2019年03月26日

英国の「合意なき離脱」が現実になった場合の準備が完了


 欧州連合(EU)は25日、英国の「合意なき離脱」が現実になった場合の準備が完了したと発表した。

  
 EUの行政執行機関である欧州委員会(European Commission)は声明で、「英国が来月12日、合意のないままEUを離脱する可能性がますます高まる中、欧州委はきょう、
   合意なき離脱
のための準備を完了した」と表明した。
  
  
posted by manekineco at 04:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半導体需要鈍化が大きな打撃


 中国メディアの騰訊網は、韓国の輸出が4カ月連続で減少傾向にあるほか、輸入も減少しており、韓国経済の活力が弱まり続けていることが明らかになったと報じた。

 韓国国際貿易協会が21日に発表した概算統計で、今月1〜20日における韓国の輸出額は
   前年同期比−4.9%
の減少で4カ月連続となった。 
 なお、この減少幅は前の月よりは幾分少なくなっている。

 また、同時期における輸入も同3.4%減の現象で、こちらは前月よりも減少幅が拡大した。


 輸出では中東、日本、中国などへ輸出が大幅に縮小した。
 主に半導体チップや石油製品の減少が大きく足を引っ張ったかたちだ。

 一方、船舶、乗用車の輸出はいくらか増加し、国別では対米輸出が同1.9%と小幅ながら増えた。

 輸入では石油と半導体チップが増加する一方で、これらの製造設備の輸入が減少した。

 国別では中国、米国、ベトナムからの輸入が15%前後増えた。
 この動き対し、中東、EU、日本、オーストラリアからの輸入が8〜20%減少した。

 概算統計によれば、今年1月1日から3月20日現在の韓国の輸出額は同7.8%減、輸入額も6.0%減となった。
  

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライトハイザー通商代表部(USTR)代表らは28日から北京での通商協議に臨む予定


 
 ホワイトハウスは23日、中国の劉鶴副首相率いる代表団が4月3日にワシントンを訪問すると発表した。

 ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官らは28日から北京での通商協議に臨む予定。
 劉副首相はその直後に訪米することになる。

 両国間の通商協議が継続する中、劉副首相の今回の訪米のタイミングは協議に対する楽観論に新たなヒントを与えるものといえる。
  
 トランプ大統領は20日、中国が通商合意を順守していると確信するまで対中関税を維持する考えを表明。両国の報復関税の早期撤廃に向けた集中的な交渉への見通しに影を落としていた。

  
  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする