2019年02月19日

鄭 夢周(チョン・モンジュ) 「東方理学之祖」と称えられた儒学者


 
鄭 夢周(チョン・モンジュ)

 至元3年12月22日(1338年1月13日) - 洪武25年4月4日(1392年4月26日)

 高麗王朝末の儒学者
 慶尚道永川で生まれ。朱子学を学び、科挙に首席で及第したという。

 高麗末の内憂外患の中、女真族出身の将軍で後に王権を簒奪し理氏朝鮮を建国した
   李成桂
らとともに女真や倭寇(前期倭寇)の征伐に参加し、功績を立てた。

 1377年には日本に赴き、室町幕府の九州探題の職にあった
   今川貞世(了俊)
と折衝にあたった。

 1388年、李成桂が対民政策で軍事クーデターを起こし政権を掌握した。
 李成桂が擁立した新王の恭譲王を支えたが、禅譲を受けて李氏朝鮮王朝を開こうとする李成桂と対立したため、李成桂の子・李芳遠の手に掛かり開京の善竹橋で暗殺された。

 なお、鄭夢周は教育にも力を注いで多くの弟子を育成しており「東方理学之祖」と称えられるようになる。
 

    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趙 光祖 「己卯士禍」で失脚


趙 光祖(ちょう こうそ 조광조、1482年 - 1519年)

 李氏朝鮮時代の16世紀前半の儒学者で高麗王朝の
   鄭夢周
以来の儒学の伝統を受け継ぎ、朝鮮性理学の学問としての端緒を確立した。
 自ら提唱した「道学政治」を実践した改革派の政治家でもある。

 鄭夢周は対明政策における対立から、李氏朝鮮の建国者となる女真族出身の将軍
   李成桂
が1388年に高麗王朝でクーデター(威化島回軍)を行い、第32代高麗国王である禑王の子の昌王(辛昌)を即位させ、1389年には昌王は正当な王位継承者ではない偽王と主張して殺害し、第34代恭譲王を擁立した際、彼とともに新王の恭譲王を支えた。

 鄭夢周は策謀を巡らして恭譲王から禅譲を受けて李氏朝鮮を開こうと目論んだ李成桂と対立した。
 そのため、李成桂の子・李芳遠の手により開京の善竹橋で暗殺されている。

 1482年(成宗13年)、下級官吏であった趙元綱の子として、漢陽(現在のソウル)に生まれ、李氏朝鮮建国時の功臣趙温の5代孫に当たる。

 16歳の時(1498年頃)、父の任地平安道の魚川に同行し
   戊午士禍
で煕川に流刑となっていた金光弼に出会い、弟子となった。

 1510年(中宗5年)数え29歳の時初めて、科挙の司馬試(進士試)を受験し、状元(首席)で合格して成均館に入学した。 

 官職としては典籍・監察・礼曹佐郎を歴任し、弘文館副提学を経て、ついには大司憲にまで昇進した。

 李氏朝鮮第11代国王・中宗の信任のもとで1515年から1519年までの4年間
   急進的な改革政治
を提言し、勲旧勢力(反正功臣派)に対する本格的な改革を断行した。
 1518年(中宗13年)には司憲府の大司憲と王世子の輔養官を兼任し、改革政治を実践している。

 1519年(中宗14年)、秋、勲旧勢力に対して、「偽勲削除」の問題を提起した。
 ただ、南袞・沈貞らの勲旧派の誣告により、「己卯士禍」で失脚、急進的士林派の首領として投獄され、綾州に配流後、賜死(享年38)となった。 
  

    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎮圧には時間がかかる


 米国大手メディアのCNNテレビは17日、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦が続くなか、シリアから過去6カ月の間に、IS戦闘員1000人以上が隣国イラクの西部にある山間部や砂漠地帯に逃げた可能性が高いと伝えた。
 
 また、最大で2億ドル(約220億円)の現金も持ち去ったという。
 シリア東部では、クルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」などが攻勢を強めておりISの「完全制圧」が間近に迫っているが、軍事的な勝利を宣言しても、ISの元戦闘員らが近隣国に潜んだうえテロ活動を続ける脅威は続くものとみられている。
 
  

posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

腰抜けか?韓国をいつまで増長させておく気か!!


 韓国における徴用工訴訟の原告側代理人が15日、分別もなく
   新日鉄住金
の本社を訪れたうえ、一方的に「賠償へ向けた協議」を行うよう要求したが、当然のことながら、面会を断られたため、差し押さえ済みの同社の資産を売却したうえ「現金化」すると宣言した。
 
 原告側はその後、三菱重工、不二越にも顔を出し、国際法を無視した韓国の最高裁の判決に基づき賠償責任を果たすよう要求した。

 この問題をめぐっては、去年、韓国の最高裁にあたる大法院が外交関係の回復において締結した日韓両国の合意を無視したうえ、新日鉄住金と三菱重工に賠償責任を認める判決を出した。
 
 高圧的な発言を韓国メディアとともに垂れ流し、原告側が両社の韓国国内の資産の差し押さえ手続きを進めていた。
 
 なお、資産の現金化には数週間程度がかかると見られており、この手続きが完了すれば、日本企業には金銭的な負担がかかることになる。
 
  
   
ひとこと
 
 日本政府の甘い対応の足元を見透かされた状況は言語道断であり、早急に駐韓国大使を引き上げたうえ、経済制裁と韓国企業の資産の差し押さえ、在日犯罪者の韓国への強制送還を実施すべきだろう。 

 そもそも、韓国は日本の領土である竹島を武力侵略したままであり、軍事的措置で領土を返させたうえ、賠償金を支払わせるべきだ。
 
 
 
   
posted by manekineco at 21:29| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

工作員による活動が活発化する中国


 米国フロリダ州の裁判所での公判で今月5日、中国籍の
   趙干利(20)
が米軍事施設での盗撮を認め、懲役1年の有罪判決を受けた。
  
 米メディア、ワシントン・フリー・ビーコンは、趙が所属する中国の国防科学技術工業委員会の管轄を受ける
   中北大学
に注目した。
 この中北大学の前身は、1941年中国共産党軍、「八路軍」が創設した兵工学校、「太行工業学校」で軍のスパイ養成の根城ともいえるものだ。



ひとこと

 日本が規制を緩めた技能実習生の受け入れ拡大で、こうした中国工作員の増加で多くの情報が中国政府に持ち込まれ、日本の世論をコントロールする活動が起きていることだろう。

 日本での観光客に紛れ込んだ工作員が日本の防衛関係者の家族などの顔写真などを含め施設との関わりなどを含め多くの情報が習銖されている。

 当然、ハニートラップを仕掛けられ金銭等を含めて工作員に意識を支配されているマスコミ関係者も増えているのかこうした中国の工作活動についての情報がマスコミに流れることが余りにも少ないことに気付かなくなっているため、危機感が不足しているようだ。
  
     
  

  
     
  
posted by manekineco at 05:34| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

勲旧派(くんきゅうは)


勲旧派(くんきゅうは)

 李氏朝鮮朝における政治派閥の一つで士林派との対比で使われている。

 組織には貴族階級である大地主の両班が多く含まれており、1455年の第7代国王である世祖の擁立に功績があった勲臣と、その子孫達で構成されていた。

 これに対し、朱子学を修めた新興の科挙官僚である士林派は、中小の在地両班がその中核を占めた。
 士林派が経済的な安定で権力を侵食して力を確保していくなか脅威となったため、権力を殺ぐために大規模な粛清(士禍)が行われた。

 ただ、1567年の宣祖即位以降は士林派が再び積極的に登用されるようになった。
 このため、勲旧派は政治の舞台から粛清されて消えている。

 なお、高麗末期の李成桂擁立の功臣やその子孫を勲旧派に含んで呼ばれる場合もある。


    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 語彙・語句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「平和と安全」の考え方が中国の権益のひとつか?


 中国外交部の華春瑩報道官は11日の定例記者会見で
   「米軍艦2隻が中国の南沙諸島から12カイリ内の海域に進入した」
ことについて、「米軍艦の行動は中国の主権を侵害し、当該海域の平和・安全と良好な秩序を破壊するものであり、中国側は強い不満と断固たる反対を表明すると警告した。
 
 米軍側が執拗に南中国海でもめ事を引き起こし、緊張を作り出し、南中国海の平和と安定を破壊することは、人々から支持されないと続けた。
 
 
ひとこと
 
 中国の主張する地域の平和と安全は中国の意に添わぬ行動は全て敵対的なものとなり、軍事拡張主義が前面にある要求では常に戦闘を意識する必要が出てくる。
 
 こうした中国の姿勢は軍砲主義的であり、極めて危険な兆候である。
 中国の意にかなわないものは「良好な秩序を破壊するもの」と指摘したうえ、中国側がこれに強い不満と断固たる反対を表明している。
 仁愛礁とミスチーフ礁を含む南沙諸島及びその周辺海域に対して
   中国は争う余地のない主権
を有すると主張するなど既成事実化が進んだ領土を手放す気はない。
 
 また、中国側は各国が国際法に基づき南中国海において有する航行と上空飛行の自由を一貫して尊重し、擁護しているというが、中国の固有の領土の考えに基づく起点がそもそも不明だ。
 
 中国は過去何度もい民族に支配され国土を消滅あるいは削られた時期も長い。
 また、中国の漢民族の手意義も揺らいでおり、範囲が遊牧民や少数民族まで呑み込んで巨大化してきている。
 本来、漢民族は黄河と揚子江に挟まれた中原の民族とすれば1.2億人程度だ。つまり、1割しか漢民族でないが、残り9割の民族を同化しており、歴史的な根拠すら捏造してしまっている。
 
 こうした理論でいえば、遊牧民が支配した元朝の最大領土が中国の固有の領土といいかねないことにもなるだろう。
 
 視点を変えれば、中国王朝の興亡の歴史で滅亡時に多数の要人等が日本に逃れ、日本人に同化してきた。
 日本人に同化しておれば、先の太平洋戦争も中国の論理でいえば本来は「内戦のひとつ」でしかないことになる。
 
 そもそも、興亡の歴史を見れば群雄割拠した時代の一コマでありとやかく言うものではない。
 
 
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

多国間海上合同軍事演習「平和-19」


 中国軍の機関紙「解放軍報」はドック型輸送揚陸艦「崑崙山」と総合補給艦「駱馬湖」からなる998艦隊が現地時間7日午前、中国の新植民地政策「一帯一路」でインドへの戦略的措置とした経済支援で関係が強化しているパキスタンのカラチ港に到着した。
 
 多国間海上合同軍事演習「平和-19」には中国、米国、英国、イタリア、オーストラリア、マレーシア、スリランカ、トルコ、オマーンなどが艦艇、航空機、特殊部隊を派遣し、ブラジルなど45カ国がオブザーバーを派遣する。
 
 港・岸段階と海上段階に分けて実施し、港・岸段階は国際海事シンポジウム、対テロ・海賊対処実演、軽火器射撃訓練、防衛作戦訓練などが中心で、軍事研究交流や文化・スポーツ交流も行なう。
 パキスタン海軍はカラチ港で盛大な歓迎式典を催し、中国の王愚駐カラチ総領事、中国公館職員、中国系機関、現地在住の華人・華僑代表らが埠頭で出迎えたという。
 
 この多国間海上合同軍事演習「平和-19」は2月8日から12日までカラチとその周辺海域で実施する。
 
 
 パキスタン海軍が主導したもので、海上の安全保障上の脅威への対処能力を強化するため、参加各国の海上交流・協力を促進する狙いがある。
 
     
   
posted by manekineco at 07:05| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする