2019年05月31日

インドはレアアース埋蔵量で世界5位の位置

   
 中貿易戦争の激化に伴い、中国が米国への対抗措置として
   レアアース(希土類)
の輸出を抑制すれば、電気自動車やドローン、ロボットで使われる磁石のメーカーなどレアアースに頼る米企業は供給確保に向け奔走を迫られる可能性が高い。

 米地質調査所(USGS)によるとインドはレアアース埋蔵量で世界5位の位置にある。
 これまで中国との国境問題で何度も戦闘が起きており、地政学的にも政治的にも中国に対抗できる存在だ。

 中国が政治戦略として07年に出荷規制を実施した際、インドなどが国内投資・生産を競って拡大し世界的な供給不足の穴を埋める動きをした。

 また、ブラジルとベトナムのレアアース埋蔵量はそれぞれ約2200万トン。
 両国とも、中国の安値攻勢で経費の問題化ら鉱山開発は遅れ、石油開発を優先しいた。

 ベトナムは産出量を昨年倍増させたものの、わずか400トンだ。
 また、ブラジルは1000トンと、前年の1700トンから産出を減らした。



   
posted by manekineco at 07:06| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルメット生産施設ではレアアース商品2500トンの生産が可能


 米国と中国の貿易戦争が激化していく可能性が高いなか、戦略物資であるレアアースの輸出供給を中国が絞る可能性が高い。

 米地質調査所(USGS)のデータによると、レアアースの対米輸出で中国に次ぐ2位がエストニアという。
  

 米国レアアースメーカー
   モリコープ
は中国の安値攻勢で経営が悪化し、会社更生法により再生。
 社名変更した
   ネオ・パフォーマンス・マテリアルズ
が明らかにした資料によれば、同社がエストニアに置くシルメット生産施設ではレアアース商品2500トンの生産が可能という。



posted by manekineco at 06:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後継計画を立てないままの辞任は無責任


 米国大手金融機関のJPモルガン・チェースの
   ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)
は、同業ウェルズ・ファーゴがCEOの後継計画を立てないまま
   ティム・スローンCEO
の辞任を発表したことは「無責任」だと批判した。

   
 ダイモン氏は28日、ニューヨークでの銀行関連の会議で「規制当局がそうした状況を望んだとすれば驚きだ。無責任だからだ」と指摘。スローン氏辞任の理由については全く分からないと語ったもの。
  
 ウェルズ・ファーゴでは、アレン・パーカー法律顧問が3月に暫定CEOに就任した。
 社外での正式な後任探しは現在も続いている。


 ファーゴでは、過去に起きたさまざまな不祥事を巡り連邦議会で批判が高まっている。
 こうした状況の中スローン氏がCEOを突然辞任した。

 この辞任発表の時点では、後継候補に関する正式な協議は始まっていなかった。
  
 なお、ウェルズ・ファーゴのCEO探しでは、ダイモン氏の後継候補とされる人物の名前も複数挙がっている。
 ダイモン氏は先週、優秀な幹部が競合他社に奪われないか懸念していると述べていた。
  

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする