2017年11月05日

2万本以上の植物が使われた建築物


 イタリア北部ミラノの中心部に建設された2棟のマンションは青々とした木々に覆われ、ほとんどその姿が見えないという。

 イタリアの建築家ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)氏がこの「垂直の森」を設計した。

 全部で2万本以上の植物が使われているという。

 なお、同様のプロジェクトが中国からオランダまで、世界の国々で進められている。
 
 
 「垂直の森」の構想はボエリ氏の木に対する思い入れと、木を「建築に不可欠な要素」にするという決意から生まれたもの。
 特に、地球温暖化に立ち向かう武器にしたいとの思いが強かったという。
  

  
 

    
posted by manekineco at 06:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする