2018年08月08日

スイング・ステート(Swing State)で不人気

  
 
 米国オハイオ州第12区では8月7日、下院議員の
   パット・ティベリ氏
は同州コロンバスにある
   ビジネス系団体「オハイオ・ビジネス・ラウンドテーブル」
のCEOに就任するため今年1月16日付けで議員職を辞任したことから下院特別選挙が開催された。


   
   

 オハイオ州は「スイング・ステート(Swing State)」と呼ばれる選挙激戦区。

 2012年大統領選ではオバマ前大統領、2016年大統領選ではトランプ大統領が勝利を収めた。
 なお、今回特別選挙が行われる12選挙区は伝統的に共和党支持が厚い地区だ。
                                                                                   
 トランプ大統領の
   ロシア共謀疑惑捜査
と不人気な政策の数々、そしてそれに伴う支持率低下が進んでいる。

 なお、今回の選挙では民主党候補の
   ダニー・オコナー氏
が意外な大健闘を見せていた。


   
  

 米国の政治情報サイトのRealClearPoliticsによると、6月には9〜11ポイントの差で共和党候補トロイ・ボルダーセン氏がリードしていたにもかかわらず、7月26〜31日の調査ではその差が1ポイントまで迫っており、現在はほぼ差がなくなっている。


 トランプ大統領は4日オハイオ州に向かい、ボルダーセン氏のための応援ラリーを行った。

 ただ、同州訪問前にツイッターで、オハイオ州出身のNBA選手で地元で特に人気が高い
   レブロン・ジェームズ選手
を攻撃する記事を投稿した。

  
   
   

 レブロン・ジェームズがテレビ上で最もばかな男
   ドン・レモン
にインタビューされた。

 決して簡単なことではないが、レモン氏はレブロンを知性的に見せていた。

 私はマイク(マイケル・ジョーダンのことと思われる)が好きだ!」と投稿したため、セレブや他のスポーツ選手、政治家、ニュースキャスターなどから非難の嵐が吹き荒れた。


 8月5日付USA トゥデイ(電子版)によると、同州の
   ジョン・ケーシック知事(共和党)
は、トランプ大統領は
   郊外に住む女性
   ミレニアル世代
に人気がないと指摘、同大統領のせいで共和党候補が苦戦していると続けた。
   

   
  

 本来はスラムダンクでボルダーセン氏が勝つべき選挙が、トランプ氏の悪態で
   驚くほど接戦になっている
と苦言を呈した。


 ケーシック州知事は共和党員のなかでもいまだ「反トランプ」を貫く骨のある人物で。
 当然、地元では人気が高い。

 そのケーシック知事が、トランプ大統領のレブロン攻撃と、その直後の同州来訪が愉快になることはない。

 トランプ氏のツイッターでの発言で、オハイオ州における共和党の人気がさらに低下した。


 8月5日付のCNN(電子版)の報道によると、ボルダーセン氏は票の86%をトランプ大統領支持者から受ける。
 一方、オコナー氏は93%をトランプ大統領の不支持者から得ていると伝えた。

 素行の悪さを毛嫌いする有権者の投票行動から、トランプ人気が下がるにつれ、共和党候補当選のチャンスも比例して下がることになる。
  

   
  

 この特別選挙の結果は、総選挙の結果を予測する手がかりとなるとの分析だ。
 実際、これまで共和党支持層の厚いアラバマ州の上院特別選挙や、ペンシルバニア州第18区の下院特別選挙でも民主党が勝利を収めた。


 共和党支持者の多いオハイオ州第12選挙区特別選挙で、民主党のオコナー氏が勝利を収めれば、11月の総選挙で
   「ブルー・ウェーブ(Blue Wave、民主党の大勝利)」
に繋がっていくことになる。

 ただ、勝ち負けにかかわらず、スイング・ステートにおける共和党支持基盤が弱体化する事実には変化がない。



    

  
   
    
   

posted by manekineco at 20:12| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車への追加関税を「脅し」に使う可能性


 三菱総合研究所(MRI)のチーフエコノミスト
   武田洋子氏
は1日のメディアとのインタビューで、米国は日本に対し自動車への追加関税を「脅し」に使う可能性が強く、米国側の求める2国間のFTAに押し切られる可能性が高いと指摘した。

 「FTA交渉を避けたいなら、日本はカードをある程度出すしかない」と述べた。
 米国産エネルギーや防衛装備品の輸入拡大を切り札に米国の要求に対抗するとみる。 

  
posted by manekineco at 06:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

李 廷珪(り ていけい、生没年不詳) 10世紀前半の中国南唐の製墨家


李 廷珪(り ていけい、生没年不詳)

 10世紀前半の中国南唐の製墨家
 五代十国時代に南唐の後主と呼ばれた第3代(最後)の国主
   李U
に重用された廷珪の墨は
   李墨(りぼく)
と呼ばれ、卓越した品質で中国史上最高の墨と評されている。

 南唐では李m、李Uの2代にわたり
   文化・芸術
に熱心な君主が相次いだ。

 特に李Uの代には国内が安定し
   文化的産業
は国家的事業と言えるほどに発達した。

 文化が花開き中国史上最高と謳われる
   文房四宝(筆墨硯紙)
が作成された。

 この文房四宝のうち、墨を製造した廷珪は易水(現在の河北省保定市易県)の平民であった。
 本姓は奚といい、祖父は奚鼐(けいだい)、父は李超(りちょう、生没年不詳)という。

 唐末の混乱を逃れて父と共に易水の地を離れて歙州(現在の安徽省黄山市)に移り住んだ。

 歙州の松が製墨に良いとしてこの地で墨業を始め、徽墨(歙墨とも)の基礎を築いた。

 弟の李廷寛も製墨で名がある人物。


 廷珪が製造する墨の品質が卓越していたため李Uによって重用された。
 李Uは彼に「墨務官」という官位を新設して就任させた。

 また、国姓である「李」を授けた上、専用の工場を設立して最大限の援助を与えた。

 この後、廷珪の墨は「李墨」と称され、歴代の皇帝も非常に珍重した。
 このため「黄金は得やすく、李墨は求め難い」と言われるような貴重なものとなった。

 北宋の太宗(趙匡胤(ちょう きょういん) 初代皇帝)が翰林侍書の
   王著
に命じて内府所蔵の歴代の法帖の名蹟を編纂、上刻 (原本は木刻) させた「淳化閣帖」は廷珪の墨で拓したといわれている。

 時代は下り、清朝が安定しもっとも繁栄した時代、乾隆帝は李墨を入手した際非常に喜び、紫禁城内に「墨雲室」という専用の保管所を設置し最高級の至宝として蔵したという。


   
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | 語彙・語句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い戻しのタイミング


 米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社
   バークシャー・ハサウェイ
の手元現金が1110億ドル(約12兆円)に膨らんている。
  
 
 バークシャーが4日公表した4−6月(第2四半期)決算では
   買い戻す意思
のある株数や株価について詳述されなかった。
 
 
 先月の同社の発表によると、バフェット会長兼最高経営責任者(CEO)とチャールズ・マンガー副会長は自社株買い計画で、「バークシャーの本質的価値を控えめにみて下回る」価格を見いだす必要があると説明している。

 
 エドワード・ジョーンズのアナリスト
   ジム・シャナハン氏
はメディアとのインタビューで、彼らは自社株買い戻しの意欲と能力があると市場は信じている」と述べ、「株価が上昇して
   買い戻しの機会
が過ぎ去る可能性はあると指摘した。
 
 
  
  
   
    

   
   
posted by manekineco at 04:38| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境中にたまる廃プラスチックごみの量が、2050年には約120億トン

  
   
 経済協力開発機構(OECD)は世界でプラスチックごみの発生量が増え続け
   年間3億トン
を超えており、環境中に流出して
   観光や漁業
にもたらす悪影響などの損害が
   年間約130億ドル(約1兆4000億円)
に上るとの報告書をまとめた。

 また、環境中にたまる量も増えており、2050年には約120億トンに達すると予測した。


 OECDは「プラスチックの使用量増加や不適切な廃棄が環境に深刻な影響を及ぼしている」と指摘したうえ使用抑制やリサイクル強化のため、レジ袋など使い捨て製品の有料化や課税措置による量の抑制が必要であると指摘した。
 
 
   
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古墨(こぼく)


 文房四宝における墨の中で、製造されてから長い年月を経ているものを
   古墨(こぼく)
といい、品質の良い墨とされている。

 通常、唐墨は清時代までに、和墨は江戸時代までにつくられたものを古墨と呼ぶ。
 ただし、古墨は使用されることで価値があるが、使用されれば数が少なくなるため、今ではほとんど入手不可能であり、100年以上前の墨は古渡りものにたよる以外ないともいわれる。 


 
  
   
  


   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 語彙・語句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする