2017年10月18日

ISに壊滅的打撃

  
 
 サウジの原理主義的な支援者から資金や武器を提供され勢力を核だいしていた
   イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」(IS)
は首都と称するシリア北部ラッカが17日、IS戦闘員を駆逐し
   完全に制圧
されたことが明らかになった。
 
 ラッカを攻略したクルド人主体の民兵組織
   「シリア民主軍」(SDF)
スポークスマンは、ラッカでは軍事作戦は終了しており間もなく解放が宣言されると語った。
 
 2014年にシリアとイラクにまたがる地域で急速に勢力を拡大し、「国家」を自称したISにとって壊滅的な打撃となる戦果だ。

 ラッカは14年にISの前身組織が占拠し、イスラム教の特異な解釈で恐怖支配が敷かれていた。

 SDFによると、現在は降伏していない
   外国人戦闘員
の捜索や、ISが市内各所に敷き詰めた
   爆発物や地雷の除去作業
を進めている段階という。

 在英のシリア人権監視団によると、SDFは17日までに、IS戦闘員が最後まで徹底抗戦していた公立病院庁舎や大型競技場を制圧した。
 
 既にISの旗を引き剥がすなどして、戦闘終結に歓声を上げている状況。
 
 監視団のアブドルラフマン代表は外国人戦闘員は投降し収容しており
   正式な解放宣言
を待っているとメディアに明らかにした。
 
 米軍主導の有志連合スポークスマンは17日、ツイッターで「SDFはラッカの90%を支配下に置いた」と強調した。

 これまでSDFは今年6月にラッカ突入作戦に着手した。
 米国主導の有志連合も断続的な空爆で支援し、激しい市街戦の末に多くの建物が倒壊した。
 
 監視団によると、民間人1130人を含む3250人が戦闘で犠牲になったと推計されている。 

ひとこと

 外国人戦闘員への対応は難しいだろう。
 傭兵に等しいものであり、金に左右される。  


    

   



     
posted by manekineco at 05:49| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする