2018年09月26日

英国の原潜がスペインの巡視船に威嚇射撃


 英国のザ・サン紙が20日、英領ジブラルタルに配備されているトラファルガー級攻撃型原子力潜水艦が出港した際に、スペインの沿岸警備隊の巡視船に接近・追跡・妨害され、威嚇射撃したと伝えた。


 ザ・サン紙はルパート・マードックが率いるニューズ・コーポレーション傘下のNews Group Newspapers of News Internationalによって発行されている。
 
 ウォルト・ディズニーは6月20日、ニューズ・コーポレーションが保有する米国の21世紀フォックスと新たな買収計画で合意した。
 ディズニーはフォックスの映画やテレビ事業の大半を713億ドル(約7兆8千億円)で買収する。
 
 ディズニーはフォックスに対し、昨年12月に524億ドルを提示していたが、コムキャストが650億ドルで買収合戦に参入したのを受けて、大幅な増額を行なった。
 買収対象にはフォックス傘下のナショナルジオグラフィックチャンネルや、地域スポーツネットワークのFXも含まれる。
 
 また、ストリーミングのHuluの支配権の3分の1や、欧州のTVネットワークのSkyやインドのTV局のStarも含まれる。


  

 

    
posted by manekineco at 04:39| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米情報当局の広範なスパイ活動を暴露


 電子情報の収集活動を行っている英情報機関
   政府通信本部(GCHQ)
が米政府のためにベルギーの国営通信事業者
   ベルガコム
をハッキングしていたことが、ベルギー捜査当局の機密報告書から明らかになった。
 
 この報告書は5年に及ぶ審問をまとめたもので
   クーン・ヒーンス(Koen Geens)司法相
に提出された。
 
 これまで緊密な関係を維持してきた同盟国間に、ほころびが生じる恐れがある。
 
 このベルガコムに対するハッキングの事実は、米国家安全保障局(NSA)の元契約職員
   エドワード・スノーデン容疑者
が、2013年に米情報当局の広範なスパイ活動を暴露したことで発覚した。
 
 なお、スノーデン容疑者は現在も国外逃亡生活を続けている。
 流出した大量のデータからは、NSAと諸外国の情報機関との緊密な協力関係も明るみに出た。



 スノーデン文書の中にあった約20枚のスライドから、GCHQのハッキングの標的が判明した。
 
 そこにベルガコムの国際部門BICSがあったことから、ベルギーの捜査はGCHQに焦点が当てられた。

 BICSはアフリカや中東で大量の通話・データ通信を扱っている。
 このほか、欧州連合(EU)の諸機関をはじめ欧州域内にも多くの顧客を抱えている。
 
 ベルギー政府は国家安全保障会議でこの問題への対応を協議する方針という。
 
 
   
 



   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対等との思い上がり?


 
 英国のメイ首相は首相官邸で21日、オーストリアでの欧州連合(EU)非公式首脳会議で自身が提案した英国のEU離脱方針が拒否され、交渉が行き詰まったことについて
   「詳細な説明や対案なしに相手側の提案を拒否するのは受け入れられない」
と述べ、EU側に対案を示すよう要求したとの声明を発表した。
  

 トゥスクEU大統領は首脳会議終了後の20日の記者会見で、メイ氏が示した英EUの
   「モノの自由貿易圏」構想
について、EUの
   単一市場の原則
とかみあわない部分があり、「機能しない」と述べ、英国側に10月のEU首脳会議までに新たな案を示すよう促していた。
 

ひとこと

 交渉では対等との考え方もあるが、一方的な離脱宣言を行った英国に対して、妥協する可能性は低い。


 
  


    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする