2018年03月24日

コンシューマー・ヘルスケア部門の魅力は低そう


 米製薬会社ファイザーの鎮痛薬「アドビル」やビタミン剤「セントラム」は、同社が考えていたほど魅力的ではなかった。

 なお、同社はこれらブランドの製品を手掛けるコンシューマー・ヘルスケア部門の売却を計画していた。

 
 先週まず英レキットベンキーザー・グループが部門買収を巡る協議を成果なく終了した。
 
 続いて英グラクソ・スミスクラインが応札プロセスから撤退した。
 
 
 コンサルティング企業ノバセクタのパートナー
   ジョン・ラウントリー氏
は、メディアの取材で今回の展開から「コンシューマー・ヘルスに対する製薬大手の姿勢が伝わってくる」と指摘した。
 
 コンシューマー・ヘルスは製薬事業ほど収益性が高くないという厳しい現実に直面していると語り、コンシューマー・ヘルスには、収益性の点でもともと魅力に欠ける部分があると続けた。
 
  
 
 

   
posted by manekineco at 16:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなに長い間米国を利用できたことは信じられないという思い?


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は22日(現地時間)、ホワイトハウスで安倍首相について
   「素晴らしい人で、友人だ」
とリップサービスで褒めながらも、首相を含む各国首脳らは自身との面会時に「ほほえみを浮かべている。そのほほえみの裏には、こんなに長い間米国を利用できたことは信じられないという思いがある」と発言した。
 
 「そうした日々は終わる」と日本との貿易不均衡の是正に意欲を示した。  
 

 希望の党の
   長島昭久政調会長(元防衛副大臣)
は20日、ブルームバーグのインタビューで、日米両首脳の関係性について
   「安倍首相の片思いだったのかもしれない」
との見方を示した。
  


ひとこと

 米国政府等がこんなに長い間日本を利用できたことは信じられないという思いもあるだろう。


 
 
   
   
     
  
posted by manekineco at 15:20| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「リスクのカバー 」に必要な銀行資本要件の緩和



 米連邦準備制度や欧州中央銀行(ECB)など国際銀行監督当局者で構成するバーゼル銀行監督委員会は22日、トレーディング業務から生じる
   リスクのカバー
に必要な銀行資本要件の緩和につながると期待される最終規則の修正案を公表した。

 金融監督当局への届け出によれば、市場リスク規制の対象となる
   リスク加重資産
は、米国の大手金融機関
が2017年末時点で
   約870億ドル(現在の為替レートで約9兆1200億円)
あり、ドイツ銀行は約310億ユーロ(同約4兆円)という。


 国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は、修正案を歓迎すると電子メールで配布した発表文でコメントした。
  

 
  


   
   
posted by manekineco at 15:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「リスクのカバー 」に必要な銀行資本要件の緩和



 米連邦準備制度や欧州中央銀行(ECB)など国際銀行監督当局者で構成するバーゼル銀行監督委員会は22日、トレーディング業務から生じる
   リスクのカバー
に必要な銀行資本要件の緩和につながると期待される最終規則の修正案を公表した。

 金融監督当局への届け出によれば、市場リスク規制の対象となる
   リスク加重資産
は、米国の大手金融機関
   ゴールドマン・サックス・グループ
が2017年末時点で
   約870億ドル(現在の為替レートで約9兆1200億円)
あり、ドイツ銀行は約310億ユーロ(同約4兆円)という。

 国際スワップデリバティブ協会(ISDAは、修正案を歓迎すると電子メールで配布した発表文でコメントした。
  

 
 

   
posted by manekineco at 15:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID(4709) 18年1月にフェスを連結子会社化



 ID(4709)の18年3月期通期連結業績予想における売上高は、18年1月にフェスを連結子会社化したことで増加する見通し。

 また、収益面でも、ソフトウエア開発における不採算案件が、プロジェクトマネジメントの効果で想定よりも利益率が改善し納品できた。

 コンサルティング子会社の売上総利益率も改善し、営業利益、経常利益ともに前回発表予想を上回る見通しと報じられた。

 
 
  
     

   
posted by manekineco at 09:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イオンファンタジー(4343) 主力のクレーンゲームが人気



 商業施設でゲームセンターや室内遊園地を手掛ける
   イオンファンタジー(4343)
は18年2月期の連結営業利益が
   約60億円(前期比+6割)
になったようだ。

 4期連続の増益で、従来予想(33%増の50億円)を10億円ほど上回った。


 07年2月期の過去最高益(49億円)を11期ぶりに更新した。
 主力のクレーンゲームが人気を集め、メダルゲームも好調だったと報じられた。
   

 
 

   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする