2018年01月06日

北朝鮮がEMPによる攻撃を公式に認めた意味は?


 北朝鮮が9月3日に核実験を実施した際、同日朝に朝鮮中央通信が朝鮮労働党委員長
   金正恩
が大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水爆を視察し
   強力なEMP攻撃
もできると伝えた。
 これまで北朝鮮がEMPによる攻撃を公式に認めたことはなかった。

 EMPは、高度数十〜数百キロの高層大気圏内で核兵器を爆発させた場合、核爆発によって生じる強力な電磁波で、地表には爆風や放射能による直接の影響はないが、EMPが地磁気に引き寄せられて地上へ向かう際に大電流になり、送電線や電話やインターネット回線、航空機関の管制システムからパソコンなどの電子機器まで破壊し、幅広い分野を長期にわたり機能不全に陥らせる恐れがある。

 そもそも、1962年に米軍が行った
   「スターフィッシュ・プライム」実験
でEMPへの懸念がおこったもので、この実験では核兵器を太平洋の約400キロ上空で爆発させたところ爆心から1400キロも離れたハワイで停電が起こり、科学者はその威力に気付いたというもの。
 

 
 

    
posted by manekineco at 16:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知性と集中力が欠落


 
米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
が率いる政権を離れるのでないかとの観測が広がっている
   コーン国家経済会議(NEC)委員長
は、記者会見でいつまで政権に残るつもりかと問われたものの
   「今日はここにいる」
と回答したに止まり、その数分後に、来週もホワイトハウスにいるだろうと付け加え、長期にわたって現職にとどまるとの確証を与えなかった。

 5日に発売されたマイケル・ウルフ氏の暴露本
   「炎と怒り」
では、トランプ大統領には
   知性と集中力が欠落
しているとコーン氏がこぼしていたと記された。
 
 なお、同書によると、コーン氏はトランプ氏を
   「救いようのないばか」
と見なしているという。
 
 また、「ゲーリー・コーン氏の考えを表す」と主張する電子メールも公表している。
 
 ホワイトハウス周辺で回覧されたという同メールには、「状況は想像以上にひどい。愚か者を道化が囲んでいる。トランプは何も読まない。たった1ページのメモだろうが、短い政策文書であろうが、一切目を通さない。各国のリーダーとの会談でも、退屈がゆえに途中で離席する。側近らも同様にお粗末だ」と記されたという。

  
 コーン氏は5日、この電子メールについて
   トランプ大統領
ないしホワイトハウスでの職務に対する
   自身の心情
を反映するものでないことを明らかにしたうえ、「ゲーリー・コーンは5語以上の電子メールを書いたことはないと言っていい」と語った。

 また、今週末にトランプ大統領がキャンプ・デービッドで開く会合に出席し、インフラ計画と福祉制度見直しに関する戦略を話し合うと話した。
 
    

 
 

   
posted by manekineco at 05:37| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする