2018年10月16日

ガキが政府を率いるのでは話にもならない。


 
 米大統領の
   ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏
は14日に放送されるテレビインタビューで、政権の中でも
   最も堅実派かつ独立派の閣僚
の一人と目されてきた国防長官
   ジェームズ・マティス(James Mattis)氏
が辞任する可能性に言及するとともに、マティス長官を「民主党員のよう」と述べた。


   


 これまでマティス長官は、同盟諸国を相手に強引な扱いが目立つトランプ氏に対し、控えめな抑え役を務めてきた。


 米国の大手メディアCBSは、14日に放送予定の番組「60ミニッツ(60 Minutes)」のインタビュー抜粋を放送した。
  
   
 この中で、マティス氏の辞任を希望するかとの質問を受けたトランプ氏は、「辞任する可能性はある。本当のことを知りたいなら言おう、彼は民主党員のようだと私は思う」と語った。
   
 ただ、「でもマティス大将は良い人物だ。われわれは非常に気が合う。彼は辞めるかもしれない。いつかは誰でも辞めるという意味だ」とも説明した。
   

   

  
 さらに、取材の2日前にマティス氏と昼食を共にしたと明かし、同氏から辞任の意向は聞いていないと述べた。

 マティス氏は、トランプ氏と公然と対立するのは注意深く避けてきている。
 ただ両者には明らかな見解の違いを物語る動きを見せている。
 
  
 マティス長官の去就をめぐっては
   ボブ・ウッドワード(Bob Woodward)記者
がトランプ政権の混沌とした内情を暴露した著書の中で、マティス氏がトランプ氏の理解力は10〜11歳程度だと指摘し、その判断力を問題視したとの記述が出てきて以降、辞任が近いとする臆測が広がっている。


ひとこと

 ガキが政府を率いるのでは話のもならない。
 日米同様の資質であり、幼稚な政治家が増えすぎている。

 第三の権力と堂後するマスコミの資質も同じ様なものになり下がってしまったためだ。
 

 
 
    

   


    
      
posted by manekineco at 05:12| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地中のバイキングの船を発見

   
 
 ノルウェーの考古学者らが15日、南東部で、地中に埋められた
   バイキング船
とみられる物体の痕跡を発見したと発表した。
 
 これは非常に珍しい発見で、中世において卓越した航海術を誇ったバイキングの遠征を解明する手掛かりになる可能性がある。
 
 
 首都オスロの南東に位置するハルデン(Halden)にある塚で今回
   地中探知レーダー
が地下約50センチの深さで、船のような物体の輪郭を捉えた。
 
 
 ノルウェー文化遺産局(NIKU)の考古学者は、「塚の中部で、例外的と言うべきもの、他のものとは違って、明らかにバイキング船の特徴と形を備えたもの」を発見したと説明した。
 
 「はっきり言えないのは保存状態についてだ。ボートがあった。だがどのくらい木造部分が残っているかについて話すのは難しい」と続けた。
 
 
 8〜11世紀に海を股に掛けたバイキングは、北欧の戦士で商人でもあった。
 バイキングは、陸に引き揚げられた船に王や族長を乗せて弔い、船を塚の地下に埋葬する儀式を行っている。
 

    
 
  
   




    
posted by manekineco at 04:59| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊襲(くまそ)


熊襲(くまそ)
 
 九州南部に本拠地を構えヤマト王権に抵抗した日本の記紀神話に登場する人々のこと。
 
 古事記には熊曾と表記され、日本書紀には熊襲、筑前国風土記では球磨囎唹と表記されている。
 
 肥後国球磨郡(くまぐん 現熊本県人吉市周辺。球磨川上流域)から大隅国曽於郡(そおぐん。現鹿児島県霧島市周辺。現在の曽於市、曽於郡とは領域を異にする)に居住した部族で、5世紀ごろまでに大和朝廷へ臣従し、「隼人」として仕えたという説もある。
 
 なお、球磨地方と贈於地方の考古学的異質性から、熊襲の本拠は、都城地方や贈於地方のみであり、「クマ」は勇猛さを意味する美称であるとの説を唱える研究家もいる。
  
   


 

   

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 語彙・語句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする