2018年01月09日

石油タンカーが貨物船と衝突して炎上した事故 タンカーが爆発して沈没する恐れ

   
 香港船籍の貨物船とイランの国営企業が運航していたパナマ船籍のタンカーが6日午後8時ごろ中国沖の東シナ海で衝突し、タンカーに乗っていたイラン人30人、バングラデシュ人2人の乗組員が行方不明になっている。

 なお、貨物船に乗務していた中国人21人は、全員救出された。

 タンカーは全長274メートルで石油13万6000トンを運んでいた。
 すべての石油が流出すると仮定すれば、過去に起きた同種の事故で10番目の規模に匹敵する。


 中国上海海事局は8日、依然として強い勢いで燃えていると説明していた。
 また、有害物質を含む煙が発生し、救助作業が難航していると述べた。

 専門家は、タンカーが爆発を起こして沈没する危険があるとみている。

 石油タンカーが貨物船と衝突して炎上した事故で、中国当局は9日までに、タンカーが爆発して沈没する恐れがあるとの見方を示した。

 
 中国外務省の報道官は8日、現場には二次災害を防ぐため、数隻の船を派遣したという。

 上海海事局は、タンカーの周囲10海里を航海禁止海域に設定した。

 
   
 

   
posted by manekineco at 20:10| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙線の観測を利用しピラミッドの中心部に「未知の巨大空間」を発見


 英国の分析会社のオルトメトリックは、毎年恒例の「今年影響力の高かった論文トップ100」の2017年版を発表した。

 30位には名古屋大学の研究グループが宇宙線の観測を利用し、エジプトにあるクフ王のピラミッドの中心部に
   未知の巨大空間
を発見した研究成果がランクインした。
  
 オルトメトリックは2017年11月15日までの1年間、論文220万件に対する1850万回の引用を追跡した。
 報道やソーシャルメディアで言及された回数なども加味して、独自の採点で上位100本の論文をランク付けした。


 
 

  
posted by manekineco at 20:02| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高める


 英国ケンブリッジ大学の
   ケタン・パテル教授
が率いる研究チームは
   アルコールの摂取
がDNAを損傷して、がんのリスクを高めるとMRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表した。

 英国のMRC分子生物学研究所の発表文によると、人間は通常、アルコールからのダメージに対して
   2つの自己防衛機能
を備えており、1つは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドに対するものである。
 アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、有害なアセトアルデヒドを酢酸に分解し、細胞のエネルギー源に変えることが出きる。
 
 今回の研究では、ALDHの一種
   ALDH2
が欠如したマウスにアルコール(エタノール)を投与したところ、ALDH2が機能しているマウスと比べ、DNAの損傷は4倍に達した。

 このLDH2が変異している人(つまりうまく機能しない人)の数は、アジアに5億4000万人いると具体的な数字を挙げて説明した。

 2つめの防衛機能は、DNAの修復であるが、これが常に機能するわけでもなく、中にはうまく機能しない人もいると研究チームは説明した。


 
  

   
posted by manekineco at 19:44| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動運転車の実用化のためにエヌビディアの人工知能(AI)に関する専門知識・技術を採用


 グラフィック半導体の米国企業エヌビディアの
   ジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)
はラスベガスで開催されている家電見本市CESの会場で7日、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術(プロセッサーとソフトウエア)を配車アプリ最大手の
   ウーバー・テクノロジーズ 
   フォルクスワーゲン(VW)
が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。

 VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れると両社が発表した。

 なお、フアンCEOが上がったステージにはVWブランド責任者ヘルベルト・ディース氏が加わった。


   
 

    
posted by manekineco at 05:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南北高官級会談を9日午前10時(日本時間同)から板門店で開催


 韓国と北朝鮮は、約2年ぶりとなる
   南北高官級会談
を9日午前10時(日本時間同)から板門店で開催することが明らかになった。
 
 来月開催される
   平昌冬季五輪
への北朝鮮の参加が主な議題という。

 
 北朝鮮の核開発を巡る交渉再開に向け、米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
が率いる政権の発足以後では最大のチャンスとなり得る。

 今回開催される南北会談で、金大中氏が
   太陽政策
で北朝鮮に物資や資金を援助したことで
   核兵器や長距離弾道ミサイル
を開発する時間的な余裕と資金を提供した失政であったと非難されることと同様の支援外交策を推し進める主張で当選し
   北朝鮮との対話を重視
してきた韓国の
   文在寅大統領
は、会談の議題について制限を設けていない。
 
 ただ、北朝鮮の朝鮮労働党委員長
   金正恩
が核開発の断念に同意するまでは、過去、突然核実験やミサイル発射を強行したことで米国との関係が悪化したため、同委員長を孤立化させる米国主導の取り組みを損ないたくないとも考えて両面作戦を行うことになる。

 そのため、朝鮮戦争以来続いてきた
   米韓同盟
が試される可能性がある。
 
 こうした軍事戦略的な思惑が背景にある利害の対立により、文大統領が五輪での協力以外に提案できることは限られている。
 
 北朝鮮を引き付けるものとしては、南北共同運営の工業団地や北朝鮮への観光の再開などが考えられる。
 ただ、これらは強化されたばかりの国連制裁の効果を骨抜きにする可能性がある。

  
 韓国政府当局者は匿名を条件にメディアの取材で、南北会談での議論は文大統領、金委員長とも聞くことができ、必要であれば介入できるようにすると状況にあると述べた。
 
 また、文政権は北朝鮮側が会談に何を望んでいるのか分からないとも続けた。
 
 
 韓国統一省の
   白泰鉉報道官
は8日の会見で、韓国側としては五輪に加え、北朝鮮との
   軍事対話の開始
   離散家族再会
などについて取り上げることを計画していると説明した。
 
 これらはいずれも文大統領が昨年提案したことで、援助が抱き合わせになる可能性もあり国連による経済制裁の意味がなくなる。


 
 

  
posted by manekineco at 05:25| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンピューターゲームに依存する危険性


 世界保健機関(WHO)の
   タリク・ヤシャレビチ報道官
は5日、スイス・ジュネーブで
   コンピューターゲーム
に依存する危険性についての専門家の総意を受けて、今年
   「ゲーム障害」
が疾病の一つとして定義され、「ゲーム障害」は今年6月に発行される国際疾病分類(ICD)第11版に記載されることになったと報道陣に発表した。
 

 同障害に関する現在の定義は「インターネットゲームやテレビゲームなどに関して
   ゲームをする衝動
を制御できず、他の興味や活動より
   「ゲームを優先する行動パターン」
とされている。
 
 この他、悪影響が出ているにもかかわらずゲームをやり続けるなどの症状も当てはまるという。

  
 暫定的な指針では、少なくとも1年間にわたってゲームに対して
   異常な執着
を示している場合はゲーム障害という診断が下され、「嗜癖行動」として分類される。

 ゲーム障害は、拡大し続けるオンラインゲームに触れる機会が多い若年層に特に影響することが事例証拠によって示されている。

 一方では、この問題の範囲を推測するのは時期尚早だとし
   「ゲーム障害は比較的新しい概念」
であり、集団レベルでの疫学的データはまだないと述べた。
 
 しかし、医療の専門家らは、問題があるという点と、ゲーム障害がICDに正式に盛り込まれることは適切な手段を取る第一歩となるという認識では基本的に意見は一致していることを明らかにした。
 
 
     
 


   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする