2019年03月25日

事務の引き継はない


 英国のハモンド財務相ら一部の英閣僚は24日、メイ首相への支持を明らかにした。
 英国の複数の新聞では、欧州連合(EU)離脱への対応を巡る不満から、メイ氏に首相辞任を求める圧力が強まっていると報じた。

 ハモンド財務相はスカイニューズに対し、メイ首相を辞任に追い込むことは英国のためにならないと主張したうえ
   新たなリーダー
について論じるのは「無責任」だと主張した。

 首相の離脱案を巡る膠着(こうちゃく)状態を打開するために2回目の国民投票を実施する可能性については否定しなかった。
 また、「完全に論理の一貫した提案」だと続けた。
  
 この発言に先立ち、サンデー・タイムズとサンデー・テレグラフ、メール・オン・サンデー、オブザーバーの各紙は、離脱プロセスを完了させるため一部閣僚らがメイ氏を首相職から排除し
   暫定首相
を置くための措置を講じつつあると報じていた。

 サンデー・タイムズによれば、首相選出に向けた正式な選挙が行われるまで、メイ氏の右腕とされる
   デービッド・リディントン議員
に首相職を代行させることを、少なくとも閣僚6人が望んでいると伝えていた。

 25日の閣議でメイ首相に辞任を迫り、首相が拒めば一斉に辞職する構えだとの記事を流した。

 ただ、リディントン氏は24日、自宅の外でメディアの取材に応じ、メイ氏の職務を引き継ぐことに関心はないと述べた。
 
   
  
posted by manekineco at 21:28| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罪を犯したと結論付けていないものの、大統領の潔白を証明するものでもない


 米国政府バー司法長官は24日、モラー特別検察官が2016年の米大統領選に対する
   ロシア介入疑惑の捜査
で、トランプ大統領による
   司法妨害の可能性
に関して結論を出さず、ロシアとの共謀の証拠はないとの報告書を司法省に提出したことを明らかにした。
     
 同長官は議会への4ページの書簡で、モラー特別検察官を引用し、「この報告書はトランプ大統領が罪を犯したと結論付けていないものの、大統領の潔白を証明するものでもない」と説明した。



ひとこと
  
 ロシアの諜報機関が関与した工作であれば、証拠を見つけ出すことは公には難しいだろう。
 なお、米国の情報機関が持っている情報を公開することが出来ないためだ。
 諜報活動を行っている要員の生命やこれまでに張り巡らした諜報網がロシア側に知られるリスクがあることも影響しているのだろう。
 そのため、曖昧な報告書にならざるを得ない。
     
  
posted by manekineco at 05:29| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掃討作戦で民間人の死者が630人を上回った

    
 在英NGOシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)は23日、シリアでの半年間にわたる
   イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」
の掃討作戦で民間人の死者が630人を上回ったことを公表した調査結果で明らかにした。
 
 それによるとうち209人が子ども、157人が女性だが、IS戦闘員の親族も含まれている。
   
  
 米軍の支援を受けてIS掃討作戦を行ったクルド人主体の民兵組織
   「シリア民主軍(SDF)」
は昨年9月10日、ユーフラテス渓谷に逃げ込んで抵抗を続けたIS最後の拠点に対する攻撃を開始し、町を次々に奪還していった。
 今月23日には東部バグズ制圧とIS壊滅を宣言した。
 
 掃討作戦でSDFの民兵750人超、IS戦闘員約1600人が死亡した。
 なお、SDFは戦意の低下や戦略的な意味合いもありSDF側の死者数を数か月公表しないのが慣例となっていた。
 人権監視団は死者数についてシリア国内の情報網を活用して集計したという。
 
 シリア内戦は2011年、反政府抗議活動に対する
   バッシャール・アサド政権
の弾圧を機にサウジの富豪や米国の情報機関など海外勢力の資金や重火器の提供を受けて始まった。
 それ以来37万人超が死亡し数百万人が避難している。
  
 
ひとこと  
 
 民間人の中に紛れ込むゲリラ作戦や民間人を盾にした戦闘を繰り返したISの戦略では多くの犠牲が出るのも止むを得ないものだ。
 何もし無ければ、より多くの犠牲者が長期間に渡り拡大することになる。
 同様のことは、太平洋戦争の中国戦線における蒋介石の国民党革命軍による戦略と同じで、見せしめに「漢奸」として公開処刑したり、軍費調達などで財産の収奪や消耗する兵士の強制徴兵、戦術として強制的に20キロ四方の家屋破壊した焦土化作戦、督戦隊による自軍への攻撃などで多くの被害が出た。
 
     
posted by manekineco at 05:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ意識と倫理の深刻な欠如が露呈?


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領は先週マレーシアを訪れた際、マハティール・モハマド首相との合同記者会見でインドネシア語であいさつを行った。
 この問題で康京和外相は20日、韓国議会で謝罪した。

 文氏はマレーシアでの午後の会見時、「スラマッソレ」とあいさつしたがこの言葉は隣国インドネシアでよく使われる表現で、マレーシアで「こんにちは」を意味する正しいあいさつは「スラマップタン」だった。

 インドネシア語とマレーシア語は非常に似ており、ほとんどの場合で相互に理解することができる。
 そのため、マハティール氏は文氏のあいさつを聞いて面白がっている様子で、その場にいたマレーシアの閣僚たちからも笑いがもれたという。
 だが、午後8時から始まった夕食会で文氏は「こんばんは」を意味する「スラマッマラム」ではなく、今度は「スラマップタン」とあいさつしてしまった。

 この件に関して韓国国内で文氏に対する批判が噴出した。
 

 韓国英字紙コリア・タイムズ(Korea Times)は22日、韓国大統領府(青瓦台)の儀典秘書官室を「無能」と非難した。
 また、「訪問国から抗議がないことは信じ難い不注意の言い訳にはならない」と批判し、ここ最近続いた
   「プロ意識と倫理の深刻な欠如」
を示す出来事の一例だと指摘した。

 マハティール首相の側近は、メディアの取材に対し「スラマッソレ」もマレーシアで通じると説明した。
 さらに「文大統領があいさつした時、われわれは楽しくて面白い気持ちになった」「個人的には取るに足らない問題だと思う」と述べた。
 
 
ひとこと

 これまでの素行がこうした批判を生むのだろう。
 
  
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする