2017年10月03日

朝食を抜いたり、ほとんど食べなかったりする人はそうではない人に比べて動脈硬化の確率が2倍高い


 動脈硬化は致命的な心臓病の原因となるとされる。

 一日の始まりに朝食を抜いたり、ほとんど食べなかったりする人はそうではない人に比べて動脈硬化の確率が2倍高くなるとの研究結果が2日、発表した。

 米国心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」に掲載された研究論文は、症状や病気が現れるはるか以前の段階で動脈への損傷の兆候がみられることを明らかにした。

 研究の成果としては心疾患との闘いに重要な手段を提供する可能性がある。
 
 世界保健機関(WHO)によると、心疾患は世界の死因のトップで、2015年には年間1770万人が死亡している。

 
 今回の論文は、スペインの中高年の会社員4000人を6年間にわたり追跡調査した結果に基づいている。

 調査対象者の約4人に1人、約25%が一日のカロリー摂取量の20%以上を含む高エネルギーの朝食を取っていた。
 これに対し、70%は、一日のカロリー摂取量の5〜20%に当たる低エネルギーの朝食を食べていた。
 また、3%は、朝食を完全に抜いているか、ほとんど食べないと答えた。
 
 このグループでは「食生活が全般的に不健康で、心血管系のリスク因子を抱える割合が高い傾向がみられた」と指摘している。

 朝食抜きの人は「胴回り、体格指数(BMI、身長と体重から算出される肥満度を測るための指標)、血圧、血中脂質、空腹時血糖値などの数値が最も大きかった」という。

 朝食でカロリー摂取量が一日の推奨摂取量の5%に満たない人は、高エネルギーの朝食を食べている人に比べて、動脈内の脂肪蓄積量が平均で2倍であることが分かった。

 一日を始めるのに朝食を抜いたりほとんど食べなかったりする人々の
   動脈硬化リスク
の上昇は、喫煙、高コレステロール、運動不足などのその他の因子とは関係なく生じる。

 過去の研究では、健康に良い朝食を取れば、体重低下や健康的な食事療法につながり、コレステロールや血圧、糖尿病などに関連する疾患リスクが減少する一方で、朝食抜きによって冠動脈疾患リスクが上昇することが示されている。  
  
ひとこと

 食べずに働くのが良いとは言えない。
 栄養不足の脳や体が利益を生みだすことなどない。 


     
 


   
posted by manekineco at 20:17| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安価では企業経営が立ち行かない道理


 英国の格安航空の
   モナーク航空
が破産を申請した。
 利用客11万人の帰国便は英政府が手配するという。
 
 欧州主要航空会社の破綻はここ5カ月で3社目となる。
 
 なお、英航空業界では過去最大の規模。
 
 
 2日の発表資料によると、モナーク航空と
   モナーク・トラベル・グループ
は公的管理下に置かれ、営業免許は停止された。
 
 今後の運航とパッケージツアーはキャンセルとなり、将来へのスケジュール変更もないとされた。
 さらに30万人の利用客に影響が及ぶことが予想される。

 これまでモナークは英国の5空港から40余りの都市に就航していた。
 
 欧州航空業界では格安航空会社の乱立で供給がだぶついていた。
 また、原油安で各社の値下げ競争が激化しイタリアのアリタリア航空とドイツのエア・ベルリンも破綻に追い込まれた。
 
 燃料価格は米ドルで設定されるが、欧州連合(EU)離脱が選択された昨年の英国民投票以降にポンドが下落したことからも、モナークの業績を圧迫したという。  


  
ひとこと

 薄利多売の商道が愚かであるという典型例だろう。
 一時期一世を風靡したとしても、利益を生みだす力は継続しない。
 景気拡大期においてはより高い仕事を求め人材が離れるため、収益を上げるために賃金の引き上げと綱引きになる。

 総合スーパーが不動産屋のごとく施設を作り、テナントを集めて収益の拡大をしている日本のビジネスモデルの欠陥にも気付くべきだろう。


     

  


   

posted by manekineco at 05:20| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする