2018年08月29日

朝鮮半島での軍事演習中止措置の終了を表明


 
 米国防総省は28日、先の米朝首脳会談後に「誠意」を示すためとして設けていた
   朝鮮半島(Korean Peninsula)
での軍事演習の中止措置を終了すると表明した。


 ジェームズ・マティス国防長官は報道陣に対し「われわれは誠意から、最大規模の軍事演習の幾つかを中止する措置を講じていた」と説明した上で、「今後中止する予定はない」と明言した。

 一方、これまで北朝鮮の怒りを招いてきた朝鮮半島周辺域内での同盟諸国との軍事演習が直ちに再開されるとも言明せず、「われわれは交渉の行方を見守り、その上で今後どう進むかを判断する」と述べるにとどめた。


 6月にシンガポールで行われたドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談後、米国はトランプ大統領の同会談での約束を守るため、8月に予定されていた大規模な米韓合同軍事演習
   「乙支フリーダムガーディアン」
を含む「少数限定の」軍事演習の中止を発表していた。


 
  
   


   
   
posted by manekineco at 19:41| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投機と格下げの脅威


 
 イタリア紙スタンパによるとイタリアは国債を金融市場の
   投機と格下げの脅威
から守るため、欧州中央銀行(ECB)に期待していると伝えた。
 同国政府が新たな国債購入プログラムをECBに求めたと、同国匿名の当局者を引用して報じたもの。


 報道を受けてユーロは4営業日ぶりに値下がりした。

 スタンパによると、量的緩和(QE)型の新プログラムには必要なら別の名前を付けることも可能だと当局者は語った。
 ただ、詳細には触れなかったという。

 イタリア10年債相場は上昇し、利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.16%だった。


  
      
   
  
    
    
   
posted by manekineco at 19:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア人元スパイ襲撃事件を受け新たな制裁措置を打ち出す。


  
 米国はロシアに対して英国で3月に起きた
   神経剤
によるロシア人元スパイ襲撃事件を受け新たな制裁措置を打ち出し、詳細を発表した。

 こうした対応で、米ロ関係が悪化を続けていることを浮き彫りとなった。

  
 国務省が公表した今回の制裁措置は、ロシアへの
   外国支援
   武器売却
について残されているルートに狙いを定めた措置。
 
 また、輸出入銀行を通じたものを含め米国からロシアへのあらゆる信用供与を禁止する。
 これらの措置は米連邦公報に27日に掲載され、即時発効する。

 国務省によると、この制裁は「ロシアが国際法に違反し、自国民に化学兵器を使用した」と米政府が結論づけたことを受けて決定した。


    

  


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンピューターの使用拡大による経済効果


 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル議長
は、1990年代終盤に低金利を維持したとしてグリーンスパン元FRB議長の実績を称賛した。
 データとして現れる前に、グリーンスパン氏は
   コンピューター
の使用拡大によって創出された
   生産性ブーム
を認識していた。


 ワイオミング州ジャクソンホールで開催の
   年次シンポジウム
では24日、こうした比較が協議の目玉となった。
   

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル議長
は米国の生産性について、過去10年かそれ以上にわたって
   低い水準
が続いていると指摘した。

 議長の発言では米経済全般の効率性向上に低金利で対応したいとの意向が示唆された。
  
 
 
 

   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする