2018年03月18日

英露の応酬激化


 
 英国でロシア人元二重スパイで発生した神経剤による殺害未遂事件で、英政府によるロシア外交官23人の国外退去処分にロシア側が報復措置を取った。
 
 テリーザ・メイ英首相は17日、「次の段階を検討する」と表明した。

 ロシア外務省はこれを受け、英国による
   「さらなる非友好的行動」
があった場合、ロシアはそれに
   「報復する権利を有する」
と警告した。

 メイ首相は14日、ロシア政府に事件の「責任がある」とし、英国に駐在するロシア外交官23人を国外退去処分とするとともに、高官級でのロシア側との接触を停止すると発表していた。

 ロシア外務省は17日、英国政府が事件をめぐり
   「挑発的な」措置
を取ったと主張したうえ、報復措置を発表した。
 
 ロシア駐在の英国外交官23人を国外退去処分とする。
 このほか、同国第2の都市サンクトペテルブルクの英国総領事館を閉鎖すると表明した。

 また、英国のローリー・ブリストー駐ロシア大使を召喚後、報復措置の一環として、ロシア国内にある英国際文化交流機関
   ブリティシュ・カウンシル
を閉鎖すると発表した。
 
 
 メイ首相は自身が率いる保守党の集会で、英政府は
   「報復措置を予期していた」
と述べた上で、「今後数日中に、同盟国や協力国と共に次の段階を検討する」と発言した。
  
 
 ロシア側の動きに強硬な反応を示したかたちだ。

 また、英国が国連(UN)で行ったロシア非難を繰り返したうえ、英国で実行された神経剤による襲撃は
   「国際法および化学兵器禁止条約(CWC)への目に余る違反」
であると主張した。

 このほか、英国民および英国国土にいる他国民の生命に対する
   ロシア政府からの脅威
を決して看過しないと言明した。
 
 ロシアの攻撃は、英国を定義する自由・民主的価値と正反対のものだと述べた。 
  


ひとこと

 ロシアゲートなどで支持率が大きく低下しているトランプ大統領だが、英国も離脱交渉で問題が急激に拡大し経済力が低下する可能性もある。

 ロシアの謀略なのか、オルガルヒが勢力を拡大させてきたなかで裏の汚い仕事をさせてきた者からの反発なのか判らない。


    
 

   


  
posted by manekineco at 06:07| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤーマン(6630) インバウンド(訪日外国人)需要を追い風



 美容家電を手掛ける
   ヤーマン(6630)
が14日発表した2017年5月〜18年1月期の連結決算は、純利益が
   28億円(前年同期比+55%)
だった。

 インバウンド(訪日外国人)需要を追い風に、主力の美顔器や痩身機器の販売が伸びた。
 広告宣伝費などのコスト削減も進み、同期間として過去最高を更新したと報じられた。 

ひとこと

 中国からの観光客も初めての観光客の割合は減少傾向にあり、従来型の爆買いは余り騒がれ無くなってきている。訪問先も地方都市に拡大し、消費動向も買うということから体験型の旅行に変化してきている。 


    

 


    
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナミックN(3939) カナミッククラウドサービスの販売が好調に推移



 カナミックN(3939)は18年9月期第2四半期累計期間における業績予想で、18年4月の法改正を見越した顧客需要の伸びに伴いカナミッククラウドサービスの販売が好調に推移した。
 売上高は前回発表予想を上回る見通しとなった。

 利益率の高いカナミッククラウドサービスの売上高が当初予想を上回る見通し。
 予定していた投資時期が下期に変更となるなどの影響により、営業利益、経常利益および純利益とも、当初予想を大きく上回る見通しである。2018年9月期第2四半期累計業績は、売上高、営業利益、経常利益、純利益の全ての項目において、従来予想を上回る見通しとなっている(1株を2株に株式分割も決定)と報じられた。

  
 

 

   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする