2018年05月17日

政権維持の思惑を放置させるな!!



 北朝鮮は16日、米国が
   核兵器の放棄
の交渉で「一方的な要求」をするなら、来月の
   米朝首脳会談開催
を再考すると警告した。
   
   
   
    
  
 国営朝鮮中央通信(KCNA)は北朝鮮の
   金桂冠第1外務次官
が、米国の
   最近の挑発的なコメント
に失望したと述べたとの談話を伝えた。

 
 この談話ではボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が北朝鮮の非核化で、段階的ではなく一気に進める
   「リビア方式」
を主張したとの発言に「嫌悪」を感じ、拒否すると言明した。


 米国が一方的な核廃棄を強要し、北朝鮮を追い詰めようとするなら、われわれは対話への関心を失い、今回の首脳会談に応じるかどうか再考せざるを得ないと主張してみせた。


ひとこと

 金日成の「悪だくみ」でライバルを全て粛清し、横領し私物化した北朝鮮の政治体制を放置するにしても、永久ではないだろう。
 古代王朝における政権交代と同様の粛清が継続している。
   
   
   
    

 経済支援による、当然ながら外部からの観光客との接触が増えるため、自由主義的な思考が拡散することとなり、情報統制の箍が緩んで北朝鮮の金正恩の首は斬首作戦の実施がなくても、ルーマニアのチャウシェスクと同様の末路を迎えるだろう。



       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

   


 

     

   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

設備投資がマイナスだったのはサプライズ


 SMBC日興証券のチーフマーケットエコノミスト
   丸山義正氏
はメディアとのインタビューで設備投資がマイナスだったのはサプライズだと指摘したうで、マイナス局面は「踊り場」であり、「長く続くとはみていない」と説明した。 

 また、米国を中心に「世界経済の堅調は続く」と予想し、設備投資も回復を見込む。
 今年は日銀が政策を変更する可能性は低いと指摘した。

  


 

   

    
posted by manekineco at 21:35| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ銀行とコメルツ銀行とが合併協議を再び行うには複数年がかかる。


 英国の大手金融機関のバークレイズのアナリスト
   アミット・ゲール氏
はドイツ銀行とコメルツ銀行とが合併協議を再び行うには複数年がかかり、巨額の増資と国内顧客以外を対象とした投資銀行業務からの撤退が必要となるだろうと指摘した。
   
   
   
    

 両行の合併が実現すればコスト削減効果があり金融システムに対するシステミックリスクも小さくなる。

 また、合併後の有形株主資本利益率(ROTE)は2020年に9%前後になり得ると試算した。

 ドイツ銀行単独ではせいぜい2%だという。

 しかし、交渉には「長い年月」がかかり、投資銀行縮小のほか
   約140億ユーロ(約1兆8300億円)
の増資が必要になるだろうと見積もった。


 
  
   

     

   
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の独景況感指数の期待指数 マイナス8.2

 

 欧州経済研究センター(ZEW)が同日発表した5月の独景況感指数の期待指数は前月から変わらずのマイナス8.2だった。

   
   
   
    
 
 ZEWは貿易を巡る懸念と
   イラン核合意
からの米国の離脱、原油高が見通しに「影を落としている」と指摘した。

 同日に発表された1−3月のユーロ圏GDP改定値は前期比0.4%増と速報に一致した。
 ただ、前四半期の0.7%増から大きく低下した。


 
    
posted by manekineco at 05:24| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡散臭い北朝鮮の口車に乗る韓国などの愚者大統領では...


 韓国の聯合ニュースによると、韓国政府は17日に
   国家安全保障会議
を開催し、北朝鮮問題を協議することを決めた。 

 この数週間、米国が対北朝鮮制裁を緩和するのに必要な措置を巡り、緊張が高まっていた。

 トランプ政権は金委員長に対し、何らかの見返りを得る前に核兵器を放棄するよう求めている。
 より多くの資金や技術協力など無償あるいは低価格の費用で賄おうとする打算的な金委員長は席を蹴るツールを残した意図があるため、もっと段階的なアプローチを望んでいる。

 KCNAはこの日の早い時間、韓国との会談を「無期」延期すると通告した。

   
   
    
  
 定例の米韓空軍の合同訓練「マックスサンダー」など「不適切な行為」を理由に挙げ牽制した。  

 その後、公表された北朝鮮の
   金桂冠第1外務次官
のコメントは、米朝首脳会談に向けた米国の姿勢全般に北朝鮮が不満を抱いており、特にボルトン氏のリビア言及に強く反発していることを示唆した。

 核保有国である北朝鮮と、核開発の初期段階にあったリビアを比較すること自体が極めてばかげていると主張した。

 米国は北朝鮮の寛大さと寛容な措置を弱さの表れと誤認ししていると主張。
 あたかもこれが米国の制裁と圧力の産物だと誇張、喧伝と続けた。
 


  

    
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

アジア通貨は勝ち組だが、低金利政策を継続させる日銀は日本の資産を安売りする動きのままだ。


 オーストラリア・コモンウェルス銀行は中南米発の危機が深刻化した場合、アジア通貨は他の新興国通貨と比較して健闘すると指摘した。


 アジア新興国の中でも経済活動が低調で経常赤字国の一つでもあるインドネシアの通貨ルピアは他の通貨に比べて脆弱なままだ。
 こうした一部の例外もある。


 アルゼンチンとトルコで深刻な通貨売りをもたらした危機では
   感染リスク
が比較的少ない本質的に特異なケースであることを示唆しているという。
  

  
 米国のトランプ政権による経済政策により
   インフレ率上昇
と世界貿易の緊迫化から新興国資産は
   年初来の上昇
をほぼ帳消しにしたものの、先週上昇に転じている。

 なお、新興国・地域の4−6月(第2四半期)のベストパフォーマンス通貨10のうち7つをアジア通貨が占めた。


 アジア通貨は勝ち組だ。

 シンガポールを筆頭に日本を除くアジアの主要9カ国・地域のうち6つが
   経常黒字
となっており、台湾とタイでは国内・地域の経済規模の10%を超えた。
    

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

   
続きを読む
posted by manekineco at 09:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧ソ連製の旅客機「イリューシン62」を専用機として使う?

  

 ロシアメディアによると、米朝会談でシンガポールにに向かう飛行機としてきた朝鮮の金委員長は旧ソ連製の旅客機「イリューシン62」を専用機として使う見通し。
   
   
   
    

 
 なお、撃墜や機体のトラブルを回避するため、中国国内を飛行するともいわれている。
 
 会談場所はシャングリラホテルになる可能性が高い。
 
 毎年アジア安全保障会議がシャングリラホテルで開催されるなど国際会議の開催経験が豊富で、物流や安全確保の観点からも最適とみられている。
 


 

   
posted by manekineco at 05:44| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

中国の歴代王朝に対する従属国?


 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は
   中国の歴代王朝
に対する従属国となった経験はあるのだろうかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事によると、中国には日本が古代中国の従属国だったと主張する人もいると主張した。
 一方で、宗主国と従属国に関する概念は複雑だと指摘している。
   

   
    
  
 日本が中国の従属国だったという一部の見方は正確ではないと記述したうえ、日本と中国王朝が宗主国と従属国の関係であったかどうかは非常に曖昧だと論じた。

 現代より前の東アジアでは中国と周辺国の関係は「上下関係」があったとの見解を示し、これは、中国の各王朝が自らを守るために国境周辺の国に積極的に介入してきたのが背景にあると指摘した。


   


 李氏朝鮮や中央アジア諸国など明確な従属国もあったが、日本に対しては中国の各王朝の影響力は限定的であったと指摘した。

 それは海で隔てられた日本に対して脅威を抱く必要がなく、各王朝も日本に対して積極的に介入する必要がなかったためと結んだ。
 それゆえ日本は中国各王朝の従属国ではなかったのだと続けた。


 一方、日本は長期にわたって古代中国に学び、日本が過去の王朝に対して朝貢していた時期もあったと指摘した。
 ただ、朝貢の事実だけで宗主国と従属国の関係が成り立つわけではないもの強調したうえ、これが事実であると論じた。


ひとこと

 中国の人口は巨大だが、異民族に繰り返し占領され征服王朝の期間が長い。

 中国が漢民族と呼ばれる
   中原地域の民族
という本質よりも、異民族により長期間王朝が継続したことで同化している
   複合民族国家
であり、大多数が漢民族としているが、客家が狭義の漢民族という見方もある。 

 満州族の清朝や蒙古族の元朝のみならず、部分的な占領の王朝は多くが異民族が打ちたてた王朝であった。


 
  


   
    
posted by manekineco at 11:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする