2017年11月01日

金融調節方針の維持を8対1の賛成多数で決定


 日銀は31日の金融政策決定会合で
   長短金利操作付き量的・質的金融緩和
の枠組みによる金融調節方針の維持を8対1の賛成多数で決定した。
 
 誘導目標である長期金利(10年物国債金利)を「0%程度」、短期金利(日銀当座預金の一部に適用する政策金利)を「マイナス0.1%」といずれも据え置いた。

 長期国債買い入れ(保有残高の年間増加額)のめどである「約80兆円」も維持した。
 ETFや不動産投資信託(J−REIT)の買い入れ方針にも変更はなかった。

 
 

   
 
   
posted by manekineco at 06:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術や設備の移転がほぼ完了し、次の動きだが...


 中国共産党総書記として2期目をスタートして1週間足らずの
   習近平国家主席
は30日、米国のフェイスブック創業者の最高経営責任者(CEO)
   マーク・ザッカーバーグ氏
やアップルのCEO
   ティム・クック氏
らが参加した会合で、中国が「前例のない決意と力」で改革を進めていると述べた。

  

 習氏はこうした発言を通じ、中国で事業を行う上での

   規制緩和

に向けた動きを強調する狙いがあるとみられる。

  

 中国国営の新華社通信によれば、習氏は清華大学経済管理学院の顧問委員会の海外委員らとの会合で、トランプ米大統領による来週の訪中を楽しみにしていると述べ、「われわれは中国と米国の関係の見通しに楽観的だ」と言明した。

 互いの利益に配慮し、相違や矛盾に適切に対応していく意向を示した。



ひとこと

 互いの利益に配慮し、相違や矛盾に適切に対応していく意向という表現は曲者である。
 ネズミを捕る猫は黒でも白でも構わないといったことを考えれば、どの様な手段であっても最後は中国共産党の意のままにするという意味だろう。

 思想や習慣などが持ち込まれ中国人の生活スタイルが変化し向上しても、中国共産党という絶対権力に害が及ばせる場合には武力を用いても阻止するという姿勢を示している。

 天安門事件の発生と同じことは今後自由化が進めば起きないという可能性は皆無だろう。


 
 


   
posted by manekineco at 06:03| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイジア(2352) コンサルティング事業において好調に推移



 エイジア(2352)の売上高は、コンサルティング事業において好調に推移しているとのこと。

 会社の株式会社FUCAと共同で進めているメールコンテンツサービスやWebフォームデザインの受注が堅調に推移した。
 株式会社FUCAが推進してきた大型Webサイト制作等の受注が順調に推移した。
 当初計画を上回る見通し。

 利益については、売上増加要因に加え、人件費や採用費が当初計画ほど発生しなかった。
 また、広告宣伝施策の見直しにより費用が低減できたことが主な利益増加要因となったと報じられた。

 
 


   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする