2018年03月16日

中国のハッカー集団 エンジニア・国防関連企業を主な標的に活動を活発化

     
 米国のサイバーセキュリティー会社
   ファイア・アイ
の調査によると、中国のハッカー集団が、領有権で対立が続く南シナ海に関係する米国の
   エンジニア・国防関連企業
を主な標的とする一連のサイバー攻撃を開始していることを明らかにした。

  
 ファイア・アイは、サイバー空間でスパイ活動を行う
   「TEMP.Periscope 」
と呼ばれるグループを13年から監視している。

 この集団は中国政府の利益になる情報の収集を目指しているもよう。
 ファイア・アイのシニアアナリスト
   フレッド・プラン氏(ロサンゼルス在勤)
は、南シナ海に関係するか、顧客が南シナ海で操業している米国の海事関連会社が主な攻撃対象になっているとメディアの取材で語った。

 プラン氏によると「TEMP.Periscope 」は
   戦略的に利用可能
なデータを求めており
   国家のスパイ活動
と一致すると指摘した。
  

 民間会社がそうしたデータから利益を得ることは恐らくないだろうと続けた。

 「TEMP.Periscope 」のハッカーらは、開発中のシステムが
   海上での活動
をどの程度正確に感知できるかや
   レーダーの探知範囲
といった分野の情報を狙っており
   サイバー攻撃
は増加ペースが先月加速し、それが続いているという。
  

 
 

    
posted by manekineco at 19:45| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SMN(6185) 1株を2株に株式分割



 SMN(6185)は1株を2株に株式分割、基準日は3月31日などと報じられた。
   

 
 

   
posted by manekineco at 19:31| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24カ国・地域 と16件の自由貿易協定(FTA)を締結(中国)


 中国商務部の副部長で国際貿易交渉副代表を兼任している
   王受文氏
は11日に行われた
   第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議
の記者会見で、中国はこれまでに
   24カ国・地域
と16件の自由貿易協定(FTA)を締結したことを明らかにした。
 
 また、周辺に軸足を置き
   一帯一路(the Belt and Road)
に波及し、世界に向き合う姿勢だといえると続けた。


 中国とASEANとの貿易額は17年に
   5000億ドル(約53兆円)
に上り、中国−ASEAN間のFTAが実施された1年目の6倍に達した。
 
 FTA実施以前は、中国はASEANにとって5番目の貿易パートナーだった。
 今は最大の貿易パートナーに躍進したことも明らかにした。

 対外交渉とFTA締結が中国の対外開放の重要な内容と説明し、世界各国との交流・協力の拡大にも大きな役割を果たしていると続けた。
 
 今後はFTAネットワークの構築をさらに加速させていくことを明らかにした。
 

 FTAの16カの対象国には、中国周辺の国もあれば、パキスタン、ジョージア、ペルー、チリなど「一帯一路」参加国も含まれている。
 
 また、中国のFTAネットワークには先進国も発展途上国も含まれる。

 
 中国とFTAパートナーとの貿易投資関係の発展ペースは非FTAパートナーとの発展より速い状況が見られる。
 
 
   
 

   
posted by manekineco at 18:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「公文書管理・行政の在り方」などをテーマとする集中審議


 参院財政金融委員会で
   麻生財務相
は15日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する
   決裁文書
を財務省が書き換えていた問題を巡り、問題に関わった財務省理財局以外にも書き換えがないか調べるよう、省内に
   業務全般
を調査対象に指示したことを明らかにした。

 麻生氏は「基本的にないと思うが、再確認するように言い渡している」と述べた。
 その上で、「書き換えは財務省で起きた話だ。書き換えが行われた経緯についても明らかにする」と語った。

 
 与野党は15日の参院予算委員会理事会で
   「公文書管理・行政の在り方」
などをテーマとする集中審議を19日に行うことで合意した。
  
 なお、安倍首相や麻生氏らが出席する予定。

 理事会では、野党側が前国税庁長官
   佐川宣寿氏
の証人喚問を速やかに実現するよう求めたが、与党は喚問の時期について明言を避けた。




 

   
posted by manekineco at 05:32| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インタアクション(7725) 海外の取引先より大口の受注。



 インタアクション(7725)は、海外の取引先より大口の受注。
 受注金額1億1500万円だが、詳細につきましては取引先との取り決めにより非開示。

 本件の売上については19年5月期第1四半期に計上を予定。

 そのため、18年5月期通期連結業績に与える影響はないと報じられた。

  
 

 

   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする