2018年07月04日

「いすず 野あそび餅」


 
 三重県伊勢市おかげ横丁にあるの老舗和菓子店「赤福」は、名物の赤福餅に緑色のあんなどを加えた4色セット
   「いすず 野あそび餅」
を15日から販売するという。

 1707年の同社創業以来、異なるあんの定番商品は初めて。


 同市で昨春開かれた全国菓子大博覧会で期間限定販売した白あんと、黒砂糖を使った黒あんが好評を博した。
 「もう一度食べたい」との声に押され、大麦の若葉を練り込んだ緑あんも加え新商品にしたとのこと。

 8個入り税込み760円の4色セットは、手作りのため製造数は1日500個程度。

 購入日の7日前に、受け付け専用電話(0570・04・1707)に申し込むという。
 ショートメッセージができる携帯電話からの申し込みに限られ、応募者多数の場合は抽選。
 伊勢市内の五十鈴川店で買うことができるという。


 同社は「四季を通して野遊びを楽しむ、子どものような気持ちで作った。それぞれの味を楽しんで」としている。


 
 

  
posted by manekineco at 21:44| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人民元相場を合理的かつ均衡の取れた水準で基本的に安定を維持する。



 中国人民銀行(中央銀行)の
   易綱総裁
は3日、為替への姿勢について、「人民元相場を合理的かつ均衡の取れた水準で基本的に安定を維持する」と発言した。
  
 
 易綱総裁は人民銀のウェブサイトに掲載された中国紙、中国証券報の質問への回答で、「最近の外国為替市場は一定のボラティリティーを見せており、人民銀はこれを注視している」と語った。
 
 その上で、この変動は「主に米ドル上昇や国外の不確実性などの要因が引き起こしており、景気循環が増幅している部分もあった」と続けた。
 

 中国人民銀行(中央銀行)副総裁で国家外為管理局(SAFE)局長を兼任する
   潘功勝氏
は3日、人民元を合理的なレンジで安定させることに自信を持っていると述べた。6月半ばに元の下落が始まって以来、中国の金融当局者が為替について見解を明らかにしたのはこれが初めてとなる。
 
   
  

 

  
   
posted by manekineco at 07:12| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルギー検察 ブリュッセル郊外で30代のイラン系ベルギー人カップルを拘束



 ベルギー検察の発表によると6月30日、ブリュッセル郊外で30代のイラン系ベルギー人カップルを拘束した。
 
 車の中からは爆弾に使われる
   過酸化アセトン(TATP)500グラム
と起爆装置を押収した。
 
 また、2人と連絡を取っていた在オーストリア大使館勤務のイラン人外交官(46)をドイツで、別の容疑者1人をフランスで拘束した。
  
 
 AP通信によると、オーストリア外務省は
   刑事訴追免除の特権を持つ外交官
としての地位を48時間以内に取り消すとイラン側に通告した。
 また、イラン大使を呼び、捜査への協力を求めた。
 
 この4人は6月にパリ郊外ビルパントで行われたイランの在外反体制派組織
   「ムジャヒディン・ハルク」(イスラム人民戦士機構、MKO)
の集会でテロを計画した疑いが持たれている。 
 
 この集会には2万5000人近くが参加していた。
 
 
 AFP通信によると、集会にはジュリアーニ氏のほかトランプ氏に近いギングリッチ元下院議長が出席していた。
 
 ただ、MKOは2012年まで米国がテロ組織に指定していた経緯がある。
 
 
   

   


    
続きを読む
posted by manekineco at 06:40| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方軍区の兵士の反乱の芽を摘む?


  
 米国政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の情報筋は、北朝鮮が中国から
   大量のコメ
を輸入し、軍部隊に配給していることを伝えた。


   
  

 北朝鮮の「軍糧米」は本来
   有事の際の食糧
として備蓄しておくが、飢えた軍部の「歓心を買う目的」での配給としても使われてきた経緯がある。


 今回もそのケースと見られ、中国や韓国のみならず、国際社会からの食糧支援が今後行われると見込んでいるためだ。

   
 思い通りにトランプ政権と会談した成果を強調して、経済支援の拡大を先取りして備蓄米の放出を始めたもので大船に乗ったつもりでコメをばらまいたとの見方が主流だ。

 なお、今回の措置が全国的なものかは確認されていないが
   非核化と引き換え
に止まっていた食糧援助が再開されることで、配給が全国的に広がる可能性が高いと見られる。
 これまで遅配が続き不満が蓄積しているともいわれている地方軍区の兵士の反乱の芽を摘む可能性も指摘されている。


 配給再開の知らせに軍官の家族は大喜びと見られ、子どもを連れて各地の親戚や知人宅を訪ね歩き、食糧の無心をせざるを得なかった軍官の妻たちは、「これからさらによくなる」との期待感に満ちあふれていたという情報も流れている。



posted by manekineco at 06:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする