2018年09月04日

陰 麗華(いん れいか) 中国史上でも優れた皇后の一人


陰 麗華(いん れいか)

     5年 - 64年

 後漢の光武帝(劉秀)の皇后で明帝の母
 光烈皇后とも呼ばれる。

 異母兄に管中の末裔でもある陰識、同母弟に陰興、陰訢、陰就がいる。

 劉秀と同じ南陽郡(今の河南省と湖北省にまたがる)の新野県出身の豪族陰氏の娘。
 近隣でも評判の美女として、挙兵前の光武帝もあこがれていたといわれる。

 更始1年(23年)に劉秀に嫁いだ。

 建武1年(25年)に劉秀が即位すると貴人として洛陽に迎えられた。
 ただ、、光武帝が後に娶った郭昌の娘の
   郭聖通(郭貴人)
が先に男子の劉彊を産んでいた。

 光武帝は陰貴人を皇后に擁立したいと思っていたが、陰麗華は男子を産んでいないことを理由に断った。

 建武2年(26年)に劉彊は皇太子になたうえ、郭貴人が皇后に立てられた。

 建武4年(28年)に陰麗華は劉荘(2代目皇帝明帝)を産んだ。

 建武17年(41年)になると郭皇后がの自分勝手な性格から、光武帝に疎まれ、皇后を廃された。
 その後、陰麗華は皇后に、建武19年(43年)に劉荘は皇太子に立てられた。


 建武中元2年(57年)に光武帝が亡くなると、劉荘が即位したうえ陰麗華は皇太后となる。
 なお、陰麗華の生活は、皇后になってからも質素であった。

 また、親族が権力を握ることでトラブルが広がることがない様に政治に関与させないようにした聡明な女性であった。


 このため、明帝皇后の
   馬皇后
と並んで、中国史上でも優れた皇后の一人として称えられる。
 
  
  

  

   
posted by manekineco at 21:56| Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ大統領の仕事ぶりを評価しない米国民は60%

   
 ワシントン・ポスト(Washington Post 米紙)とABCニュースが実施した最新の世論調査によると、米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
について、米国人の60%が仕事ぶりを評価せず
   半数近くが弾劾を支持
していることが、8月31日に発表された米世論調査で明らかになった。
 なお、トランプ大統領の仕事ぶりを評価するとした回答者は36%だった。
 
 4月に行われた前回の調査では、トランプ大統領の支持率は40%だった。
 そのうち、今回の調査で56%が支持しないと回答していた。
 
 
 また、議会はトランプ大統領の
   弾劾手続き
に着手すべきかとの質問には、49%がすべきと回答した。
 一方で、46%がすべきでないとした。
 今回の調査は、調査は8月26〜29日に実施したもの。
 
 
 この週には、2016年米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めた
   ポール・マナフォート(Paul Manafort)被告
が虚偽の所得申告や銀行詐欺などの罪で有罪評決が下された。
 
 さらに、長年にわたって大統領の顧問弁護士を務めた
   マイケル・コーエン氏
が、トランプ氏と不倫関係にあったと主張する女性らへの口止め料の支払いを認めていた。
 成人1003人を対象に実施された調査の誤差の範囲はプラスマイナス3.5%という。



ひとこと
   
 米国民の支持を失い、弾劾裁判に進んでいるトランプ氏に媚を売る首相では、米国民の反感の対象になりかねず日本の国益を殺ぎかねない状況になりつつある。
  
  
   

   
  
 
posted by manekineco at 09:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアの格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げ。


 
 格付け会社フィッチ・レーティングスは、イタリアの格付け見通しを
   新政府の財政計画を巡る懸念
を理由に「ステーブル(安定的)」から
   「ネガティブ(弱含み)」
に引き下げた。

 なお、長期外貨建て発行体デフォルト格付けは「BBB」を維持した。
  
 フィッチは8月31日のリポートで「構造改革からの転換がイタリアの信用ファンダメンタルズに悪影響を与えるリスクが若干高まった。財政など政策リスクは、政治不安が比較的高いことによって一段と悪化している」と指摘した。
    
   
  

   
  
   
posted by manekineco at 07:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

党派を超えてマケイン氏の死を悼んだ。


 
8月25日に亡くなった米国議会の与党・共和党の重鎮
   ジョン・マケイン上院議員
の葬儀がワシントンで営まれた。

 オバマ前大統領やブッシュ元大統領などが参列し、党派を超えてマケイン氏の死を悼んだ。


 マケイン上院議員の葬儀は、1日、ワシントン大聖堂で営まれ、オバマ前大統領やブッシュ元大統領など、歴代の大統領や政権幹部が党派を超えて参列した。

 マケイン上院議員は海軍のパイロットとしてベトナム戦争を戦った英雄として知られ
   「物言う与党議員」
としてトランプ大統領の外交政策や移民政策、それにメディアに対する姿勢を厳しく批判してきた。


 2008年の大統領選挙でマケイン氏と争った
   オバマ前大統領
は弔辞で「マケイン氏は民主的な議論に欠かせない自由で独立した報道を擁護していた」と述べ、トランプ大統領への非難を含ませた。


 マケイン氏の葬儀は、米国の主要なテレビ局が軒並み中継で伝え、全米が追悼ムードに包まれた。

 一方、弾劾裁判の要件が揃いつつあるかのようにも見えるトランプ大統領は葬儀に参列しなかった。

 米国のメディアはマケイン氏が生前にトランプ大統領の出席を望まない意向を示していたと伝えた。


ひとこと

 歴代大統領と比較し資質に問題の多いトランプ大統領だが、そもそも、ロシアの介入で世論がコントロールされた結果のようにも見える。
 冷静さに欠け、駆け引きによる経済的な振れが大きすぎクラッシュするリスクはより高いようだ。


 
 


   
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする