2019年03月28日

中国製J-20のエンジン寿命はF-22の4分の1、飛行コストは毎時825万円以上?


 中国人民解放軍の機関紙「新浪軍事」は、中国軍のJ-20の飛行コストとエンジン寿命について分析する記事を掲載した。

 中国軍の戦闘機はコストが非常に高く、研究開発に多額の資金が投入されると主張した。
 例えば米国のF-22の場合、研究開発費が
   280億ドル(約3兆800億円)
で、購入数が187機であるため、1機当たりのコストは3億3900万ドル(約373億円)になる。

 これにメンテナンス費や部品交換費用が加わるが資料によるとF-22の寿命は8000時間に対し、極端な状況下では1万5000時間の使用が可能だと主張した。

 この期間に必要な金額は75億元(約1238億円)となり、飛行コストは
   「1時間当たり50万元(約825万円)」
になると計算し、F-22は非常にお金のかかる戦闘機と指摘した。

 中国のJ-20の研究開発費は300億ドル(約3兆3000億円)以上と見られ、機体本体に200億ドル(約2兆2000億円)、その他の武器配備や配電系統、ステルス材料の研究費も含めると、1機当たりの単価は2億ドル(約220億円)にはなる」と予測した。

 そして、J-20の1時間当たりの飛行コストはどう考えても50万元(約825万円)を超える代物。


 J-20戦闘機の寿命はエンジンで決まり、エンジン寿命は部品の強度で決まる。 
 F-22はF-119エンジンを使用しており、その寿命は8000時間に達する。
 ただ、J-20が使用する太行エンジン(WS-10)は、寿命が2000時間に過ぎないと指摘した。


ひとこと

 中国の戦闘機は耐久性に乏しい消耗品だ。

   
   
posted by manekineco at 22:02| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米韓協力への不安は取り越し苦労?


 韓国メディアの国民日報によると
   北朝鮮問題
の対応をめぐり米韓の間に深刻な亀裂が生じているとの指摘が相次いでいるが、韓国政府が「鎮火」に乗り出したことを伝えた。
 
 自由な発言を封殺する動きまで見られ、親北朝鮮政策を強引に押し進めてきた韓国の文政権では「米韓の認識は完全に一致しないが、緊密な協力を通じて立場の差を縮めている」と強調した。
 康京和(カン・ギョンファ)外相は21日、南北経済協力特別委員会の全体会議で、米韓協力に問題があるという指摘に対し
   「取り越し苦労だ」
と反論し、「同盟だからといって意見の違いがないとは言わない。確かに意見の違いはある。そのため協力が重要だ」と強調した。
 米国務省関係者は「韓国政府が米朝の仲裁役を自任していることをどう考えるか」との記者の質問に「南北関係の進展は非核化の進展と歩調を合わせるべき」と回答した。


ひとこと

 韓国の文政権は北朝鮮の広報を行っており、信頼性はもはやない存在だ。
 
   
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする