2018年07月30日

物価上昇率の見通しを引き下げる方向


 
 読売新聞は29日付朝刊で、日本銀行が30、31両日に開く金融政策決定会合で
   物価上昇率
の見通しを引き下げる方向で最終調整していると報じた。

 2%の物価目標の早期達成が難しくなるため、大規模な金融緩和策を継続する方針という。


 同紙によると、2018年度は1.3%から1.0%程度に、19年度は1.8%から1%台半ばに引き下げる見込み。
 一方、政策委員は構造的な要因を除けば、景気回復に伴う物価上昇の勢い自体は失われていないとの見解をおおむね共有しており、物価を押し上げるための追加緩和策は見送る見通しという。


 


   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去最大規模のメディア分野の事業統合が実現に向けて前進



 米国大手総合娯楽産業企業ウォルト・ディズニーが
   21世紀フォックス
のエンターテインメント資産を
   713億ドル(約7兆9000億円)
で買収する計画が、両社の株主によって27日に承認された。
 
 これで過去最大規模のメディア分野の事業統合が実現に向けて前進することになる。
 
 ただ、中国の独占禁止当局による承認というハードルを市場では懸念している。
  
 

 

  
  
posted by manekineco at 04:47| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国海軍を代表する揚陸艦「独島(ドクト)」の建造過程で不正



 韓国CBS放送局は26日、「独島」を建造した韓進重工業が作成した
   内部文書
を入手し、韓国海軍を代表する
   揚陸艦「独島(ドクト)」
の建造過程で不正があったと報じた。

 
 海軍によると、「独島」建造は原則的に外注できないよう契約したが、この文書から、本艦契約の40%を外注すれば「予想費用減額は約336億ウォン(約33億円)」と書かれているとした。

 したがって外注で建造費用を減らしたのは韓進重工業の契約違反と解釈される。
 
 この文書には外注人材を嘱託職(臨時工)として採用する案も書かれていた。
 
 
 韓進重工業が臨時工を秘密裏に採用し、「独島」建造減額事由を海軍に知らせないというもの。
 このため、関連部署の「業務協力」と「秘密維持」を徹底すべきだと文書に書かれていた。

  CBSは韓進重工業側に文書の確認を要請したところ、韓進重工業側は「関連の記録が残っていないため確認できない。会社で作成した文書ではないとみられる」と答弁したという。

 
 ただ、CBSの取材によると、「独島」建造に参加した下請け会社の関係者はこの計画に基づいて「独島」が建造されたと証言しているとのこと。
  


ひとこと

 竹島を独島を呼び、敗戦中の日本領土を侵略し続けている韓国でもあり、胡散臭さはあらゆる分野で蔓延しているのが現状だ。

 史実を捏造して韓国民を洗脳し反日的な感情を醸成させているが、李氏朝鮮が清朝に朝貢し生口を差し出し続けてきたことや両班による搾取などは情報として持っているのだろうか。

 豊臣秀吉軍による朝鮮半島への軍事行動「文禄・慶長の役」で朝鮮半島で両班の横暴で抑圧されていた朝鮮人が秀吉軍に加わった史実もあり、その後、撤退しても100年近く朝鮮半島で各地で日本語が使われていたのをどう説明するのだろうか。 

 また、日韓併合が開明派が支持して行われ、大英帝国が植民地化したインドなどとは異なり、資金を投入して義務教育や衛生状態の向上を推し進めたことをどのように考えるのだろうか。

 伊藤博文が日韓併合を反対したのは、経費が掛かり過ぎるといった側面もある。

 単に植民地として、傀儡政権をつくらせ支配する手法など米国がフィリッピンで行ったことや英国がアフリカや東南アジア、インドで行ったことと同様にすれば費用が安価で莫大な利益を得ることが出来ただろう。



posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

ロシアW杯での成績で日本と韓国の明暗が分かれた。


 韓国メディアの「ニュース1」は24日、ロシアワールドカップ(W杯)後の
   欧州サッカーの移籍市場
では、日本選手に対する関心が集まっていると報じた。

 一方で、韓国選手に対するラブコールはほとんど聞こえてこないと続けた。


 この記事は、「ロシアW杯での成績で日本と韓国の明暗が分かれた」と論評した。

 韓国は1勝2敗でグループリーグ3位に終わったが、一方の日本は、アジア勢で唯一決勝トーナメントに進出し16強入りを果たした。

 こうしたW杯での成績は選手の移籍市場にも影響を与えたと指摘したものだ。


 韓国内のエージェントへの取材では「W杯でのパフォーマンスによって選手たちの年俸は大きく上下する。ドイツ戦では勝利したが、全体的に韓国代表の成績はかんばしくなかった」との見方を示した。


 W杯に出場した韓国選手のうち、海外リーグに移籍が決定したのはキ・ソンヨン(英プレミアリーグ、ニューカッスル・ユナイテッドFC)とチョン・ウヨン(カタールプロサッカーリーグ、アル・サッド)の2人だけ。

 韓国・Kリーグ出身の選手を初め、W杯で活躍した他の選手の欧州リーグ移籍の知らせは聞かれない。


 日本選手の海外移籍は活況を呈しており、すでに欧州で活躍している武藤嘉紀、柴崎岳、香川真司は欧州の他チームからの関心を集めている。

 Jリーグで活躍している昌子源にはフランス1部のストラスブールを初め、ドイツやスペインのチームも関心を示している。
 また、同じくJリーグの遠藤航と植田直通はベルギー1部リーグへの移籍が決まった。



ひとこと

 そもそも、韓国がWカップの予選でドイツに勝ったけど、2ゴールとも自分たちで作ったチャンスではなかった。

 実力以上の能力をひけらかす韓国選手の需要は膨らまないのは、韓国軍の実力や政府の交渉姿勢と同根だろう。

 歴史認識や日韓併合を問題視する姿勢も、当時の朝鮮半島の軍事バランスを意図的に認識しないよう排除しており、偏向的な教育が影響しているとも言える。



  
 

    
posted by manekineco at 06:21| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終戦宣言を戦略的に利用される可能性


 非核化をめぐる米国と北朝鮮の交渉は経済支援を引きだした思惑が背景にあるため遅々と進まない状況。
  
 
 韓国紙ハンギョレ新聞は27日、親北朝鮮政策を推進する
   文在寅大統領
が「再び仲裁者の役割に乗り出している」と報じた。

 今月初めに北朝鮮を訪問した米国の
   ポンペオ国務長官
は、北朝鮮の朝鮮労働党副委員長
   金英哲氏
に対して6月の米朝首脳会談の
   具体的な履行
を要求したが、金副委員長は朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換するプロセスとなる朝鮮戦争の「終戦宣言」に応じるよう主張し平行線をたどった。
 
 また、米側の具体的な措置がない限り
   非核化の進展は難しい
との考えを繰り返し主張したとされる。
 北朝鮮は「終戦宣言」により、戦争状態が解消されれば、米国が軍事力を行使しにくくなり、それが
   金正恩政権の体制保障
につながるとの思惑があるためだ。
 
 
 北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は23日、米国が最近立場を変え終戦宣言を「拒否している」と主張。
 
 また、北朝鮮との密約があるか不明だが、板門店宣言履行の義務があると主張して韓国当局も
   終戦宣言問題
を決して傍観してはならないと強調するなど、韓国にも圧力をかけた。



ひとこと

 終戦宣言を戦略的に利用される可能性があるだろう。

 米朝首脳会談の成果を引きだしたい思惑がトランプ大統領にもあるため、米韓軍事演習を延期しており、北朝鮮が突然軍事行動を起こした場合の指揮系統が機能しなくなる可能性が時間経過とともに大きくなる。

 経済支援を与えることで核廃絶のプロセスを進めたい文政権が障害になり、資金と時間を北朝鮮に与え、より強力な核兵器の開発を可能にしかねないともいえる。

 交渉の席を蹴ってしまうことは北朝鮮の政権維持には現状の国内経済の状況や軍部の不満からは不可能との指摘もある。
 ただ、政権の崩壊につながる蜂起が各地で起こる可能性もあり、微妙な状況に変わりはない。

 国境付近で偶発的な戦闘が起こる可能性は常にあるだろう。

 特に中朝国境付近の北朝鮮軍兵士の夜盗のごとき行為が中国側住民の反発を煽っており、中国公安の活動も強化されているようだ。
 この国境付近には北朝鮮の核開発にともない、100万人程度の中国軍が展開しており、金正恩が暴走するか、各地で蜂起が起こり北朝鮮政府が崩壊しる事態になれば、中国軍が進駐することになる可能性が指摘されている。

 
  
 
 

   
posted by manekineco at 06:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月間ユーザー数が前期比で100万人減り、さらなる減少を予想。



 米国のSNSツイッターは4−6月(第2四半期)に月間ユーザー数が前期比で100万人減り、さらなる減少が予想される。
 
 この発表を受け、ニューヨーク市場寄り付き前の時間外取引で株価は一時17%安に沈んだ。
  
 27日の発表によると、4ー6月の月間アクティブユーザー数は3億3500万人だ。
 なお、1−3月は3億3600万人だった。
 
 前年同期比では2.8%増加したものの、7−9月(第3四半期)も減少が続くと予想した。
 
 
 この減少見通しについて、悪意あるツイートを一掃する取り組みの強化や欧州のプライバシー規則厳格化、ショートメッセージ(SMS)を通じたサービスの利用に変化が現れていることを理由に挙げた。
 
 純損益は3四半期連続の黒字を確保した。
 
 
 ただ、7−9月のEBITDA(利払い・税金・ 減価償却・償却控除前利益)見通しは最大2億3500万ドル(約261億円)で、アナリストの予想である2億6800万ドルに届かなかった。
  
 4−6月の売上高は24%増の7億1050万ドルと、アナリスト予想の6億9730万ドルを上回った。
 
 調整後1株利益は17セント、アナリスト予想は16セントだった。


 
 


  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

瀾滄江―メコン川流域全体の治安環境を改善


 中国は5〜7月末まで
   メコン川「平安航路」合同麻薬取締キャンペーン
の2018年第2段階行動を引き受けているという。


   
  
 中国とラオス、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジアの6カ国は26日に雲南省景洪市で2018年「平安航路」合同麻薬取締キャンペーン総括集会を開催し、24日時点でメコン川流域の麻薬刑事事件1万1千件を摘発したことを明らかにした。
 
 また、キャンペーン期間において容疑者1万5千人を逮捕し、各種麻薬17・6トン、各種麻薬製造用化学品330・59トンを押収した。


 同キャンペーンは、メコン川流域で長期にわたり深刻な脅威となっている麻薬犯罪活動に再び大打撃を与え、関連するほかの犯罪の横行を抑え、瀾滄江―メコン川流域全体の治安環境を改善したという。
  
 
   

   


    
posted by manekineco at 10:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の安倍政権 末期的様相のトランプ米政権が検討する自動車の輸入制限への対応に苦慮


 日本の安倍政権がトランプ米政権が検討する自動車の輸入制限への対応に苦慮している。

 米国は関税交渉開始で合意した欧州には輸入制限を当面、発動しないことを約束した。


 ただ、日本への対応は不明なままだ。


 日米は8月上旬にも
   新たな貿易協議(FFR)
を開始するが、米側が日本車の輸入制限をちらつかせて
   2国間の自由貿易協定(FTA)交渉
を強く要求してくることが懸念される。


 世耕弘成経済産業相は近く訪米し、日系自動車メーカーの現地拠点の州で発動回避を訴えるが、足元を透かし見られた状況での交渉は市なん緒業だろう。


   
   
   
 世耕弘成経済産業相は近く訪米し、日系自動車メーカーの現地拠点の州で発動回避を訴えるが、足元を透かし見られた状況での交渉は市なん緒業だろう。

 世耕氏は27日の閣議後の記者会見で、日本企業による投資や雇用を通じた地元経済への貢献について関係者の理解を得たいようだが、大統領選挙中のロシア側の介入問題などで支持率が揺らぎ始めており、中間選挙を乗り切ることが難しくなっているトランプ氏は成果を膨らましたいため聞く耳を持たない可能性がある。

 8月4日までの日程で、日本の大手自動車や部品メーカーの現地工場などがある米中西部のインディアナ、オハイオ、ミシガンの各州を訪問。首長や労働者らと意見を交わし、日本企業が投資や雇用で米経済に貢献している実績をアピールする。


 経産省によると、現職の経産相が米中西部を訪問するのは異例のこと。

 これらの州はトランプ氏を支持する白人労働者が多い
   「ラストベルト(さびついた工業地帯)」
と呼ばれる地域で、世耕氏はトランプ流保護主義の“本丸”に飛び込んで、「輸入制限」回避の必要性を訴える構え。

 ただ、貿易摩擦での関税措置が中西部の農村部で大きな問題となっておりトランプ氏の政策を支持しない勢力が増えだしている。


 貿易赤字削減を掲げるトランプ氏は5月、米商務省に自動車・同部品の関税引き上げを判断するための調査を指示した。
 「8月中にも結果がまとまる」(ロス商務長官)といい、トランプ氏は調査結果を受けて90日以内に追加関税の適否を決める見通しだが、単純ではない。


 日本とは似て非なる対応で、自動車が基幹産業の欧州連合(EU)は25日の首脳会談で幅広い工業品を対象にした関税引き下げ交渉の開始で合意した。

 交渉期間中は米国が自動車輸入制限の発動を控える約束を取り付けており、トランプ一家に媚びる姿勢が顕著な安倍政権とは対応が異なっている。
  


ひとこと

 トランプ政権への逆風が続いており、反トランプ派が台頭すればリスクを飲み込む妥協は避けるのが筋だが、やや懐に入りすぎた政策が目立ちすぎる政権は国益には大きな逆風になりかねない。


   

  

   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする