2017年10月13日

米国はレアアースの軍事需要を中国に頼りすぎている。


 中国人民日報の国際版環球時報(電子版)によると
   米国が誇る最新兵器
は、いずれもレアアースなしには開発できないと指摘し、米国はレアアースの軍事需要を中国に頼りすぎており、今後自らの
   軍事力低下
に苦しむ可能性があると米軍事メディアが警告したことを伝えた。

 米国は現在、レアアース調達を完全に海外に頼っている。
 
 次世代型のBー21戦略爆撃機から航空専用コンピューターまで、レアアースは米国が将来的にも軍事的優位性を保てるかどうかの鍵を握っている。
 
 米国では最後のレアアース鉱山が15年に閉鎖された。
 安価なレアアースを中国企業が市場に提供した結果、米国内には採掘、加工を手掛けるメーカーが淘汰されてしまい、輸送ルートもなくなった。
 
 その後は、いずれもすべて中国に頼る状態に陥っている。

 米軍幹部は最近出した報告書で、米国の国防工業拠点が
   「徐々に脆弱化している」
と指摘し、長期的なダメージは避けられないとの見方を示した。
 
 レアアースの調達競争は今後
   深刻な問題
になると予想されるが、米国政府の対応は後手後手に回っている。
 
 16年の段階でも、今後の調達ルートが見通せないありさまにあり、今後一刻も早く中国頼みの調達を終わらせることが必要となる。
 
 そのため、新たなレアアース供給元の確保が安全保障上重要になる。


 
 

    
posted by manekineco at 20:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の脱退を「多国間主義にとっての損失」と表現


 国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の
   イリナ・ボコバ事務局長
は米国の脱退を「多国間主義にとっての損失」と表現した。
 
 アントニオ・グテレス国連事務総長は報道官を通じ「非常に遺憾だ」と表明した。 


ひとこと

 経費を無駄に使っている国連機関は多い。
 ユニセフなどもその類だろう。

 支援した地域でより大きな不公平が生じかねない点にも考慮する必要があり単純に支援すればいいというものでもない。
 社会秩序を欧米に合わせる文化の侵略でもある。


    

 

   
posted by manekineco at 05:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする