2018年09月18日

一度は行く価値がある、日本の五大古城


 中国メディアの騰訊網は
   「一度は行く価値がある、日本の五大古城」
として、日本の国宝に指定されている5つの城を紹介する記事を掲載した。

1.彦根城
 滋賀県彦根市に位置する彦根城は京都から電車で50分ほどで行ける。
 1604年建造で、17-19世紀には琵琶湖とかつて存在した松原内湖上の
   水上輸送
に利用され、多くの物資を積んだ船が往来していた。
 
 内堀では、当時の藩主が使用していたものを再現した
   「御好屋形舟」
で巡る体験をすることができ、春は桜、秋は紅葉が美しい。

2.犬山城
 愛知県犬山市に位置し、1537年に建てられた。
 日本で現存する最古の天守閣として知られ、回廊からは木曽川や御嶽山、岐阜城、名古屋駅など360度のパノラマを一望することができる。

3.松本城
 国宝5城のなかで唯一平地に建てられた城で各層の城壁は上半分が白く、下半分が「下見板」で黒くなっている。
 そのため、晴天時は空の青さと相まって壮観。
 遠く北アルプスの山々を望み、堀に映る天守閣の姿も非常に美しく、写真を撮らずにはいられない。

4.姫路城
 兵庫県姫路市に位置する。その容貌はまるで空へとはばたく白鷺のようである。
 このことから「白鷺城」と呼ばれる。
 訪れた観光客はその美しさにため息をつくと伝えた。
 
 姫路駅から姫路城に向かう大手前通や三の丸広場など、市内にも多くの景観スポットがあり、場所ごとに美しい景色を楽しむことができる。
 また、日没から夜にかけてライトアップが行われるが、特に桜の時期の美しさはこの上ない。

5.松江城
 島根県松江市の、宍道湖畔の丘の上にそびえ立ち
   天守閣
の一番上からは周囲の景色を眺めることができる。
 
 天守閣の正面には三角形の「入母屋破風」が設えられ、この構造は現存する日本の城では松江城のみで見られ 
   「正統の天守閣」
とも呼ばれている。
 
 また、外観が翼を広げた千鳥に似ていることから、「千鳥城」の異名もある。
 
など紹介した。

  



  
posted by manekineco at 20:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マティス米国防長官が10月に中国を訪問する方向で調整


 
 マティス米国防長官が10月に中国を訪問する方向で調整に入った。

 複数の米政府関係者が15日までに明らかにした。

 実現すれば6月に続く訪中で就任後2度目となる。

 北朝鮮の金正恩は表面的に核兵器の開発を放棄あるいは研究を中止した様に装っているが、情報機関の調査などで書く兵器開発が継続されているとの報道もあり、非核化を巡る米朝交渉が停滞している。

 経済制裁が骨抜きとなり中国との貿易関係も継続している状況もあり、北朝鮮に核放棄を迫るため制裁逃れの取り締まり強化などを中国に要請する可能性がある。

 10月中旬にシンガポールで開催される
   東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議
の前の訪中を検討している。

 これは最終決定ではなく変更の可能性もある。
 貿易摩擦の激化により米中関係が冷え込む中、防衛面で一定の信頼醸成を図る狙いもある。


ひとこと

 米中貿易戦争は拡大し続けており、トランプ大統領の周囲もロシア問題で堀が埋められており、弾劾裁判への道が広がってきており、状況だはなを目論む対応が必要になるだろう。

 そもそもは、大統領の資質が無いトランプ氏が劇場型の大統領選挙で勝ち進んでいった米国人の思考の変化が背景にある。
 ネット社会の意識コントロールが容易に外部勢力により可能となった事例のひとつになるだろう。
  

 
 

    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする