2018年05月16日

設備投資がマイナスだったのはサプライズ


 SMBC日興証券のチーフマーケットエコノミスト
   丸山義正氏
はメディアとのインタビューで設備投資がマイナスだったのはサプライズだと指摘したうで、マイナス局面は「踊り場」であり、「長く続くとはみていない」と説明した。 

 また、米国を中心に「世界経済の堅調は続く」と予想し、設備投資も回復を見込む。
 今年は日銀が政策を変更する可能性は低いと指摘した。

  


 

   

    
posted by manekineco at 21:35| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ銀行とコメルツ銀行とが合併協議を再び行うには複数年がかかる。


 英国の大手金融機関のバークレイズのアナリスト
   アミット・ゲール氏
はドイツ銀行とコメルツ銀行とが合併協議を再び行うには複数年がかかり、巨額の増資と国内顧客以外を対象とした投資銀行業務からの撤退が必要となるだろうと指摘した。
   
   
   
    

 両行の合併が実現すればコスト削減効果があり金融システムに対するシステミックリスクも小さくなる。

 また、合併後の有形株主資本利益率(ROTE)は2020年に9%前後になり得ると試算した。

 ドイツ銀行単独ではせいぜい2%だという。

 しかし、交渉には「長い年月」がかかり、投資銀行縮小のほか
   約140億ユーロ(約1兆8300億円)
の増資が必要になるだろうと見積もった。


 
  
   

     

   
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の独景況感指数の期待指数 マイナス8.2

 

 欧州経済研究センター(ZEW)が同日発表した5月の独景況感指数の期待指数は前月から変わらずのマイナス8.2だった。

   
   
   
    
 
 ZEWは貿易を巡る懸念と
   イラン核合意
からの米国の離脱、原油高が見通しに「影を落としている」と指摘した。

 同日に発表された1−3月のユーロ圏GDP改定値は前期比0.4%増と速報に一致した。
 ただ、前四半期の0.7%増から大きく低下した。


 
    
posted by manekineco at 05:24| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡散臭い北朝鮮の口車に乗る韓国などの愚者大統領では...


 韓国の聯合ニュースによると、韓国政府は17日に
   国家安全保障会議
を開催し、北朝鮮問題を協議することを決めた。 

 この数週間、米国が対北朝鮮制裁を緩和するのに必要な措置を巡り、緊張が高まっていた。

 トランプ政権は金委員長に対し、何らかの見返りを得る前に核兵器を放棄するよう求めている。
 より多くの資金や技術協力など無償あるいは低価格の費用で賄おうとする打算的な金委員長は席を蹴るツールを残した意図があるため、もっと段階的なアプローチを望んでいる。

 KCNAはこの日の早い時間、韓国との会談を「無期」延期すると通告した。

   
   
    
  
 定例の米韓空軍の合同訓練「マックスサンダー」など「不適切な行為」を理由に挙げ牽制した。  

 その後、公表された北朝鮮の
   金桂冠第1外務次官
のコメントは、米朝首脳会談に向けた米国の姿勢全般に北朝鮮が不満を抱いており、特にボルトン氏のリビア言及に強く反発していることを示唆した。

 核保有国である北朝鮮と、核開発の初期段階にあったリビアを比較すること自体が極めてばかげていると主張した。

 米国は北朝鮮の寛大さと寛容な措置を弱さの表れと誤認ししていると主張。
 あたかもこれが米国の制裁と圧力の産物だと誇張、喧伝と続けた。
 


  

    
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする