2018年10月20日

世界最大の対外直接投資流入国


 米国通商代表部の
   ライトハイザー氏
は16日、日本、EU、英国と
   単独の貿易協定
に関する交渉を開始すると宣言した。

 
 国連貿易開発会議が15日に発表した報告書によると、中国が今年上半期に導入した
   対外直接投資
は、低迷する流れに逆らい6%増で
   総額700億ドル
を上回り、世界最大の対外直接投資流入国になった。


   

   
 
 これは米国の中国への圧力拡大が、中国と他国の経済・貿易協力の発展を損ねることはないということかという質問が中国外交部の17日の記者会見で、記者からあった。


   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/SOkAGLm95lQ
  
 
 陸慷報道官は中国側と経済・貿易・投資などの協力を維持、さらには拡大するかについてだが、すべての国と企業は自身の確かな利益に基づき政策を選択するはずだ。私はこの選択が正しいものだと信じていると回答した。
 
 
 
    


     
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする