2019年05月22日

トランプ大統領は貿易戦争に「非常に満足」している自己満足


 金融市場では貿易摩擦関連の展開を見極める不安定な相場展開が続いている。

 華為への製品供給を事実上禁じる米政府の措置は世界的に波紋を広げており部品製造業者の一部を直撃している。

 トラブルメーカーでもある米国のトランプ大統領は貿易戦争に「非常に満足」している自己満足し正当性を主張した。
 ただ、自分が大統領である間は中国が米国を抜いて世界一の経済大国になることはないと続けた。



   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォードが給料制の社員約7000人を削減する計画


 米国フォード・モーターは給料制の社員約7000人を削減する計画。
 
 これは全世界のホワイトカラーの約10%に相当する規模。
 
 自動車業界は世界的に販売の伸びが減速する中で、技術的シフトに遅れずに付いていかなければならず、経営への圧力が強まっている。
   

ひとこと

 米国産業の衰退が始まった。
 政治家としてにし質が乏しいトランプを選択した結果だろう。
 同じ思考が見られる日本は衰退する米国に同調すべきでないことは明らかだ。

 欧米国際資本の意のままに動く日銀の政策が日本の国力を低下せてきた。
 白人至上主義ともいえる経済思考では解決できない。

 日本独自の手法で対応する必要があるが、何も対応できていないのは長期政権という米国追随型で利益を提供して政権を維持させてきた結果ともいえる。

 国防でも米国から取り戻し自衛権を強化すべきだろう。
 米軍に気兼ねして日本の領土を韓国が侵略している現状が打破できないでいることを意識すべきだろう。
 安保条約でも侵略されても対応できない事例であり、問題視しない代議士の素養が疑われる。
  
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする