した。
 

  
 

   
posted by manekineco at 21:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国民から見放される大統領は惨めな結末を迎える。


 米国の大手製薬会社メルクの
   ケン・フレージャー最高経営責任者(CEO)
は14日、企業幹部で構成する大統領製造業諮問委員会の委員を辞任し
   米国の指導者
らは憎悪や偏見、特定の集団による至上主義を拒絶し
   米国が礎とする価値観
を尊重しなければならないと主張した。

 同氏の辞任から間もなく、トランプ大統領はツイッターで同CEOを批判する投稿をした。

 週末にバージニア州シャーロッツビルで起きた
   白人至上主義者
らと反対派による衝突を巡り、トランプ大統領は白人至上主義者を名指しで非難しなかった。
 
 米国社会ではトランプ氏の発言が批判されている。
 
 こうした状況を受けてフレージャーCEOは
   「個人的な良心の問題」
として、私は不寛容と過激主義に対して毅然とした態度を取る責任を感じていると述べた。

 なお、この発表から1時間もたたずに、トランプ大統領はツイッター上で同CEOを批判した。
 
 投稿内容は「メルクのケン・フレージャーは大統領の製造業諮問委員会を辞任した。薬のぼったくり価格を引き下げるための時間が増えるだろう!」という大統領の資質の問題にもなりかねない内容で質の悪さを感じさせるものであった。


 
 


   
posted by manekineco at 05:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア内戦の終息地域に避難民が帰還


  国連(UN)の国際移住機関(IOM)発表のデータによって
   シリア内戦
により、家を追われた避難民のうち、60万人以上が今年、自宅へと帰還したことが、明らかになった。
 帰還者の大半が、同国北部商業都市アレッポへと戻っていった避難民だった。

 IOMの声明によると、今年1月から7月末にかけて60万2759人の避難民が自宅へと戻った。
 その多くが地元地域の経済や治安状況が改善したことを理由に挙げたという。
 
 また、帰還した住民の84%がシリア国内で避難生活を送っていた。
 一方、残りの16%は隣国のトルコ、レバノン、ヨルダン、イラクに避難していた。

 帰還者の4分の1以上が、財産を守るために戻ってきたと調査で答え、地元の経済状況が改善したことを理由に挙げた人も同程度に近い割合で存在した。
 
 一方、治安の改善を挙げていた避難民は11%、避難先の経済状況の悪化を指摘したのは14%だった。

 国内避難民の帰還は増えているとみられる。
 シリア国内では現在も高い割合で
   新たな避難民
が生まれていると、IOMは警鐘を鳴らしている。
 
 IOMは声明で、今年の1月から7月にかけて推定80万8661人が住み家を追われている」ことを明らかにし、「計600万人超が現在も国内で避難生活を余儀なくされている」と述べている。


   
 

   
posted by manekineco at 05:25| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮の恫喝など虎の威を借る狐のごときもの


 米国務省の
   ティラーソン長官
と国防省
   マティス長官
は14日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙に連名で寄稿し、北朝鮮が米領グアム周辺への
   弾道ミサイル発射計画
を公表するなど挑発行為をエスカレートさせているが
   「いかなる攻撃」
も打倒され、いかなる核兵器の使用も
   効果的で圧倒的な報復
に遭うだろうと警告し、軍事力行使も辞さない構えを示した。

 一方、両長官は米国は北朝鮮に経済制裁や外交による
   「平和的な圧力」
を行使していく方針を確認した。
 
 その目標は
   朝鮮半島の非核化
であり、北朝鮮の体制転換や早急な朝鮮半島の統一、米軍による北朝鮮侵攻は目指していないと改めて説明した。

 さらに、米国は北朝鮮と交渉する用意があると強調した。
 
 そのためには、北朝鮮側が誠意を示す必要があり
   「挑発行動や核実験、弾道ミサイル発射」
を即時停止するよう要求した。
  


ひとこと

 北朝鮮の恫喝など全く意味を持たない。
 圧倒的軍事力の差があり、そもそも、韓国の保有する軍事力で殲滅することも可能だろう。
 北朝鮮が砲火を開いたとしても、南侵するには反乱の恐れが常にある北朝鮮の各軍区に軍事車両の移動や弾薬類を配給する事前準備がそもそも必要になる。
 戦火を開くにしても事前準備の段階で情報が漏れるのは明らかであり、動きを米国が察知することは容易だ。

 北朝鮮が隠密裏に軍事作戦を実行するとすれば、数万の砲撃とミサイル攻撃、特殊部隊1万人程度の動員だろう。
 少数部隊であれば察知が遅れるかもしれないが、大規模な動きは情報把握が可能で、爆撃でほぼ殲滅出来てしまうことだろう。
 ただ、ソウルには初期の段階で砲弾の雨が降るかもしれない。

 まあ、奢る韓国の経済力は大きく殺がれ、中国企業の沈下も明らかになるだろう。
 北朝鮮が崩壊すれば、中国国内に北朝鮮の避難民が流入することで治安の悪化が起きるだろう。
 治安回復に人民軍を投入し、避難民を収容するか、国境で追い返す動きをすることになるが、手薄になった他の地域では中国政府に反発する中国国民の活動が活発化していくことになるかもしれない。


 
 

    
posted by manekineco at 05:16| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

戦争勃発の兆候は認められない



 国家安全保障担当の
   マクマスター大統領補佐官
は13日、ABCの番組「ジズ・ウィーク」に出演し、「われわれは1週間前と比べて、戦争に近づいたということはない。ただ10年前よりは戦争に近づいている」と語った。
 
 なお、北朝鮮への強硬姿勢を支持しつつも米国民の不安を喚起しないよう
   戦争勃発の兆候
は認められないと述べた。

 トランプ大統領は11日のツイッター投稿で、北朝鮮への軍事的選択肢は「照準を定め発射寸前の状態になっている」と表明した。
 
 ダンフォード統合参謀本部議長は14日に韓国の文在寅大統領と会談する予定。

 
 
 

    
posted by manekineco at 21:45| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする