2018年03月09日

希望が持てるかどうかはまだ確信とまではいえない。


 中国外交部(外務省)の
   耿爽報道官
は9日の定例記者会見で、今年5月末に予定されている米国のトランプ大統領と朝鮮の最高指導者
   金正恩氏
の会談に関する記者からの質問に対して、中国は米朝両国の直接対話という積極的な情報に対して歓迎の意を表すと述べ、朝鮮半島の核問題は今まさに解決に向けて正しい方向へと踏み出しているといえるだろうと続けた。

 中国は関係者が対話と協議によって問題解決に尽力することに対し、十分な肯定と支持を表明するとした。

 8日に開かれた両会記者会見で
   王毅外交部長(外相)
が指摘したように、今後、各方面の積極的な呼応と力を合わせて共に朝鮮半島情勢を改めて
   平和の軌道
に、朝鮮半島核問題を改めて対話の軌道に乗せていくことが肝要だと説明した。

 中国としては各方面が政治的な勇気を出し、政治的な決断を下することを希望し、必要で有益な双方、多方でのあらゆる接触を早急に展開し、朝鮮半島核問題の対話交渉による平和的な解決を全力で再度立ち上げることを訴えた。

 中国側はそのための努力を続けていくとした。


 
 

    
posted by manekineco at 21:40| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の需要は引き続き旺盛



 中国税関総署が8日発表した2月の輸出は、ドルベースで
   前年同月比+44.5%
と増加した。
 
 対米輸出に限れば、同46.1%増とより大きくなった。
 
 
 スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のアジア担当チーフエコノミスト
   夏楽氏(香港在勤)
はメディアの取材で世界の需要は引き続き旺盛で
   欧米の景気
は拡大していると指摘した。
 
 これが中国輸出の最大の押し上げ要因だと続けた。

 トランプ政権がより幅広い範囲の製品の関税を引き上げる
   貿易戦争
のリスクは高まりつつあるようだと語った。

 
 
 

  
posted by manekineco at 11:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄鋼・アルミ関税に対する報復的な打撃に備える米国


  
 米財務長官の
   ムニューシン氏
は7日、メディアとのインタビューで、トランプ政権は米国の鉄鋼・アルミ関税に対する報復的な打撃に備えていると説明した。

 これは、米国製品が国際貿易で公平に扱われることを確実にするための闘いでひるむことはないと明言した。

 さらに、米国政府の目標は
   貿易戦争を
仕掛けることではなく、米国の企業と労働者が
   公正な扱い
を受けるのを確実にすることだと主張し、貿易は減税や規制緩和と並んでトランプ政権の経済課題の要だと付け加えた。
 
   
 
 

   
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸入関税の適用免除にすることにオープンな姿勢?


 米国商務長官の
   ロス氏
は、北米自由貿易協定(NAFTA)を米国と再交渉しているメキシコとカナダに加えて他の国も輸入関税の適用免除にすることにオープンな姿勢を示唆した。

 トランプ大統領はカナダとメキシコとの間で何かまとめられれば適用除外になると示唆している。
 また、他国も同様のベースで適用除外になる可能性は想像できないことはないとインタビューで述べた。


 
 

    
posted by manekineco at 04:49| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KeyH(4712) 株主優待を強化



 KeyH(4712)は平成29年3月期の株主優待では3500株以上を保有される株主を対象として
   サロンチケット一律2枚
を贈呈していた。
 
 30年3月末日時点の株主名簿に記載された2000株以上保有の株主を対象へと変更すると報じられた。


 電子部品の太陽誘電は26日、アルミ電解コンデンサーなどを手掛けるエルナー(6972)を4月上旬にも子会社化すると発表した。 
 
 

   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする