2018年06月12日

「異なる体制保証」とは?


 米朝首脳会談を前に、米国のポンペオ国務長官が会見を行った。
 
 会見では米朝の実務者協議が「急速に進んでいる」と明らかにした。

 実務者協議は午後も行われ、現在も続いていると述べたうえ
   「急速に進んでいる。予想より早く、理にかなった結論」
に達する見通しであると説明した。
  

   

   
 また、北朝鮮に対し、米国がこれまでに提示したものとは
   異なる体制保証
を与える用意があると表明し、北朝鮮にさらなる歩み寄りを求めた。
  
 その上で、北朝鮮は
   「以前にも非核化の意思」
を示してきたと指摘したうえ、12日の首脳会談で「本当かどうか確かめたい」と期待感を示した。
  
 一方、米国が受け入れられるのは
   「完全な非核化」
だけだと指摘したうえで、それまでは
   制裁を維持する方針
に変わりがないと改めて強調した。
  
 また、「外交が正しい方向に進まない場合は制裁が増えるだろう」とけん制する発言を加えた。

  

ひとこと

 「異なる体制保証」とはいったいどのような体制の保障か気になるところ。
 中国が背後で暗躍していたが、こうした動きに対応した動きにもなり、一気に北朝鮮を中国の習近平の支配下から剥がす目論見かも。
 
  


   


    
   
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最大の焦点は、北朝鮮の非核化の行方



 米朝首脳会談がシンガポールで12日に開催されるが最大の焦点となるのは
   北朝鮮の非核化の行方
で、リビア方式と呼ばれる一括廃棄か段階的な廃棄のどちらを選択するのかということ。
  

   

    
 米朝政府の考え方の隔たりは埋まることを期待したいが、リビア方式以外は北朝鮮有利の合意でしかない。
 
 具体的な道筋が重要であり、背後に見え隠れするロシアや中国の既存の権益網との擦り合わせも必要になる。
 
 シンガポール入りした北朝鮮側の要人からは、米朝関係を正常化し、制裁緩和などの実利を得たいとの狙いが基本にある。
  
   
 シンガポールを訪れた北朝鮮の
   金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長
には、先日訪米した
   金英哲(キムヨンチョル)党副委員長
らが随行し、米朝関係を朝鮮戦争の延長線上に捉えている
   外交戦略
や、朝鮮戦争終結に絡んだ
   軍事分野の対米交渉
にも備えたいとの思惑が背景にある。


 英哲氏は1960年代、朝鮮戦争の
   軍事停戦委員会
の連絡将校を務め、米韓などとの交渉に従事しており軍事会談の専門家として知られる。
  
  
 元党幹部によれば、少佐時代に語った国連軍についての理路整然とした論陣に金日成(キムイルソン)主席が感動し、平壌に呼び、面会したという逸話がある。
 
    
 
   

  


    
posted by manekineco at 04:45| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真の狙いは?


 イラン外務省報道官は11日
   米朝首脳会談
について、米国の振る舞いや意図については懐疑的であり、極めて悲観的に見ている述べた。

 なお、イランと同様に核問題では米国と対立してきた北朝鮮に警戒を促した。
  
    
   
    
 
 報道官は「イランは朝鮮半島の平和と安定を望み、それに寄与する措置を歓迎する」と強調した。


 一方で、イラン核合意からの一方的な離脱を表明するなど、米大統領
   ドナルド・トランプ氏
の行動が「妨害や合意違反に依拠してきた」と批判し、北朝鮮に対して「米国の本質は楽観できるものではなく、注意深く対応すべきだ」と指摘した。


 
  


   
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする