2018年10月22日

平均寿命が伸びる傾向


 米国の保健指標評価研究所(Institute for Health Metrics and Evaluation)が発表した研究報告によると、中国人の平均寿命は40年までに5.6歳延びて81.9歳に達する見通しとロシアの通信社スプートニクの中国語版サイトが伝えた。


 この報告書では、現在の健康や衛生の動向が続いた場合、158カ国で平均寿命が40年までに少なくとも5年延び、46カ国では10年以上延びることを明らかにした。

 このなかで、経済発展が加速している中国人の平均寿命は、16年が76.3歳で195国のうち68位にランクされていたが、最近の健康動向が続くと40年には39位になる可能性があると分析した。

 40年までに米国人の平均寿命は1.1歳延びて79.8歳に、英国人は2.5歳延びて83.3歳に、ロシア人は4.6歳延びて75.5歳に達する見通し。
 
 上位3カ国は、スペイン(85.8歳)、日本(85.7歳)、シンガポール(85.4歳)の順となっている。
 なお、世界全体の平均寿命は、16年の73.8歳から40年には77.7歳に延びる見通し。
  
  
 
ひとこと
 
 健康寿命と平均寿命の差が10年近くもあるのが問題。
 抗生物質など薬漬けの医療も他国と比べて異質となりつつある。
 そろそろ、思考を変える必要があるだろう。
 
 
 
   



    
posted by manekineco at 21:29| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国2018年1月―9月の新規人民元融資額は約212兆9200億円


 中国人民銀行が、2018年9月の金融統計データを発表した。

 報告によると、中国2018年1月―9月の新規人民元融資額は
   13兆1400億人民元(約212兆9200億円)
であった。
 
 2018年9月末時点の人民元融資残高は、前年同期比13.2%増の133兆2700億人民元(約2160兆1300億円)に達した。 



   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打算的な「前のめり」の対応で言論弾圧が起きている韓国


 ポンペオ米国務長官は韓国の康外相との電話で、平壌南北首脳宣言に含まれている「南北鉄道連結の年内着工」と「軍事分野の付属合意」に抗議した。
 
 
 韓国の文在寅政権が半島の核兵器廃絶へのロードマップが今だ示されない中、もろ手を挙げて、成果を上げる目論見から
   南北関係改善
に前のめりになっている中、非核化の具体的な進展があるまでは北朝鮮制裁を維持しようとする米国との立場の違いを露呈する場面が続いている。
 さらに、複数の韓国紙は、米財務省が9月末、産業銀行と国民銀行、農協など韓国の金融機関に電話したことを伝えた。
 
 韓国の銀行が推進する
   対北朝鮮関連事業
の現況を問いただし、「対北朝鮮制裁を違反しないことを願う」と要請するとともに「あまり先走ってはいけない」という趣旨の話を何度も警告したという。


   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする