2018年09月07日

「国家の安全に対する巨大な挑戦」


 
 台湾の大陸委員会は対中政策を所管しているが、中国当局が
   台湾の人材勧誘や企業誘致
のため2月末に打ち出した
   「優遇策」
について
   対中投資
の減少などから
   「台湾社会に与える影響は軽微」
と実質的な効果は現段階で見られないと6日、結論付けた。


   
   
 
 ただ、中国の勧誘活動は強化中で、引き続き警戒するよう呼び掛けた。
 
 同委の報告によると、台湾企業による1〜7月の対中投資は
   52億2100万ドル(約5800億円 前年同期比−2.77%)
だった。
 
 こうした傾向などから、中国で就業する台湾人の「減少基調に変わりはない」と判断した。
 
 中国が求める教師や学生、医者といった人材の対中流出でも、明らかな増勢はないと指摘した。

 
 台湾企業や個人に対する税制や待遇面での中国の「優遇策」を
   「戦略的に台湾人に自治の権利を放棄させるもの」
で、最終的に民主、自由、人権を失う犠牲を払うことになると批判した。
 
 「国家の安全に対する巨大な挑戦」と位置付け、市民に注意を促した。

  

ひとこと

 日本の企業で中国に進出する自動車産業などは既に中国政府の掌の上に乗ってしまっており、日本の国益を害しかねない思考が社員に入り始めており、あらゆる情報が中国公安に把握され、取り巻きに作為的な人材を配置するなど危険な存在に変質していく可能性がある。

 社畜が中国政府に飼われかねない状況を懸念する。

 同様に技能実習性など中国の公安要員を含んだ労働力に生産を頼りすぎる製造業や巨大化している中国人観光客も中国との政治問題化が高くなる事態には経済クラッシュを引き起こす要因のひとつとして認識しておく必要がある。

 台湾政府同様に日本国内でも「国家の安全に対する巨大な挑戦」が行われていることを日本国民も知るべきだろう。




   

  
posted by manekineco at 07:04| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情緒で物事を判断されてはたまらない。


 
 ワシントン・ポスト(電子版 米紙)は5日、トランプ政権が
   マティス国防長官
の退任を見越して後任の人選を進めていると報じた。

 トランプ大統領は同日、交代説を否定した。

 トランプ政権当局者によると、マティス氏が同紙の看板記者
   ボブ・ウッドワード氏
の近著の中でトランプ氏を
   「小学5年生程度の理解力」
と評したとされるのを受け、両者の関係が悪化するのは不可避との見方が強まっているとのこと。


 同紙によると、政権内部ではマティス氏が
   就任2年を機に退任
するとの見方が以前から浮上していた。

 後任にはジャック・キーン退役陸軍大将が最有力視されている。

 キーン氏は2003年に退役し
   国防政策協議会諮問委員会
のメンバーとしてイラク占領政策の助言などに携わった。

 なお、現在はFOXニュースの安全保障担当の解説者を務めている。


ひとこと

 小学生程度の理解力しかない大統領の暴走につき合う必要はない。
   



 


   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする