2018年05月28日

米朝会談の行方


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、北朝鮮の朝鮮労働党委員長で国務委員長の
   金正恩氏
と軍事境界線がある板門店の
   北朝鮮側施設「統一閣」
で26日に開いた会談について、金委員長は
   朝鮮半島の非核化
への確固たる意志をあらためて明確に示したと述べた。
   
 また、米韓首脳会談でトランプ大統領は北が非核化する場合、敵対関係を確実に終息させるだけでなく、経済的な繁栄まで支援する意志を表明したと続けた。
  
 
 こうした意志を金委員長に伝え、直接的な意思疎通で相手の意志を確認するよう促したと強調した。
 米朝首脳会談については、会談の準備に向けた実務交渉が始まると承知していることを明らかにした。
 
 6月12日の米朝首脳会談が成功裏に開催されるかどうかは議題に関する交渉を含む実務交渉がいかに順調に行われるかにかかっていると思うと説明した。
 
 米朝は相手が何を望んでいるかを明確に認識している中で会談開催を推進していると指摘し、実務交渉と本会談の成功に期待を示した。



ひとこと

 米朝会談が成功した場合、経済的な支援を誰が行うのかが難題であり、資金的な裏付けで日本から資金を出させるような圧力があるだろう。
 日本の安倍政権はトランプ政権の場あくアップを受けたい一心で何度も首脳会談を行っている状況だが、日本の国益に沿った形かどうかは疑問のあるところ。

 対等的な外交交渉を放棄し続けている政治家が増加し、有能な政治家や官僚の域の根を止めるような醜聞がマスコミを使って行使され骨抜き状態の官僚組織も媚び諂う集団と化しかけている。

 中国の覇権の出鼻を挫く戦略から言えば、北朝鮮への経済支援を強化して、中国の影響力を排除することも可能だ。
 太平洋地域への軍事進出も、中国国内に置ける総数民族のほか意図的に漢民族として扱われている遊牧民族由来の国民の過去の歴史を知らせるようにもなれば自決権や自治権の要求が強まり、内部的な動揺を誘うことも可能となる。

 中国の内部が動揺すれば、外部への軍事的脅威は低下することにもなる。
 
 
    
   
  

     
   
posted by manekineco at 04:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする