2018年12月06日

ミノムシの糸を利用する実用技術を開発


 
 名古屋市に本社を置く医薬品メーカーの
   興和
と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)は5日、産業素材として
   ミノムシの糸
を利用する実用技術を開発したと発表した。

 医薬品や繊維卸部門を持つ興和と農研機構は、平成28年からミノムシの糸について共同研究を開始し、自然界の繊維では最強といわれるクモの糸よりもミノムシの糸の方が破断強度や弾性率が上回っていることを発見した。

 また、ミノムシから一本の長い糸(数百メートル)を採糸する基本技術を考案し、特許出願した。
 なお、人工繁殖方法や大量飼育方法も確立した。

 繊維強化プラスチック(FRP)用の強化繊維として有望で、軽くて強いことから自動車、家電などさまざまな用途が期待される。
 同社によると、今後、素材メーカーと協力してミノムシの糸の用途開発に着手するとのこと。


  
 

  
posted by manekineco at 04:45| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする