2017年11月07日

2%という具体的なインフレ率よりも物価水準を目標にする方が高い効果を導き出せる可能性


 米国サンフランシスコ地区連銀の
   ウィリアムズ総裁
は6日公表された小論文で、経済の潜在成長力を正確に判断するのが困難な状況では、2%という具体的なインフレ率よりも物価水準を目標にする方が高い効果を導き出せる可能性があると主張した。

 潜在産出量の推計値は労働力の拡大と予測の難しい生産性を基に算出される。
 このため、これに大きく依存しない手法で金融政策を策定するのは理にかなうと指摘した。
 
 物価水準目標はその要件を満たしており、金利がゼロ付近にある状況では特に安全性を高める可能性があると論じた。

 
 なお、ウィリアムズ総裁は3日、記者団との電話会議で物価水準目標につい
   「ゼロ金利制約に対処する強力な方法」
だが、それ以外の状況でも利点があると指摘していた。
 
 生産ギャップに不確実性があることから、「ゼロ金利制約とは関係なく、物価水準目標の採用に前向きな意見は常にある」と続けた。
 
 
    
 

    
posted by manekineco at 05:23| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠不足の人への影響


 英国リバプール大学の研究者が大学生の男女25人を被験者とし、毎日の睡眠時間をチェックするツールを配布し
   睡眠実験
を行い、睡眠不足の人への影響を調べた。

 この実験で被験者は2日間十分に眠ったあと、さらに2晩続け4時間未満の低品質の睡眠を取った。
 それから被験者の写真を撮影し、別の122人の志願者にその魅力度・健康度・眠気度・信頼性、さらには写真の人物と交際したいか評価をつけてもらった。

 統計結果によると、睡眠不足によりすべての評価が下がったという。

 睡眠不足だと不健康に見え、魅力が欠けており、睡眠不足の人とは付き合いたくないと結論付けた。

   
 
 

    
posted by manekineco at 05:17| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする