2018年01月26日

エスケイ(7608) 増販等により売上総利益率が向上


 エスケイ(7608)の2018年2月期通期の業績について、現状で『星のカービィー』『ドラえもん』等の定番キャラクターが上期に続き下期も好調に推移していることに加え、オリジナルの『もちもちマスコット』シリーズや『忠犬もちしば』の増販等により売上総利益率が向上している。
 
 また、売上高、各利益共に前回発表の予想を上回る見通しとなったので、通期業績予想を上方修正すると報じられた。 


ひとこと

 ソフトの販売拡大は経済環境が広がれば大きく伸びることもある。
 嗜好性がマッチすればなおさらだろう。 


     

  


   
   
posted by manekineco at 15:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米英の「特別な関係」を再確認



 米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
は25日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)参加のため訪問したスイス東部ダボスで、メイ英首相と会談した。
 英国の欧州連合(EU)離脱に向けた交渉をにらみ、米英の「特別な関係」を再確認した。

 トランプ氏は会談に際し、メイ氏との関係を
   「非常に素晴らしい」
と記者団に強調してみせたうえ、両者の間がぎくしゃくしているとの見方に関しては「間違ったうわさだ」と否定した。

 
 米英首脳は昨年12月の電話会談で、英国のEU離脱後、早期に2国間貿易協定を締結する重要性について協議した。
 また、トランプ氏が来月に予定していた非公式訪英を取りやめたことを受け、今回の会談で同氏の訪英について話し合った可能性もある。

 トランプ氏は続いて、イスラエルのネタニヤフ首相と会談した。

 トランプ氏が昨年12月にエルサレムをイスラエルの首都と認定した。
 その後、両首脳の直接会談は初めてとなる。


 来年末までの実現を目指す米大使館のエルサレム移転や、再開への糸口が見えない
   パレスチナ和平交渉
の打開策が主要議題とみられている。 


ひとこと

 英国の植民地であったエルサレムだが、英国からの独立を勝ち取るまでもイスラエルによるテロ行為は社会を不安のドン族に落とし込んだともいわれている。 


    
 


  
posted by manekineco at 05:45| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラクス(3923) 楽楽精算は前年同月比163.9%と高い成長


 ラクス(3923)の平成30年3月期の月次売上高12月度が
   クラウドの活用
による経理部門の働き方改革にフォーカスした
   RAKUSCloudForum
を開催した。
 
 昨年8月に実施したTVCMの効果もあり、楽楽精算は前年同月比163.9%と高い成長が続いる。
  
 また、IT人材事業では顧客ニーズに対応したエンジニアの増員効果が表れ大幅な増収となった。
 
 全社売上高の前年同月比は133.1%と成長が加速していると報じられた。 


ひとこと

 エンジニア不足は続いている。能力のあるものが相対的に少なく充足でき手いないところもお大きい。



    



   
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

AMBITION(3300) 新築投資用デザイナーズマンション 早期完売が目立つ


 AMBITION(3300)が2017年10月に完全子会社化した株式会社ヴェリタス・インベストメントが開発を手掛け、2017年12月1日から販売開始をしました新築投資用デザイナーズマンション
   PREMIUMCUBE下北沢
(竣工予定日:2018年1月下旬、入居予定日:2018年2月上旬)が早期完売(全戸購入申込)となった。

 販売開始21日間で、すでにキャンセル待ち状態になっている。
 ヴェリタス社としても創業以来、過去最高の月間申込本数となったと報じられた。 


ひとこと

 建築業界の活況は社会をより良くするものだ。
 見らいに残せる文化を作り出すような建築物はもっといいのだが... 

     

 

  
   
posted by manekineco at 15:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスホッケー女子では五輪史上初の南北合同チームが結成 不満が蔓延


 韓国は2月9日から
   平昌冬季五輪
が開催され、これに北朝鮮が参加する。

 アイスホッケー女子では五輪史上初の南北合同チームが結成されるが、韓国内ではこうした文政権の積極的な北朝鮮への肩入れを批判する動きが強まっている。

 また、過去の美女応援団に、後に金正恩党委員長の妻となった
   李雪主(リ・ソルチュ)氏
が参加していたことも良く知られ、久しぶりの「美女応援団」の訪韓も注目を集めている。

  
 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は北朝鮮当局が現在、「美女応援団」の人選を行っているが、選ばれた女性と家族の中には、喜ぶ人がいる一方で、浮かない顔をしている人もいると伝えた。

 最近中国を訪れた平壌市民が、RFAに語った情報で、応援団は金正恩への忠誠心が強い平壌出身者から全員が選ばれ、地方出身者は一人もいないと見られる。

 平壌市民は地方住民に比べて思想教育が徹底されており、反政府的な行動や発言が出にくい環境に育っており安心であるという。
 平壌市民は、成分(身分)が良く思想が堅固とされた
   「選ばれし者」
だけが住める特別な都市とされ、平壌市民なら問題を起こす可能性が相対的に低いことが背景だ。

 李雪主氏の出身校で、美女応援団の主な人材供給元となっているエリート校・金星学院の女子学生たちは、元NBAプレーヤーのデニス・ロッドマン氏が訪朝した際にも、秘密の酒宴にコンパニオンとして呼ばれたとされる。

 
 なお、応援団のユニフォーム、靴、応援グッズは国が準備するが、その費用は参加者に請求されるが1人あたり数百ドルを超えるが、さらに辛いのは帰国後は数日に及ぶ厳しい思想総和を受けるという。

 また、韓国で見たこと、聞いたことを口外したら、一家が滅びることにもなりかねないという恫喝もあるという。

 様々なルートで韓国社会の情報が入るようになっている北朝鮮だが、実際に行ってきた人による生の情報は非常に少ないため彼女らが口を開けば、大量の情報が口コミネットワークに乗り、北朝鮮国内に拡散することになる。 


ひとこと

 文政権の政治的な思惑が強く作用しており、北朝鮮の軍事的挑発が起これば致命傷になるだろう。 

     

  


   
  
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速インターネットサービスの契約者数がより大幅に増加


 ケーブルテレビ(CATV)運営で米国最大手の
   コムキャスト
の2017年10−12月(第4四半期)決算は、売上高と利益がともに市場予想を上回った。

 CATV契約者数が3四半期連続で減少した。
 ただ、高速インターネットサービスの契約者数がより大幅に増加したのが背景で利益等の増加となったという。

 CATVは解約してもネットはまだ必要という顧客の事情に支えられたようだ。 


ひとこと

 ネット利用環境は無線よりもいいだろう。 


   
 


  
   
posted by manekineco at 06:20| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドベンチャー(6030) 17年12月の1カ月間の取扱高が47億5624万1219円


 アドベンチャー(6030)の航空券予約販売サイト『skyticket』において、2017年12月の1カ月間の取扱高が
   47億5624万1219円
となり、前年同月比180%増を達成した。
 
 航空券・レンタカー・観光ガイドの3アプリを展開する『skyticket』が1月集計したiOS・Androidで通算500万ダウンロードを達成したと報じられた。 


ひとこと

 価格というよりも、利便性が利用促進を促しているのだろう。 

 少子高齢化社会の到来に手気そうした社会構造の改革には効率性のみでは先行きは暗い。
 おもしろさやわくわく感が必要なモノやサービスへの取り組みも収益拡大には必要だろう。


   



   

posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

フィリピン女性がメイドとして中東地域で就労することを禁止する方針


 フィリピンの
   ロドリゴ・ドゥテルテ大統領
は24日、中東クウェートでフィリピン人の
   家庭内労働者
たちがレイプされているとして、自国民女性がメイドとして中東地域で就労することを禁止する方針を示唆した。

 中東で就労しているフィリピン人は200万人以上にのぼる。
 その多くがメイドとして働いており、家族への送金によりフィリピン経済を下支えしている。

 しかし、クウェートおいて虐待や搾取のまん延、および複数の死亡事例が報告された。
 これを受け、ドゥテルテ氏は先週、自国民に対して就労を目的とした自国民のクウェートへの渡航を禁止した。

 ただ、すでに同地で就労している労働者は対象外という。

 ドゥテルテ氏は「クウェートは同盟国だから、これについては率直に言わせてくれ」と述べ、「お願いだから、中東の他の国のためにも何とかしてほしい」「わが国の人々を人間として、尊厳を持って扱ってくれないか?」と述べた。

 ドゥテルテ氏は先週、フィリピン人女性4人が過去数か月の間に死亡したことを明らかにしていた。
 なお、これらは自殺とみられるという。 


ひとこと

 原理主義が国家の宗教であるサウジにおける人権問題は深刻。



   
  


   
posted by manekineco at 22:36| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする