2019年05月11日

人道的支援で兵器の開発を目論む北朝鮮


 韓国情報機関の国家情報院(国情院)は10日、国会情報委員会の委員らに対し、北朝鮮が9日に発射した2発のミサイルについて
   「新型兵器体系の可能性があり、分析が遅れている」
と報告した。
 4日の飛翔体と9日のミサイルが外観上「同一機種のように見える」と分析したうえ
   武器の性能や射程距離、速度、弾道 など
を精密に分析しなければ、同一と確定することはできないと説明した。


 また、今回のミサイル発射は、北朝鮮の
   自衛的な軍事訓練目的
がまずあるとみていると分析し、米韓合同軍事演習や、わが軍の先端兵器の導入発表なども影響を及ぼしたと続けた。


 国情院は今回発射されたミサイルの飛行高度は約40キロで、飛行距離は1発目が420キロ、2発目は270キロと報告した。

 また、北は9日に日本海上に発射したミサイル2発のほか、黄海上にも
   240ミリのロケット砲を発射
したことを明らかにした。

 今回のミサイル発射は昨年9月の
   南北軍事合意の趣旨に反するもの
とみることができるとの見解も明らかにした。 

 なお、今回発射されたミサイルが「弾道ミサイル」であるとする見方については、「弾道ミサイルではないと結論を出したわけではない」と主張したうえ、「韓国全域を射程圏に置くことができる兵器であり、われわれも北の全域を射程圏に置くことができる武器体系を備えている」と強調し、文政権に対する韓国民の反発に配慮した説明を付け加えた。


 北朝鮮がミサイルを発射した意図については
   米国の対北制裁の立場
が飛翔体を発射した4日以降も変化が起こらないことに反発したと分析した。

 また、韓国内部を分裂させようとする目的もあるように思われると指摘したうえ、「ただ、最終的な弾着地点が北の領域内になるようにしたのは、状況悪化防止のためとみられる」と韓国政府の北朝鮮優遇策への反発を抑え込む説明を付け加えたようだ。 

 また、北の軍部内部の不満、住民たちの不満を抑え、内部結束の手段として活用しようとする意図も従来と同様にあるとみているとも説明した。
 さらなるミサイル発射の兆候については、「分析が終わっておらず、話すことができない」と締め括った。


ひとこと

 恫喝的な姿勢が消えない北朝鮮であり、食糧支援も本来必要な費用を核兵器等の開発につぎ込んでおり、資金の負担を「人道支援」というもので補おうとする姿勢でしかない。
posted by manekineco at 06:38| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中東情勢緊迫化


 中国外交部の耿爽報道官は10日、北京で開かれた定例記者会見で
   「イラン核合意」
は、国連安全保障理事会によって承認された
   多国間合意
であり、国際的核不拡散体制と中東地域の平和と安定にとって極めて重要なもので
   「完全かつ効果的に実施されるべきだ」
と述べた。

 また、「米国が合意から脱退し、イランに対して一方的な制裁とロングアーム管轄措置を採ったことが、昨今の情勢の緊迫をひき起こした。これを中国側は遺憾に思っている。中国側はイラン合意における全ての約束を積極的に履行し、関係各国とともに合意の維持と実施に力を尽くしていきたい」と続けた。

  
 関連報道よると、EU、イギリス、フランス、ドイツは9日、共同声明を発表しており、イラン核合意の完全な履行を引き続き支持し、イランには合意に盛り込まれた義務の全面的履行継続を提案すると共に
   米国の合意脱退
とイランへの制裁再開に遺憾の意を表明した。


ひとこと

 米国トランプ政権は戦略爆撃機をバーレーンの軍事基地に飛来させ、空母「リンカーン」を中央軍が派遣しており、中東情勢が激変する可能性が懸念されている。

 国際資本の意のままに動き原油や天然ガスの価格高騰を狙う動きも背景にある。

posted by manekineco at 06:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャナハン国防長官代行が国防長官?


 米国政府ホワイトハウスは9日、ドナルド・トランプ大統領が
   パトリック・シャナハン国防長官代行(56)
を国防長官に指名する計画だと発表した。

 これまで国防長官は
   ジェームズ・マティス氏
が務めていたが、トランプ大統領が単なる思いつきでアフガニスタン、シリアからの米軍早期撤退を突如発表したことに抗議し、昨年末に辞任した。

 なお、シャナハン氏が1月から代行を務めている。
  
 シャナハン氏は国防総省による1兆ドル(約110兆円)規模の調達プログラムを現代化させるため、2017年にマティス前長官によって国防副長官に登用され、米軍の巨大な官僚機構の運営を監督してきた。


 同氏はホワイトハウスの発表を受け、長官指名を喜んで受諾すると表明した。

 「上院に承認されたら、わが国の国防戦略を引き続き積極的に推し進めていく」と主張した上で、米国の優れた陸軍、海軍、空軍、海兵隊が、精強さと国の安全を保つのに必要なものをすべて手にすることができるよう、引き続き
   軍の現代化
に全力で取り組んでいくとの意向を示した。
  
 シャナハン氏は国防総省入省まで30年にわたり、航空宇宙機器大手ボーイングに務めた経歴の持ち主。
  
  
 ボーイングでは問題含みの旅客機
   「ドリームライナー事業」
を軌道に戻したことから、「直し屋(Mr Fix-It)」の異名を取った。


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする