2018年11月05日

関税同盟に残ることで、EUから譲歩を取り付けた?


 
 英国の日曜紙サンデー・タイムズはメイ首相が欧州連合(EU)離脱後も英国全土が
   関税同盟
に残ることで、EUから譲歩を取り付けたと情報源を明示せずに報じた。

 この情報が真実であれば、英領北アイルランドの国境にハードボーダー(物理的壁)設置を回避する道筋が付けられたことになる。


 EUの譲歩によってメイ首相は野党労働党の反対を抑え、離脱方針の同意を議会から得る公算が高まる。
 同紙は「メイ首相、EU離脱で秘密合意」との見出しで、「将来の経済パートナーシップ」でも合意がまとまりそうだと報道した。
 そうなればカナダが現在EUと維持している協定と似た
   自由貿易協定
で、英国は合意する可能性が維持される見込み。
 
 これに対して英首相府は4日、報道は「臆測」だと表明しており、EUとの交渉は継続中だと説明した。


 
 

    
posted by manekineco at 05:10| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする