2018年02月04日

18年1月の国内販売台数(新車登録台数) 前年比+12%(ドイツ VDA)


 
 ドイツ自動車工業会(VDA)が2日発表した乗用車統計(暫定)によると18年1月の国内販売台数(新車登録台数)は
   26万9400台(前年比+12%)
となった。
 
 ウィスマン会長は「新年の滑り出しは好調だった。しかし、これを過大評価すべきでない。この高いテンポが持続するとは思わない」と語った。
  
 
 国内販売のうち外国メーカー車は19%も伸びた。
 独メーカー車は9%増だった。また、ディーゼルエンジン車の販売は引き続き減少し、全体に占める比率は前年同月の45%から約33%に落ち込んだ。
 
 一方、輸出台数は1%増の35万3700台、生産台数は横ばいの45万8700台だった。
 受注は国内向けが9%、輸出向けが4%それぞれ増加した。


 
 


   
posted by manekineco at 08:27| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターリングラードの戦い「戦勝75年の記念行事」にプーチン氏が出席し、愛国心を鼓舞

   
 ロシアは2日、第2次世界大戦における
   スターリングラードの戦い(1942〜1943)
の勝利から75年を迎えた。

 4期目の大統領の座を目指すウラジーミル・プーチン大統領もボルゴグラード(Volgograd、旧スターリングラード)で行われた記念行事に出席した。

 同地では兵士約1500人、装甲車、ジェット機が参加する軍事パレードが行われ、氷点下の寒さの中、厚着をした見物客たちが集まった。

 ボルガ川が流れるスターリングラードで繰り広げられたこの戦いは史上最も凄惨な戦いの一つとされる。

 この戦いでは69万人の将兵を率いたナポレオンのモスクワ遠征ではロシア軍が90万人で迎え撃っており、この時は徹底的な焦土化作戦をロシア軍が実行し、ナポレオン軍の食糧の徴用が出来ないようモスクワの市街地を放火する戦法を用いた。


   
   (出典:https://www.youtube.com/watch?v=Ytu22GjZmDU)  

 食料や武器弾薬の補給を断つ作戦が成功したうえ、強制徴用されている兵士の多くが戦う前に強行軍に反発して逃亡しておりフランス軍がモスクワに到達した時点で半減していたともいわれる。

 地の利があるロシア軍は退却するナポレオン軍の伸びた戦列を攻撃したためフランス軍の98%が帰還することは出来なかったとされている。


 こうした亡国的戦略をとったソ連はスターリングラードへの包囲網をナチス・ドイツ軍がすることで、兵站線が伸び冬季の到来により食料供給が出来なくなり、バルカン半島からの兵站線も維持出来なくなるよう攻撃して再び飢えに苦しみ降伏するように仕向けた。
 ロシアではこの勝利がアドルフ・ヒトラーから欧州を救ったものと自画自賛している。
 
 
 プーチン氏はボルゴグラード交響楽団による記念コンサートに集まった退役軍人らを前に「スターリングラードの守護者たちはわれわれにすばらしい遺産を残した。祖国への愛、祖国の国益と独立を守り、いかなる試練に対しても断固として立ち向かっていく覚悟だ」と語り、先人たちの例に倣うよう愛国心を煽る呼び掛けを行った。


   
   (出典:https://www.youtube.com/watch?v=_OCnqsZYiCM

 
 ロシアの政治アナリスト
   コンスタンティン・カラチェフ氏
は、近年ロシア政府は愛国心をかき立てるため第2次世界大戦でのソ連の勝利と犠牲をことさら強調する傾向を強めているとメデァイノ取材で述べた。

 ロシアが欧米との関係が冷戦後で最も冷え込んでいるなか「愛国心」が国家のイデオロギーのように台頭してきていると指摘した。

 ロシア政府は政府支持のチャンネルを強くするために
   肯定的なシンボル
を必要としており、1945年の中国の対日戦争勝利から70年を祝う
   「抗日戦争勝利70周年」
の記念行事中国の習近平主席が2年前に行ったのと同じ流れになっている。

 ただ、中国の場合には蒋介石軍に敗れた紅軍(中国共産党)が、中華ソビエト共和国の中心地であった江西省瑞金を放棄し、1934年から1936年にかけて国民党軍と交戦しながら、1万2500kmを徒歩で続けた長征により兵力を1万人割れまで激減させていた。
 1937年の上海戦など日中戦争が本格化したことで、蒋介石軍による掃討戦への兵力が弱まった。


   
   (出典:https://www.youtube.com/watch?v=douQu)  

蒋介石軍が支配していた南京や上海における権益確保では蒋介石の国民革命軍の焦土化作戦や強制的な軍費徴用などで中国市民等の反発や離反が強まり、漢奸として公開処刑が繰り返されたこともあり紅軍が勢力を盛り返していった。

 なお、日本軍と紅軍との直接的な戦闘は殆どないため、中国共産党が「抗日戦争勝利70周年」を祝うのも奇妙な出来事に見える。




    

    
posted by manekineco at 08:14| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクセディ(7278) 第4四半期においても堅調な受注が見込まれる。



 エクセディ(7278)の営業利益は16億6100万円増加し、経常利益は16億6200万円増加している。

 減価償却の方法の変更による影響額は、平成30(2018)年3月期の第4四半期に計画しているIFRS(国際財務報告基準)の任意適用により減少する。 

 ただ、受注増加とコスト低減活動による増収増益に加え、第4四半期においても堅調な受注が見込まれる。

 このことか ら、18年3月期の業績予想を、2018年1月29日付で修正すると報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社宅サービス(8945) 5カ年の中期経営計画が順調に推移



 社宅サービス(8945)は20年6月期を最終年度とする5カ年の中期経営計画が17年12月で折り返し点を迎えた。

 全体としては売上計画面で若干の遅れが見られるものの、16年6月期、17年6月期と過去最高の営業利益を更新。
 18年6月期についてもほぼ計画通りの見通しで推移していると報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクノアソシエ(8249) 自社株買い



 テクノアソシエ(8249)は自社株買いを2月1日に34万株、発行済み株式数の1.79%などと報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルーズ(2138) イギリス発のEC専業のファストファッションブランドを通販で提供


 クルーズ(2138)が運営するファストファッション通販
   SHOPLIST.combyCROOZ
にて、海外の20代男女から絶大な支持を集める
   年商400億円
の イギリス大手ファストファッションブランド
   boohoo(ブーフー)
が、2018年1月25日(木)に新規オープンした。

 この『boohoo』は2017年2月期で年商400億円(前期比+49%)を誇る、世界的に注目をされているイギリス発のEC専業のファストファッションブランド。

 今回、国内初のオフィシャルオンラインストアをオープンすることで、次々と登場するヨーロッパの最先端ファッションアイテムをSHOPLISTに て提供すると報じられた。


 
 

    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする