2018年04月19日

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に所属していた計300人以上に対し死刑判決


 
 イラクの裁判所は、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に所属していた計300人以上に対し
   死刑判決
を言い渡した。

 このうち97人は外国人戦闘員だという。

 イラクの司法筋が18日、メデイアの取材で明らかにした。


   


 裁判はISが拠点としていた同国北部モスル近郊の裁判所、および首都バグダッドの裁判所で開かれていた。

 バグダッドの裁判所では特に、外国人と女性に対する審理が行われていた。


 司法筋によれば、バグダッドでは今年1月以来、外国人傭兵97人に死刑判決を下し、185人に終身刑を言い渡した。

 判決を受けた女性の大半がトルコや旧ソ連地域の国々出身。


 最高裁判所の報道官は声明で、モスル近郊のテルキーフの裁判所は、212人に死刑、150人に終身刑、341人に有期刑を言い渡したと発表した。



 

   
posted by manekineco at 04:50| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする