2017年10月21日

コムチュア(3844) 第2四半期の売上高 前年同期比+28.5%



 コムチュア(3844)は連結業績の第2四半期の売上高は、
   78億4300万円(前年同期比+28.5%)
となる見込みである 
 なお、前回予想より8億4300万円増。

 利益面については、増収効果に加え、高付加価値化、生産性向上およびプロジェクト管理の精緻化により、営業利益では対前年同期比29.4%増の7億 8300万円を見込んでいる。

 連結子会社の株式売却益の発生により、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比53.9%増の6億2500万円を見込んでいる。

 前回発表の業績予想の修正を行うものであり、業績予想値はいずれも、過去最高値となる見込みだと報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 19:11| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両刃の権

  

 スペインで草の根運動で影響力のある独立派団体の
   カタルーニャ国民会議(ANC)
および
   オムニウムクルトゥラル(Omnium Cultural)
は、中央政府の
   マリアノ・ラホイ政権
に対する抗議を示すため、ソーシャルメディア上で「平和的かつ直接的な行動」を取るよう呼び掛けており、これに沿った行動でもある。

 ただ、スペイン経済の2割を占めるカタルーニャ経済を直接統治する動きが強まれば、現金の引きだしが大きく起こりかねずスペイン経済に大きな打撃が生じる可能性が懸念される事態でもあり、ユーロの価値にも影響するか注目する必要があるだろう。
 
 また両団体は支持者らに対し、「理想的には午前8〜9時の間」に主要5銀行から現金を引き出すよう特に促していたという。




 

   
posted by manekineco at 06:19| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M&A(2127) 過去最高益を再び更新する見込み



 M&A(2127)は当第2四半期連結累計期間(半期)の経営成績について、17年7月28日に業績予想の上方修正を知らせした。
 これを更に上回り、同期間(半期)における過去最高益を再び更新する見込みとなった。

 当第2四半期連結累計期間(半期)において、380件(譲渡・譲受は別カウント)のM&A仲介を成約した。

 前年同期間(半期)の279件から101件(+36.2%)の増加となった。
 同期間(半期)における過去最多の案件成約となっている。

 終始好調な案件成約状況を維持したうえで半期を折り返すことができたと報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする