2017年11月15日

背景の一コマだが...


 米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
の長男トランプ・ジュニア氏は13日夜、昨年の米大統領選の数週間前に
   内部告発サイト「ウィキリークス」
と直接連絡を取ったことを明らかにした。

 トランプ陣営とロシア政府に間接的な接触ルートがあったと主張する民主党員の攻撃材料となる。

 米誌「アトランティック」は13日、このやり取りが議会の調査委員会に提出されたと報じていた。

 ジュニア氏は事実を認めつつ、直接の交信記録とするコピーをツイッターで公開し、重要性はないと主張した。
 「これがウィキリークスとやり取りした全てのメッセージだ。議会委員会の1つはこれを選択的にリークした。なんて皮肉だ!」とツイートした。

 このやり取りの中で、ジュニア氏はウィキリークスからの連絡に礼儀正しく応答していることが多く、応答していないこともあった。
 ただ、ジュニア氏はウィキリークスとの関係や接触は否定していない。

 ウィキリークスの創設者
   ジュリアン・アサンジ氏
は同日、ジュニア氏のメッセージのコピーを確認できないとツイッターでコメントした。

 なお、ペンス副大統領の報道官は報道されるまでその事実を知らなかったと語った。


ひとこと

 西側政府の内部告発は多いが、中国やロシアに関するものは少ない。
 接触を試みることで張り巡らされたロシアや中国などの工作員の目に留まるため、その後に取り込まれていく可能性はある。


 
 

    
posted by manekineco at 06:24| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウジ政府の汚職摘発で富裕層の一部が捜査の対象になっている


 米国の金融大手シティグループとスイスのUBSグループは
   サウジアラビアの富裕層資金
を最も多く運用している国際的な銀行として知られている。

 ただ、権力の集中化を目論みムハンマド皇太子主導が率いる
   汚職対策委員会
により敵対する王族や現職閣僚ら200人以上を逮捕拘束するなどの摘発が行われたため、金融市場における投資家心理に影響をあたえており、市場に一時的な動揺を引き起こした。

 サウジ政府の汚職摘発でこれらの富裕層の一部が捜査の対象になっているためだ。

 JPモルガン・チェースとクレディ・スイス・グループもサウジの富裕層の資産、数十億ドルを運用している状況にある。

 サウジの政権内の権力闘争が激しくなっており、こうした微妙な問題に対して関係者が匿名を条件にメディアに語ったもの。

 シティグループのプライベートバンクの顧客には、皇太子の対抗馬的な存在である
   アルワリード王子
ら今回の摘発で拘束された人物が含まれている。

 捜査が銀行に及ぼす影響は現時点で明らかでない。





 


    
posted by manekineco at 05:54| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

「構造改革」に取り組む邦銀?


 国内大手金融機関のみずほFGのほか三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループの邦銀3メガはそれぞれ
   構造改革
に取り組んでいる。
  
 
 三井住友Fは13日、ソフトウエアロボットによる
   業務自動化
を図ることで3年以内に約1500人分の業務を削減すると発表した。


 日本銀行は先月23日に発表した金融システムリポートで
   邦銀の収益性
について国際的に見て低さが目立つと指摘した。
 
 さらに、国内金融機関の店舗数や従業員数は、需要対比で過剰となっている可能性があると発表した。



ひとこと

 邦銀が「構造改革」に取り組むというスタンスだが、収益が少ないのは投資先の企業からの配当金などの増額を機関投資家として強く要求しないことが根本的原因だろう。
 この背景には、金融機関の幹部職員を投資先の企業に振り分けて引き受けさせ手いる利益相反の行為があるためだ。

 無能ともいえる役員を多くに企業にはめ込む問題の解決を最優先することが構造の改革になる。
 そもそも、新規事業や技術の価値を知らない単なる財務の専門家を送り込んでも、企業価値を高める手法については無知そのものだろう。
 ひも付きの人材でしかない機関投資家からの人材の価値の低さは多くの企業が内部留保に走ってきたこれまでのバブル崩壊以降の動きと一致している。

 企業の資産の構成が資金の流動化が中心となっており、インフレが起これば多くの企業が内部留保した資産の価値を低下させてしまう現状がある。
 インフレ時の耐久能力の低下を意識する戦略が必要だが、何も出来ておらずたまたま円安でも商品相場が上がっていないために、繁忙期になって資金ショートする企業が増えないだけだ。

 内向きの思考が強く資金量からの利益を生みだせない役員はそろそろ排除していくべきだろう。


  
 


    
posted by manekineco at 04:56| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

大きさが476カラットもあるダイヤモンドの原石が採掘された



 シエラレオネ鉱物管理当局の
   サフル・ウォンデイ局長
は11日、東部コノの鉱石採掘企業
   メヤ・マイニングの鉱山
で大きさが476カラットもあるダイヤモンドの原石が採掘されたと発表した。

 ダイヤモンド資源が豊富なシエラレオネでは今年3月にも同じコノで、さらに大きい709カラットのダイヤ原石が見つかっている。

 今回採掘された476カラットのダイヤ原石は史上29番目の大きさとみられる。
 ただ、どれほどの価値がつくかは不明だ。

 シエラレオネ政府はメヤ・マイニングに今回のダイヤ原石の輸出と国際オークションでの販売許可を与えた。
 
 
 3月に採掘された709カラットのダイヤ原石についても、シエラレオネ政府は先月、米国ニューヨークで12月4日にダイヤモンド専門の競売会社
   ラパポート・オークションズ
で競売に掛けられると発表している。

 709カラットの原石はこの半世紀にシエラレオネで掘り当てられたダイヤ原石としては最大。
 世界でも史上10〜15番目の大きさになるという。

 シエラレオネ政府がダイヤ原石の発見や競売予定を公表するのは、ダイヤ原石が
   「紛争ダイヤモンド(blood diamond)」
として武装勢力らの資金源となっていた過去と決別し原石取引の透明性を保つためだ。

 1991年から2002年の内戦中、シエラレオネの武装勢力がダイヤ原石の不法輸出で資金を得て内戦がますます激化する結果となっていた。 

  

  

    
posted by manekineco at 21:47| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「軟骨伝導補聴器」を開発


 リオンは、軟骨伝導を研究する奈良県立医科大学の
   細井裕司学長
と共同研究で、耳の穴がふさがった
   外耳道閉鎖症
の患者に対応した「軟骨伝導補聴器」を開発した。

 耳の軟骨に補聴器を付けるだけで利用でき、患者の頭部に埋め込むといった負担がないという。

 軟骨伝導補聴器は、一般的な耳かけ型補聴器と同様の形状だ。
 イヤホンの代わりに小型の振動子を耳の入り口周辺の軟骨部に装着して音を聞かせることができる。
 また、利用者だけに音が聞こえるのが特徴という。
  
  



    
posted by manekineco at 06:31| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

トランプ氏の中国での「つぶやき」に対し、中国公安当局はネットに流れる市民の感想を軒並み削除


 独国際放送ドイチェ・ヴェレ(中国語電子版)によると、米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は訪問先の中国で利用が制限されているツイッターへの投稿を続けたことを伝えた。

 ただ、この投稿について、中国当局が一般市民による意見の書き込みや、関連の投稿を削除していることが分かったと続けた。

 トランプ氏は10日までの中国滞在中、ツイッターに接続した。
 プロフィールの写真を2回変更し、8回投稿したことが話題を呼んでいた。

 これに対し、中国国内のネット利用者も中国独自の短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」に次々と感想や意見を書き込んだ。
 言論の自由が共産党への脅威として見ている中国公安当局がすべて削除しているという。

 また、当局は「トランプ氏、ツイッター」などのキーワードを軒並み削除しているとみられる。

 
 新浪軍事によると、トランプ氏は米軍の軍事衛星5基、軍事拠点4カ所の通信システムを使い、ツイッターにアクセスした。
  なお、トランプ氏の投稿について、中国外交部は会見で「中国ではすべての人間があらゆる手段で外界と交流できるようになっている」と述べるにとどめていたが現実は異なっている。 

ひとこと
  
 自由社会においては言論が自由だが、共産党が支配する国家体制では言論の自由がないということを示している。

 党に不都合な発言は徹底的に排除するのが共産主義の言論の自由ということだろう。

 共産党系の市民団体の発言も自由主義社会であれば、自由に出きるが、中国などでは規制され、国家に盾突く勢力として強制的な措置が取られているのが現実だ。
 夢見るだけで済まないのがこうした思想に基づく政治体制ということ。


 
  


    
posted by manekineco at 08:04| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

空母の建造技術などは昔から保有するが建造すれば、米軍の警戒心を呼び起こしかねないリスクがある。


 中国は国産空母の建造を進めており、一部報道によればすでに3隻目の空母建造が進められている。

 日本では「自衛力は自衛のための必要最小限度」と解釈されている。
  
 そのため、親中国の政治家や市民団体などにおいては空母は専守防衛の原則に一致しない存在と考え反対姿勢を繰り返すなど無防備で海外勢力の侵攻をゆる姿勢が強い。

 なお、日本は空母と名のつく艦船は保有していない。

 
 中国メディアの捜狐は、日本には世界最先端の造船技術があると伝えたうえっで、空母だってその気になればすぐに建造することができるはずだと主張する記事を掲載した。

 この記事は、四方を海に囲まれた日本は明治維新以降
   海上戦力の強化
を積極的に行ってきたと主張したうえ、第二次世界大戦までは軍艦の建造においても世界有数の実力を保持していたことを明らかにした。

 さらに、日本の民間における造船業界は今なお世界最高峰の技術力を持つと指摘した。
 たとえ、民間であっても高い技術力を持つことは軍艦の建造において有利に働くと主張した。

 
 また、日本は専守防衛の原則があるため空母は保有していないものの、いずも型護衛艦のような
   ヘリコプター搭載護衛艦
は「準空母」と呼ぶべき存在だと主張した。


   

 日本はいずも型護衛艦を短期間で建造することができると伝えた。
  
 第二次世界大戦時においても、世界最先端の空母の設計技術を保有した日本であり、技術的な蓄積を持つため、空母についてもその気になれば建造することは可能だ。

 イージスシステムに代表される
   艦載武器システム
は米国に依存しており、戦闘機の開発についても遅れを取っている。

 日本独自の艦載武器システムならびに日本独自の空母を建造することは難しいとも主張した。

 だが、米国は日本の軍事的制限を徐々に緩和していると主張したうえ中国は日本の動向から目を離すことは絶対にできないと伝えている。
  


ひとこと

 第二次世界大戦の終結で日本が保有していた大型潜水艦の設計技術は米国に流れてしまった。
 そもそも、第二次世界大戦で日本が戦った相手は米国だけではなく、広大な植民地を保有していた大英帝国やフランス、オランダなど世界最強の軍事国家だ。

 軍事技術は世界最先端を歩んでいたものの、戦域の拡大で自らの軍事的優位を放棄してしまう結果になった。
 本来であれば、中国戦線において国家総動員法を徹底して予備役を含めて600万人の将兵を投入しておれば1年程度で降伏させることが出来ただろう。

 その後、豪やシナイ半島を狙って領土を拡大する手法もあった。
 大本営等の愚かな選択で真珠湾を攻撃し空母艦隊を殲滅出来なかったことがその後の戦略を誤った。

 支那事変に上陸用舟艇を日本が実戦投入した際、米軍により写真撮影されてしまっており、第二次世界大戦におけるアメリカ軍主力上陸用舟艇であるLCVP(ヒギンズ・ボート)の設計に活用された。

 世界で初めて本格的な上陸艇を投入したのは日本軍だが、戦線を拡大する愚行が見られた。
 一極集中で破壊してから米軍を駆逐するか、真珠湾ののち、直接米国西海岸への上陸を実施すべきであった。

 そもそも、中国戦線においては重慶爆撃の戦果が判らず、途中で爆撃を止めてしまったことで蒋介石軍が息を吹き返して勢力を盛り返してしまっている
 国家総動員法による予備役を召集すれば600万の兵士を投入することも可能であった。

 爆撃後に重慶に進軍させておれば、強制的な徴用や略奪で中国人の批難を浴びていた中国国民党軍は1年以内に降伏していたといわれている。
  
 その後、降伏した中国兵を豪大陸の攻略や英国植民地であるインドへの侵攻すればよかった。
 最終段階で真珠湾への攻撃や米国西海岸での上陸戦に投入する手法もあっただろう。


   
  
   
 ともかく、日本軍が真珠湾攻撃で米国との戦火を開いたのが時期尚早であった。

 資源が乏しければ、豪大陸に上陸して駆逐しながら占領し、米軍との直接戦闘は可能な限り避けるという戦略もあった。
 占領後に国力を高くする戦略も選択すべきだったろう。




  



   
posted by manekineco at 21:52| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「十分な需要がない長期の債券」に売り浴びせを誘うような間違いは犯したくない


 コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのマネーマネジャー
   ジーン・タヌッツォ氏
はメディアの取材で「十分な需要がない長期の債券」に売り浴びせを誘うような間違いは犯したくないというのが、財務省の計らいだろうと指摘した。
 
 「イールドショック回避」に向けた取り組みでイールドカーブの著しいスティープニングを引き起こしかねないと解説した。

 米長期債の利回りは住宅ローンから企業の借り入れに至るまで広く指標として用いられる。
 そのため、重要性が高い
 
 また、スティープニングは住宅市場に問題をもたらしかねないと説明した。
 

  
 

    
posted by manekineco at 06:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする